RSS | ATOM | SEARCH
[トルコ]イスタンいろいろ。悪い点も。。
イスタンブールに滞在して早3日。。


久しぶりのイスタンブールだし、やはりヨーロッパとは違う雰囲気でとりあえず楽しいんだけど、ちょっと嫌なとこもあるんだよね。。


ここではヨーロッパと違って、けっこうたくさんの人に話しかけられる。。



いや、話しかけられる事自体が嫌じゃないんだけど、


なんか同じく旅行者を装った客引き?みたいのがすげー多いんだよね。。



例えば、一番の観光の中心、ブルーモスクとアヤソフィアの前の広場を歩いているとほぼ毎回誰かに話しかけられる。。


トルコ人「ねえキミ、シャッター押してももらえるかな?」

自分「ん? あぁいいですよ はい、パシャ」

トルコ人「ありがとう。ところで僕はスペインから来たんだ?君は?」

自分「日本からですね」

トルコ人「なるほど!君はラッキーだ!今日はフェスティバルがあるから一緒に行かないか?」

自分「いや、、、一人でどうぞ」



すごい簡単にだけど、だいたいこんな感じで旅行者っぽいやつが写真撮ったあとにどっか行こうって誘ってくるんだよね。


おそらくボッタクリのバーに連れて行かれるか、睡眠薬強盗かのどちらかだろう。


100%怪しいとは言い切れないけど、多分そう。

こっちが断ったり、疑ってるように見せると、みんな捨てゼリフ吐いて去っていくからね。。





まぁでももちろん、ただのフレンドリーな人の可能性もなくはない。。




ふむ、、


悩ましいところだが旅をしているとこういう状況はよくあるよね。。


もし彼が本当にただの気さくな人だったら、せっかくの楽しめそうな機会を捨てることになる。。


でもこういうのについていかなければ、とりあえずなんの被害にもあう事はない。



自分はわりと無難な方なので、(ってか知らない人といきなり飲みに行くほど社交的でもない)
こういうのはまずついていく事はないけどね。。


まぁでもこの判断は難しいけどね、いつも悩まされるところです。。


こういう、怪しいっていう事情を知らない人や、現地人との接触を楽しみに来てる人がだまされる件数はけっこう多いだろうね。。


こうした、詐欺やスリの被害って、そうした手口を事前に知っていればすぐ「怪しい!」って気づくし予防もできるよね。


まぁかと言って現地人からの申し出を全部断る旅をしててもつまらんしね。。


難しいところですね。




さて今回も「徒歩でイスタンブ〜ル〜♪」の続き(しつこい)


まずはこれもイスタン観光では定番かな?

グランバザールへとやってきました。

まぁ市場ですね。ここは観光客用のみやげ物から、現地人向けの服とかたくさんの店がならんでいる。


あっちこっちにトルコの国旗があるのはいいよね。

現地人もたくさんいて活気があるのも良し。


さて、適当にふらふらするが、とりあえず目につくのはトルコ風な工芸品、というかみやげ物ですかね。


個人的にかなり好きなのがこのたくさんぶらさがっているランプがオシャレですよねー。

もしトルコから日本に帰るんならもって帰りたい一品。



まあ実際自分の部屋に飾ったら、アジアとかいろんな土産だらけで部屋にマッチするかはわからんけど笑

でもこれはほんと好きなランプだねー。女の子も好きそうだよねこういうの。




こちらはトルコ土産の定番、ナザールボンジュですね。

まぁ魔除けみたいな、お守りっぽいやつですね。

これもシンプルながらも青いガラス細工がかっこよいので、学生の時は何個か買って帰ったかな。



こちらはTシャツ。

まぁTシャツ自体はどこの国でも売ってはいるけど、こうしてトルコ、イスラムっぽいデザインのがかっこいいですよね。

まぁこういう各国のTシャツって学生の頃は欲しくてよく買ってたけど、結局着ることはないんだけどね。。笑




こちらもアラブ特有の、シーシャ、水タバコですね。

自分は日常的にタバコは吸わないんだけど、この水タバコなら吸えるんだよね。

煙がもくもくする感じが楽しいし、臭くもないしね。

まぁ実際自分でやったら、炭に火つけたりしてめんどくさいかもしれないけど、これもトルコとかエジプトみたいなアラブ圏から日本に買えるなら是非お持ちかえりしたい一品ではあります。

