RSS | ATOM | SEARCH
[UAE]カウチサーフィンでウォーキングツアー
ドバイ滞在の3日間は、ここでもカウチサーフィンでお世話になってました。

ここでのホストもインド人のワリさん。


で、滞在中の日曜日には、カウチサーフィンのメンバー主催のドバイウォーイングツアーがあるって事で一緒に参加してみました。

今回のウォーキングツアーも参加料は必要なくて、ほんとオフ会みたいに気楽な感じでいいですね。


ウォーキングツアーの内容はドバイでも旧市街にあたるオールドドバイを歩くって事で、集合場所に行ってみると、30人ぐらいのメンバーがすでに集まってました。


出発前に、集まっている他のメンバーと適当に自己紹介なんかする。

さすがにカウチのイベントだけあってみんな気さくな感じですね。


メンバーを見た感じ、ここドバイでありながら、ドバイ人の参加はゼロっぽいな。。笑

多分半分くらいはインド人っぽい人たち、あと白人が10人くらいと、中東っぽい人が数人かな。。


↓写真中央の、タンクトップ姿のいかついお兄さんが今回の主催者です。
ヨルダン人って言ってたかな。多分ずっとドバイに住んでるんでしょう。



日本人の参加者は自分だけ、あとは中国人と韓国人の女の子が一人づついたかな。

この二人はドバイに住んでるとの事、あと白人の人たちもほとんどが旅行者で、親子で参加してたりちょっと年配の方もいたりと幅広い。

インドの人もほとんどがワリさんみたいにドバイで仕事している人だった。

ドバイにもたくさんのフィリピン人がいるんだけど、フィリピン人の参加者はいなかったな。

多国籍なドバイらしい集まりになりました。ドバイ人いないけど笑


こうして集まりは年に数回やってるようで、みんな初対面ってわけでなくて、何人かはすでに知り合いって感じだったかな。でも半分以上は初参加みたいです。


↓出発前に集合写真。

今この写真で見たら35人くらいいますね。




集合場所からまず向かったのは果物や野菜、魚などを扱う生鮮食品の市場。

↓ほとんどが輸入物と思われる果物(店員はインド人)


↓UAEさんと思われるナツメヤシもたくさん売っている(店員はインド人)


↓魚はこのあたりの海でとれたものかな?(店員はインド人)



って感じで、この市場で働いているほとんどがインド人である。。

あれ?ここどの国だったっけ?ってたまに思うぐらいですね。

でもみなさん真面目に働いてますねー。

まぁ活気もあっておもしろい市場ではありました。




この市場を出た所で、一旦また点呼というか集合したんだけど、

まぁ集団行動でありがちなことなんだけど、、すでに何人か見当たらないっていう笑


何人かが探しにいったけど、結局見つからず、その人に次の行き先を連絡して先に行こうってことになりました笑

まぁこれだけの人数いるとこうなりますよね。。


ここから15分ぐらい歩いて向かったのは「ゴールドスーク」。

貴金属を扱う店が並んでいる市場ですね。

この写真のようにどの店も金ピカです。

3年前に来た時は、時間が悪かったのかほとんどの店は閉まってたけど、今回は開いていたのでよかった。

こうした場所では、30分ほどの自由時間があって、各自適当に周ったあとまた集合場所に帰ってくるって感じです。


観光客が多く来るので、裏に入ると土産物屋も多い。

こうしたいかにも中東的な服も売っている。

家族そろってこういう格好することも可能ですね。



この直後に、こうした服を買ったんでしょうね、アラブ服を着た日本人の団体がいました。

自分もこうした現地の服は好きだけど、現地で着るのはなかなか勇気がいりますね笑




お次に向かったのは昔の学校を再現した博物館みたいなの。


中には教室だけでなく、こうしてマネキンを使って再現されてある。


せっかくなので?参加者みんなでこの教室に座ってみる笑

参加者は自分含めいい年した人が多いので、久しぶりにこうやって学校みたいにするのがけっこう楽しくてみんな楽しそう笑

これも団体行動ならでは。



お次は「Heritage Center」だったかな。

昔の家や伝統なんかを、これまた実際に再現した施設です。



ここのスタッフがお茶とかお菓子を振舞ってなかなか良いですな。

入場料は特に必要ないです。



お次に向かったのはスパイススーク。

スパイスを扱う店が集まった市場ってことなんだけど、あんまり活気がない笑

まぁ旅行者はこうしたスパイスはあんまり買わないだろうし、現地人ももうこうした旧市街にはあんまりこなさそうだしね。。

ここも今は土産物屋の方が多かったかな。



スパイススークから渡し船で対岸まで渡る。

船は一人1ディルハム(30円)とローカル価格ですね。




渡った先にあるのは、ってか行ったのはインド人街。

ここにあるIndian Templeに行くとのこと。



そのお寺は、シルディサイババを祀ったヒンドゥー寺院。


さらにその上の階はシーク寺院になっていた。。

こうやって違う宗教が一つの建物にミックスされてるってのも面白いね。

インドじゃない、外国だからこそこうした光景が見れてますね。

日本で言うと、寺と神社が一緒になった感じでしょうか。。まぁそれと同様?ここもあまり違和感はないかな?


