RSS | ATOM | SEARCH
[ロシア]美術館みたいなモスクワの地下鉄!
モスクワ滞在中、赤の広場とかの観光ももちろん楽しかったんだけど、

個人的にすげーテンションが上がったのは


地下鉄の駅巡り!




下に続く大量の写真を見てもらえればわかるんだけど、

ソ連時代に作られたモスクワの地下鉄の駅は、


地下鉄の駅とは思えないぐらい壁画やら彫刻やらの装飾が大量にあって、すげー豪華な作りになっているのである。


ほんとどっかの宮殿みたいな感じ。



しかも駅によってそのテーマが全然違うので、どの駅もいちいち立ち寄るのが楽しいぐらい。

駅を1つずつ降りたりってのは、小学生の時にスタンプラリーとかした以来かも。
(今もこーゆーのあるのかな?)


そんなモスクワの地下鉄駅の写真を下に貼っていきますね。


ちなみに、、どれが何駅だったのかまでは忘れちゃいました笑 スミマセン。

確か山手線みたいになってる環状線の5合線の駅にこうしたゴージャスな駅が多かったかな。



まずこれはどこかの駅の地下鉄の入り口。

「M」ってのが、Metro、地下鉄のマークですな。



地下鉄駅内部、ホームにはこうしてシャンデリアみたいのがぶらさがっていたり





こーゆーいかにも共産主義な彫刻があったり


こんな壁画が描かれていたり



レーニンの肖像画があったりとさまざま。





だが、どの駅もどうみても地下鉄の駅としては

「豪華すぎる作り」

なのは間違いない笑




これは確か「キエフスカヤ駅」だったかな。

いかにも「ソ連時代の栄華」を描きましたって絵がたくさんある。


小さいタイルを組み合わせて描かれた「モザイク画」ってやつですな。




演説しているレーニンかな。


なんかいかにもソ連って感じですよね。


ちなみに一般人はこんな感じで、まぁ見慣れているだろうし特になんとも思ってなさそうだけど。



観光客から見るとほんと宮殿とか美術館みたいに見えるけど、

普通の地下鉄駅なんですよねー。



特にかっこいい駅には、こうしてツアー客も見学に来ている。

「ツアーで地下鉄の駅巡りする」

ってのはなかなか珍しいんじゃないかな笑

もちろん移動手段は地下鉄だろうしね笑



他にもこうした駅や



こんなのとか


こんな陶器で作られた装飾があったり



ステンドグラスみたいな絵もあったりと様々ですな。



まぁ見る分にはかっこいいけどね。



でも

「なんで地下鉄の駅をここまで豪華にしたのか??」

っていう疑問はちょっと出てくるよね。


こんなの日本だったら

「お金の無駄使い」

ってことでまず作れないと思うけどね。


これも共産主義、国が全ての権限を持っていてっていう状態だったからこそ実現できた事なのかもしれないね。



大体の駅でソ連時代のシンボルマークを見ることができる。 


このマーク、今では「ハンマーxカマ」のマークだってのはわかるんだけど、

子供の頃はひらがなの「ゆ」にしか見えなかったけど。。笑


これは天井にあった絵。


こんな感じの絵もあったり。

なんか金ぴかなのが多いね。



ここのは宮殿内部の内装みたい。


再びレーニン像。

ソ連のマークもあって、いかにもって感じですな。


こちらはシャンデリアみたいのがぶらさがっていて豪華。

ほんと地下鉄が開業した時はかなり衝撃的だったかもね。


あきらかに無駄すぎるとしか思えないんだけど、

共産主義ならではの力の入れようですな。


こんな巨大なオブジェみたいのがあったり


謎にメルヘンチックな空間があったり笑


ほんと駅によってテーマが全然違うので、

周ってておもしろいし飽きないね。

地下鉄もじゃんじゃん走ってくるので、待ち時間も特になくさくさく動けるのもありがたい。

こちらは宮殿みたいな感じではなく、工場みたいな作り。


この駅の壁は、飛行機とか戦車を作っている様子を描いた彫刻が並んでいた。


宮殿とか花みたいに華やかな感じよりも、

こーゆー無骨でメタリックな感じの方が好きかも。


こちらの駅は電灯の並びがユニークだね。


地下鉄の駅もたくさんあるのに、それぞれ全然違うってのがすごい。

誰がどうデザインして作られたのだろう??

ここは透かし彫り?の彫刻の駅。


チェスかなんかしてるの彫刻。

共産主義のってこうした一般的な光景を絵にすることも多いね。


そうそう、なんかたまにさらに地下に行ける階段があったりするんだよね。

鍵がかかっているので進めはしないんだけど、何のためだろうか?

旧ソ連圏の地下鉄は、みんな地中深くに作られているのは「核シェルター」としての役割を果たすため、っていう都市伝説的な理由があるけど(でも多分その理由だと思われ)、

それを聞いていると、この階段の先には秘密のシェルターとか連絡通路とかがあるのかな?って思っちゃうね。


こちらも旧ソ連、軍国主義丸出しみたいな像。



こういう像が駅構内に立っているんだけどそんなに違和感なくマッチしているね。



こちらは女の子の像。

ライフルみたいのを持って、しかもメダルみたいのを大事に抱えている図。

どーゆー思惑の像なんだろう??


こちらは警察が拳銃を持っているみたいな像。


ライフルとか銃って、やはり「戦争」とか「暴力」をイメージしてしまうので

日本でこういう像はなさそうだね。。

ソ連の場合は「国の強さ」の象徴してこういう軍国的な像が多いんだろうけど。

こっちのモニュメントもライフルだしね。



てな感じでほんといろんな駅がありました。

ブログには載せてないけど、写真はまだまだあるのよねー。

まぁキリがないのでこのぐらいで。


って、かなり写真が多くなりましたねー。

1記事で写真40枚ぐらい使ったのは圧倒的に過去最多です笑


そんなモスクワの地下鉄巡り。

別に鉄道好きとか関係なく楽しめると思います。

とりあえず「地下鉄の駅を巡る」っていう、ちょっと変わった観光の感じが目新しくていいですよね。


駅はたくさんあるのでなんだかんだで時間はかかったけど、

それでもやはり楽しかったですね。


モスクワの地下鉄駅巡り、オススメです笑


--------------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースが落ちてますが、モチベーションアップになりますので押してもらえると嬉しいです。
昨日は30人の方に押してもらえました。ありがとうございます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
JUGEMテーマ:海外旅行 総合
author:oka, category:97.ロシア, 07:45
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
日本の地下鉄にもたまに像みたいなの置いてあってもそういうデザインの駅ってよりただ置いてあるだけ感すごいですもんね・x・あとは広告ポスターばっかり。。
ふ, 2014/01/13 11:40 AM
>ふーさん
おぉそーいや日本の電車って広告だらけですもんね。
駅にも車内でも。海外のだとそんなに広告ないなーそういえば。
oka, 2014/01/13 11:22 PM









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/918