ここに売っているのはきれいにデコレーションされた、実用ってよりも観賞用って気がするけど。


カラフルなお皿。


トルコっぽい柄の陶器の置物。



まぁこんな感じでしょうか。

結局物は買ってないのでふらふら歩いただけだけど、それでもこのグランバザールは広いのでけっこう時間がかかる。

本当にみやげ物買うつもりで物色してたら1日かかっちゃう。。っていう女の子はいるかもね。






さて、お次に移動したのはエジプシャンバザール。

なにがエジプシャンなのかはようわからんかったけど、こちらはグランバザールと比べてスパイスとかお菓子みたいな食料品が多く売られている。


きれいに並べられたスパイス。



なんかキャビアとかも売られていたな。黒海で取れるのかなきっと。

なんとなく、現地人向けってよりも、国内のトルコ人含めての観光客向けかなって感じがしたかな。

札幌の魚市場とかも、現地人向けってよりは観光客向けって感じもするもんね。



こちらはこのバザールの外で見たスイーツのお店。

アラブ圏はほんと甘いものが好きでこうしたスイーツ類は豊富だよね。


こちらはロカンタって言う、トルコ版安食堂。

だいたいの店は、こうしていろんなおかずが並んでいて自分が食べたいのを選べる仕組み。


自分が選んだのは、いかにもトルコ料理って感じの肉、じゃがいも、トマトとかの煮込み料理。これで600円以上したような。。トルコの物価は安くはないね。



そーいやトルコ料理って、フランス料理、中国料理に並び世界三大料理の一つなんだっけ?

トルコ料理ってバリエーションも少なそうだしなんで世界三大にあげられてるんだろね?

オスマントルコ時代に、広い範囲に影響を及ぼしたから、とかだったらまぁわからなくもないですね。


このドネルケバブも、アラブ圏だけでなくヨーロッパでもどこでも見かけるしね。

そしてこの店員さんのノリもよかったです笑




あ、今思い出したけど、今回じゃなくて学生の時にトルコに来た時に食べた羊肉の煮込み料理がすげー美味しかったなー。
とろとろの羊肉。

人生の中でも思い出に残る美味しさだったような。

羊肉苦手な人もいるかもだけど、自分はかなり好きなんだよね。

例えばチキンカレー、ビーフカレー、マトンカレーってあったらだいたいマトンを選んでます。

あ、でもポークも好きだけどね。イスラム圏ではないけど。



このレストラン近くにあった、茶屋。

イスラム圏ではお酒を飲まないのでこうした喫茶店が社交場になっている。

と言いたいとこだけど、そーいやトルコはお酒に関してはけっこうゆるくてわりとあちこちで、トルコさんの「Efes Beer」を見ることができるけどね。



これまたイスラム圏特有なのか、猫はあちこちいるね。

猫好きは自分としては楽しい限りです笑



まぁこんなとこでしょうか。

長くなってきたのでまた翌日。

明日は、ヨーロッパとアジアを分ける、ボスポラス海峡のクルーズに行ったお話しでもー。

---------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースが落ちてますが、モチベーションアップになりますので押してもらえると嬉しいです。
昨日は12人の方に押してもらえました。ありがとうございます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
JUGEMテーマ:海外旅行 総合
author:oka, category:15.トルコ, 07:54
comments(4), trackbacks(0), - -
Comment
(;゚д゚)恐ろしいボッタクリバーor睡眠薬強盗・・・
私ならいい人そうで暇ならほいほいついてってしまってたかもしれない・・・((;゚д゚))

トルコ料理なんかみんな似たような色してるね・x・
ふ, 2014/05/08 11:29 AM
イスタンブールのランプ、買って帰りましたが上からつるして、電気をつけるのが日本の家の作りでは難しかったです(汗)電気をつけていないとパッとしません(泣)

猫真っ正面、ステキです♪
サンギタ, 2014/05/08 12:50 PM
>ふさん
お、更新再開したの気づいてもらえましたか。
まぁ偉そうに言ってますが、この世界一周の初日に上海でほいほいついていってボラれてるんだけどね笑
まぁそれでいい勉強にはなってるけど。

トルコ料理は大体トマト煮込みって感じかな。でもおいしいよー。
oka, 2014/05/08 5:30 PM
>サンギタさん
おぉランプ買いましたか! でもいまいち難しいんですね。。笑 卓上ぐらいの小さいサイズがちょうどいいんですかねー。
だいたいの猫は見向きもしてくれなかったですが、この子はいい子でした笑
oka, 2014/05/08 5:39 PM









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/952