RSS | ATOM | SEARCH
[ハンガリー]フォアグラが安いくてうまい。。?
リアルタイムではイタリアのフィレンチェにいます。

ヨーロッパの旅ももう終盤ですね。

10日にチュニジアに飛んで、クリスマス直前にローマに帰ってきてクリスマスはカトリックの総本山、バチカンの行こうと思ってます。







さて、今回はフォアグラのお話!


まぁ世界一周のバックパッカーにとって、

「ハンガリーでフォアグラを食べる」ってのはなんとも定番の行事なんだけど、

自分もしっかりやっておきました笑



「なぜハンガリーでフォアグラなのか?」

ってとこだけど、


単純にここハンガリーでは「フォアグラがかなり安く買えるから!」みたいです。


フォアグラってあのフランス料理とかで出ててきそうなやつですね。

まぁ

「ん〜友達の結婚式で食べた事があるような。。?」

ぐらいのものだけどね。


ちなみに今回、

宿にもう二人日本人の男の子がいたので一緒に買って食べようって話になったんだけど、

二人はフォアグラは今回が初との事でした。二人とも若かったしねー。



ってことで、フォアグラが売っているという中央市場に向かう。



ちなみに宿にもう二人の男の子がいたので一緒に買いに行く。

こちらが市場。

外観はかなりかっこいいね。


中も広々としている。

市場として、現地人が野菜とかを買いに来ているけど、それと同じくらい観光客の数も多かった。

実際2階はおみやげ物屋になっていたしね。


フォアグラを探しつつ、市場内を散策。


あらかわいい。


この「トカイワイン」ってのが有名らしいね。


なんかのスパイス?


なんだこれ?


けっこう現地人も買い物にくるね。



お、キャビアも売っていた。

でもこれは3000円とか4000円とかなかなかお高い。。

そーいやキャビアもちゃんと食べたことないかも。。?

まぁあんま食べたいとも思わないけど。



おーこれはフォアグラの缶詰、ってことかな?



そもそもフォアグラってなにかわかります??

まぁ常識かも知れないですけど

上の写真みたいなガチョウとか鴨の肝臓ですね。

要はレバーです。


でも、ご飯をもりもり食べさせて「肝臓肥大」みたいな状態にしたのがフォアグラです。

まぁ「食べさせて」ってか、無理やり口の中にチューブを突っ込んで流し込んでるんだよね。

これが動物虐待にあたるだろ!ってのが最近の流れらしいですが。

興味ある方はYOUTUBEで見てくださいー。





で、見つけたこちらがフォアグラ!らしい。

こういう生の状態で見るのは初めてだからね。

ちなみに「LIVA MAJ」ってのがフォアグラみたいです。

なんか質によって値段が違うのかな?