ちなみにインド人のワリさんは、「ここには何回も来てるから」って理由で中には入らず。。

一応寺院ではあるので、むしろ毎回中に入りたいぐらいじゃないの?って気もするが、その辺は人それぞれなんでしょうね。。笑



最後に向かったのはドバイミュージアム。

確か3年前に来たときは改装中でやってなかったな。


昔の城壁をそのまま使った作りの博物館の内部には、昔の船とか家を再現したものが置かれている。。



ふむ、古いものを展示してるので、まぁこれが普通なのかもだけどバーレーンやカタールで見た近代的な博物館に比べるとちょっとしょぼいかな。。?

って思ったんだけどそう評価するのはまだ早くて、実は地下にある展示は、バーレーンのとかと同じように、新しく作られた展示だった。

そーいや上で言ったとおり、前は改築中だったんだよね。。

こうした工事をやっていたのでしょう。

地下はこうしてマネキンで当時の茶屋や


なつめやしの林が再現されていたりした。


一番興味深かったのは、ドバイの変遷を移したビデオ。

今から70年前ぐらいは、ドバイは真珠漁を行う小さな漁村に過ぎなかったけど、石油の発見によりどんどん町が成長していった。。っていうビデオですね。

その石油発見前の漁村の様子のジオラマもあったけど、ほんとただの漁村って感じ。


石油によって町だけでなく国も一気に発展しましたよね。すごい事です。

日本の領域内でも油田が見つかれば日本もまたかなり変わってくるかもですね。


ドバイ博物館もなかなかよかったですね。



ウォーキングツアーもこれにて終了。


これで午後6時なので、6時間ぐらいみんなでぷらぷらしてたことになる。

けっこうあっという間だったかな。これから、またみんなでご飯食べに行こうって話もあったけど、ワリさんがもう疲れたってことで僕たちは退散。

まぁ自分一人ではこうしたイベントに参加したりしないけどたまにはいいもんですね。

↓他の参加者と。

左から2番目がホストのワリさん、一番右が中国の子ですね。

僕は写ってませんよ笑


そーいや結局一番話したのはこの中国人の子かも。

韓国の子はすぐ帰っちゃったので、残された東洋人同士親近感があったのかもね。

エミレーツ航空で働いていて、日本が好きで近々絶対行く!って事で、日本の見所とか日程について色々話したりメールしたりしてたんだけど、結局個人では日本への観光ビザが取れなかったみたいでずいぶんがっかりしちゃったみたい。。

うーん、こればかりはどうしようもないですね。。こちらも残念です。

この子自体は教育とか仕事とか、環境がかなりしっかりした人だけど、やはり中国人が観光で日本に来るってのは難しいんですね。
(ツアーに参加するのが一番簡単だそうです。。)

まぁまたいつか日本に行ける機会があるといいですね。



こんな感じのウォーキングツアーでした。

主催者や他の参加者にも感謝ですね。楽しかったです。





さてさて、この日でなくて次の日だけど、

これまた恒例の?ホストにご飯を振舞う、のコーナー。


今回はご覧の食材です。



はい、これまた「インド人にカレーを作る」という挑戦的な企画です。

もともと、「日本でもカレーが浸透してる」「日本のカレーもおいしいんだよ!」ってのをわかってもらうためにやろうと思ったんだけど、まぁやっぱり他の日本食作った方が良かったよね。。笑

ちなみにこのルーはその辺のスーパーで売ってた。


オマーンで作った時と違い、今回はちゃんとしたキッチン用品もあるし、しょう油も使ったのでずいぶん美味しいカレーになりました笑

インド人だし辛い方が好きかな?と思って、チリもたくさん入れたんだけどワリさんはインド人のくせに?辛いの苦手らしくてめっちゃ汗かいてたけど笑


それでも美味しいって言ってくれたようでよかった。


食べてる時にちょうど友達から電話かかってきて、その友達に

「今日本人がカレー作ってくれてさー、これが普通に美味しいんだよ笑 いやまじで笑」

みたいに笑いながら話してた。


まぁそれなりにウケたようでよかったですね。



そーいやこのワリさんは、ドバイにある5つ星のジュメイラホテルのIT部門で働いている人。

この立派な家も、会社の社宅でほぼ無料で住めているとの事。


海外で働くのも良さそうだな〜ってちょっと本気で考えてしまうね笑



3日間、いろんな話ができて楽しかったです。

ワリさんありがとうございますー。


--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースが落ちてますが、モチベーションアップになりますので押してもらえると嬉しいですー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
JUGEMテーマ:海外旅行 総合
author:oka, category:13.UAE, 20:49
comments(4), trackbacks(0), - -
Comment
海外の仕事待遇良ければ惹かれますよね。

カウチサーフィンのオフ会、日本だとパーティという名前の飲み会が多いようですけどね。

海外だと気にしないんですけど、国内だと参加の際に年齢気にしてしまいます(^_^;)
サンギタ, 2014/06/18 9:54 AM
集合写真でもすぐわかるokaさん。。。・q・
ふ, 2014/06/18 12:02 PM
>サンギタさん
実際働くとなると英語とかの問題もあるんでしょうけど惹かれますよねー。このホストの生活も充実してそうでしたし笑

日本でのカウチのイベントにも興味ありますが、外国の人が多そうで日本にいながらアウェー感を感じそうですよね。。笑
こういう1日ツアーみたいな感じならおもしろそうですけど。
oka, 2014/06/18 8:32 PM
>ふさん
あ、すぐわかったかな?なんか若干他の人と距離あるよね。。
oka, 2014/06/18 8:43 PM









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/975