RSS | ATOM | SEARCH
[ノルウェー]ムンクの叫び!
コペンハーゲンを後にして向かうのはノルウェー!


ヨーロッパでも随一の物価高と噂だったんだけど、

とりあえずコペンハーゲンからオスロまで30EURぐらいとそんなに高くない、

いやむしろ安いぐらいったぞ。。?


バスはSWEBUSって会社です。
めんどいのでリンク貼らないけど、調べればすぐ出てくると思いますー。




で、到着したオスロ。


オスロってなにがあるのかようわからんかったけど、


とりあえず知っているのは「ムンクの叫び」


こちらの絵ですね。

※写真はWIKIから拝借。ちなみに著作権は大丈夫です。



ちなみにこれって

「ムンクの叫び」って絵でなく、ムンクの「叫び」って絵みたいですね笑


まぁ細かいんだけど。


でもこのムンクの叫び、

北欧版で情報が薄いけど、それでもバイブルとしてより一層の活躍をお祈りしている

「歩き方様」にはムンクの叫びは


「国立美術館」


に展示されている、となっている。


だが、同時に


「ムンク美術館」


に展示されている、ともなっている?

んーいったいどっちにあるんだ??

また意味不明な情報を載せおって。。(失礼)



ってことで、とりあえずツーリストインフォメーションで聞いてみることに。


「すみません この絵(叫びの絵を指差して)を見たいんだけど、

国立美術館とムンク美術館と、どっちにあるんですか??」


「どっちにあるわよ!」


「へ??」


「『叫び』の絵は”5枚”描かれたの。

そのうちの1枚が国立美術館で、もう1枚がムンク美術館にあるのよ」


「なんと。。。!!」


って事でした笑


5枚もあるとは知らんかったわ笑


まぁ微妙に違っているみたいだけどね。


そのうち1枚はどっかの個人が所有してて、残りは美術館にしまってあるのかな?

↓街中で見かけたバスに書かれていたやつ。こういうパターンの絵もあるんだね。



ってことで、まずは近くにある国立美術館の方へと行ってみる。


まぁこちらに来たのは近いって理由と

入場料が無料!

ってバイブル(歩き方)に書かれていたからである。


で、到着した国立美術館。



えーと、結果から言うと無料じゃなかった。。笑


ふむ、これはシステムが変わったのか知らんけど、

それか実は今年ムンクの生誕150周年らしく、ちょっと特別展っぽくなっているんだよね。。

なのでか知らんけど有料(1500円ぐらいだったかな?)になってたわけです。。

↓街中にも看板やらポスターいっぱいあったしな。




ふむ、どうせお金払うなら、

ほかのムンクの絵もいっぱい見ておきましょうってことでムンク美術館の方へと移動。


こちらも同じ値段だったかな。

なのでこちらに入りました。



まぁ内部は撮影禁止だったので写真はないんだけど、

上の看板のムンクの自画像みたいな大雑把に書かれた絵が多かったかな。


美術関係には全くうとい自分にとっては、こういう荒いタッチの絵はすごさが全くわからん。。。


高校の美術部でも描けるんじゃないのー?って思っちゃうんだよね。


個人的には抽象的な絵よりも、

ダヴィンチみたいなリアルで繊細なタッチの絵の方が好きですね。


ちなみに肝心の「叫び」の絵は大きいホールの一番端っこにちょこんと展示されてました。。


「あ、これか」ぐらい笑


代表作ではあるけど、たいした扱いはされてなかったね。








そしてこのムンクの叫びの絵。


実は描かれた場所がちゃんとわかっているみたいなので、

その場所に行ってきました。


ドラマだったらロケ地巡り、最近のアニメで言うと聖地巡礼ってやつです。
(なにが"聖地"なのか知らんけど)


場所はオスロの東南にある小高い丘になっている「EKEBERG」っていう公園のところ。


行ってみると、おー!

「ここがそうですよ」みたいな感じで標識が立っている。



で、それがここ。

絵と比較してみました。


絵で見ると、橋の上の手すりかと思っていたけど、

実際はこうして丘の手すり、ってか柵だったみたいですね。




ちなみに、叫びと同じようなポーズで写真撮ったりもしました。


まぁブログに載せても別に誰も喜ばないので載せないけど笑





てなわけで今日の観光は終了。






実はオスロに到着したものの、

宿を予約していないんだよね。


っていうのは単純に値段が高すぎるから。。


一応調べたけどいつも泊まってるようなドミトリーで4500円ぐらいするんだよね。。

しかも郊外のユースホステルなので、交通費を入れると5000円を思いっきり超えるという。。


残念ながら激しく予算オーバーなので、オスロでは野宿するつもりです。


まぁバックパック背負ってはさすがに街中歩けないので、

駅のロッカーに預けたんだけど、これは24時間で600円ぐらいと、ノルウェーの物価の割には安かったかな。



このまま物価の話するけど、

そのユースホステルも高かったけどやっぱり他の値段も高くてためしにマクドナルドで値段見てみたら、

ビックマックのセットが85クローネ、約1400円もする!

高ぇ〜!

もはや笑えてきますね。

もちろんすごい高級な肉を使ってるわけじゃなく、普通のビックマックですよ。


たぶんこれ世界で一番高いんじゃないか? スイスの1200円よりも高いです。


あ、でも最近日本のマックで1000円バーガーみたいの出したんだっけ?


そう考えるとそこまで高くないか。。


ってやっぱり高いわ!



なんでこんなに物価が高いの??

って理由は色々あると思うんだけど、まぁその辺はまた別で書きます。


↓他国と比較すると高いけど、ノルウェー人にとっては別に普通なんだろうね。。

けっこう混んでました。



まぁノルウェーの物価が高いのは来る前からわかっていた事なので、

まだ物価の安いデンマークで食パンを買っておきました。

ノルウェーには3日滞在するんだけど、これで過ごします。






で、話は戻って今日の宿ね。


叫びの場所のこのEKEBERGのすぐ近くにはキャンプサイトがあった。


一応値段見てみたけど、別に安くもなかったのでシナリオ通り野宿です。


すると、そのキャンプサイトの裏には運動場というか、

公園がずっと広がっていたのでそこで寝ることにしました。


人気の少ない公園だったので、夜になれば誰に見られることもないでしょーってことで。


ってことで寝袋をしく。

実は日中もずっと寝袋を持って観光してたんだよね笑



まぁ荷物もないし襲われる心配なんか全然ないんだけど、

さらにカムフラージュで枕元にはプリングルスの空き缶を置いて、ホームレスらしさをちょっと演出笑

まぁあくまで冗談ですけど笑




まぁまだ明るいけど、すぐに暗くなるかな?

って事で寝ようとするんだけどなかなか暗くならず、

夜11時とかになってようやく暗くなってきたかな。。って感じ。


オスロは緯度が高いので、

太陽が全く沈まない「白夜」とまではいかないけど、

ちょっと薄暗くなってきたかな?

ぐらいの暗さになるだけで、真っ暗にはならなかったんだよね。。


なのでちょっと落ち着かなく、昼寝したみたいな感じの浅い眠りが続きました。


まぁでも、こういう野宿とか普段とは違う事をするってのはやっぱりおもしろいね。


ヨーロッパの旅にも飽きてきているのでちょっと変化が欲しい今日この頃です。


ちなみに次の日もまたここで寝ました。2日目は慣れたのかけっこう寝れた気がします。


では次もオスロの話で。


--------------------------------
ランキングに参加してますー。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!
昨日は14人の方に押してもらえましたー。ありがとうございます。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:84.ノルウェー, 04:15
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/885