まぁよくわからんが一番安いのを買う。

ちなみに5000ってのがハンガリーのお金で、日本円だと2200円ぐらい。

1KGの量がわからんので、安いんだかようわからんけど、まぁ安いようです笑



これを500g買って帰宅。

3人なので一人300円ちょいですな。







さて、フォアグラなんだけど、

実は今回の旅中にしっかり食べてるんだよね。



それはもう2年前(!)の話になるんだけどマダガスカルでのお話。

マダガスカルは、元フランス領って事もあり本格フレンチの店があるんだよね。

しかも値段はマダガスカルの物価(安い)という。

具体的には、ちゃんとしたフランス料理のレストランで

フォアグラのソテーが800円とか900円とかだった気がします。

もう6EURなわけですよ。安い。。



で、その時食べたフォアグラがもう旨すぎて美味すぎて。。



今回の旅中に食べた食事の中で、堂々の一位に君臨するのがこのフォアグラでした。


友達の結婚式で食べたような、記憶にも残らんフォアグラと違い

すごく甘くて深みのある味は衝撃的なおいしさでした。


なんかウニに近いかな〜って感じの味です。

ウニと言っても、スシローとかで食べる100円のじゃなくて、北海道みたいなちゃんとしたやつね。

ちなみにマダガスカルでの話はこちら。







ただマダガスカルでの本格フレンチレストランと違って。。


今回は自分で調理しなければならない。


一応クックパッド先生と、あと過去の旅行者の記事を参考にしてみました。


まずこちらがフォアグラですね。

なかなかでかい。これで500gです。



とりあえずソテーにするので、それっぽくカット。



ふむ。


あとはクックパッドでみんなが書いているように、

表面をかりっと焼くために?小麦粉をちょっと塗る。


で、甘みを出すために(?)、マダガスカルでの梨のソースみたいに、りんごと一緒に炒めてみました。



「フォアグラの油が出てくるので、油をひく必要ない」

ってのは聞いてたけど、本当にそうで油がたくさん出てくる。


ってか出すぎ笑


しかもどれだけ火を通したらいいのかよくわからん笑


時間かければかけるほど、油でどろどろになっていきそう。。。



。。もういいか?


と思ってとりあえず出来上がったのがこちら。




見た目はあんまりよくないですね。。。



まぁ肝心は味ですから。





いざ、、、、実食。






ん!






これは!!







うまい!!!








、、、のかな?笑






なんかねーマダガスカルでは「甘い!ウニだ!」って思ったけど、


今回は「まぁ、、、レバーかな」って感じ。。笑


そう、なんかレバーペーストを食べてるような感じなんだよね。




他の2人も、一人は


「まぁうまいと言えばうまいですね。。」


みたいな感じ。



もう一人は


「あー!これ俺ダメっす。。」


みたいな感じ。。笑




いや、ほんとレバーの炒め物みたいな感じで、

レバーと思えば普通に美味しいんだけど、

これが”あの”フォアグラって考えるとちと残念な感じかも。。


本当は2人に


「うーーまーーいーーぞーーー!!!!」


とミスター味っこに出てくる味皇のようなリアクションをしてもらいたかったんだけど残念な結果となってしまった笑





2回目なんか完全に失敗してどろどろになっちゃったし笑

↓手前のは余ってたりんごね。

さっきの2人目なんか、りんごが一番おいしいとか言い出したし。。笑


いや〜ってな感じで、ちょっと不完全燃焼なフォアグラでした。。

author:oka, category:86.ハンガリー, 18:09
comments(4), trackbacks(0), - -
Comment
フォアグラを自分で調理するなんて、なかなかないですよね。やはり、同じ素材でもプロが調理するとマダガスカルで食べた味になるんでしょうか?
ちなみに、Youtube見ました・・。ホースで突っ込んでまでしてエサをあたえて作ったフォアグラを食べたいとは思わないですね。
sugar, 2013/12/08 9:32 PM
>sugarさん
クックパッドで「フォアグラ」って探すとけっこう出てくるんですけどそんなに身近に買えるものなんですかね??
今回は残念でしたが、また挑戦したいですー。
動画見てもらえましたか、、動物虐待だ!とか言う気はないのですが、事実は知っておいた方が良いかなと。
食べるという事は命を”頂きます”してるって再確認するのが大事ですかね。
oka, 2013/12/09 7:08 AM
なおとさーん!!この時一緒にいた「あ、俺これだめっす。。。」のなかしょーです!笑
久しぶりに覗いたらこの記事がちゃんと書かれていたので嬉しくてニヤけてます!!ぼくは日本に馴染んでしまった今でもあのフォアグラの味を思い出すときがあります、半分トラウマですよ!笑
これからも気をつけて旅続けてください^^
りんごが一番うまい!!, 2014/01/03 11:42 PM
>しょーた君
おぉお久しぶり〜。遅ればせながらブログ更新しました笑

フォアグラ、あんな味になってしまい申し訳ない笑

まぁまたどこかで"本物の"フォアグラをご賞味ください。

日本はどう?正月は日本が一番楽しそうだよねー。
oka, 2014/01/04 4:06 AM









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/891