RSS | ATOM | SEARCH
[フランス]これまた豪華なベルサイユ宮殿!
今日はパリ郊外にあるベルサイユ宮殿へとやってきました。(唐突に始まりますが。。)


ベルサイユ宮殿は、フランス王政時代の象徴とも言える豪華な宮殿ですね。


パリからは地下鉄と郊外電車とを乗り継いで到着。


駅から10分ほど歩くと、お〜見えてきましたね。



宮殿の前には、この宮殿を作った「太陽王」と呼ばれるルイ14世の像が立っている。



このベルサイユ宮殿も例のミュージアムパスで入れるんだけど、

そこにはかなり長蛇の列が!

あんまり覚えてないけど、入場するのに1時間ぐらい待ったような。。

こういう時一人だとつまらんですよね。。

↓何回も列が折り返してるのですよ。。




そーいや自分の前の方に、いわゆる「ゴスロリ」の格好をしている日本人5人組がいました。

ふわふわのスカートで原宿とかにいそうな格好ですね。

ベルサイユって事で気合入れてきたのでしょうか??


街中だったらかなり目立つだろうが、ここではそんなに浮いてなかったのはこの宮殿とマッチしているからですかね。。


ちなみに今「ゴスロリ」で検索してみたら

検索結果の上から2番目が

「娘の担任がゴスロリファッションでした。。」

って、ヤフー知恵袋みたいのに相談してる内容が出てきた。。笑


「教師のくせにあんな格好するなんて。。騙されました」

みたいな内容でした。


別にその格好で授業してるわけではなく、休日にたまたま見かけたらしいんですけどね。

趣味はそれぞれですので、休みの日には好きにさせてあげてください笑

って思うのですけど。



親としては先生は先生らしく、って理想像があるのかも知れないけど先生もまだ20代半ばの女性(らしい)ですからね。。


プライベートはそっとしてあげてください。


ってこんな内容をいちいちネット上相談してるのがおもしろいですね笑


こういうヤフー知恵袋みたいなのって、けっこうくだらないけど真面目に質問してる人がいて見てる分には面白いけどね。


例えば「超ド級の”ド”ってなんでしょうか?ドレミのドですか?」みたいな質問してたり。。




って完全に話がズレましたね。。。

まぁおもしろいからいいんだけど(自分は)



てなわけで(?)宮殿の敷地内に入場。

事前に、リュックみたいなカバンは持ち込めないみたいな事を聞いていたけど大丈夫でした。


作った太陽王にちなんで?

こんな太陽っぽいのをよく見かける。



宮殿の中に入ると、最初の方は宮殿とか、ここに住んでいた王家の家計図とかそういう説明が続く。

なんだけど、観光客が多すぎていちいち解説を読む気にならない。。

なので写真だけ撮りつつさっさと先に進む。

↓宮殿の全体図


↓いかにも王族的な絵ですな。



こちらはマリーアントワネットの絵。

マリーアントワネットってえらい有名だけどなんでだろう?

元は今のオーストリアにあるハプスブルグ家に生まれ、ルイ16世の妃としてフランスにやってきたわけですね。


最終的にフランス革命により、ギロチンによって処刑されるわけだけど、

そのフランス革命を起こす、要は一般人の反感を買うような事ばかりをやっていた「悪女」として有名なのかな?

自分はwikipediaに書いてあることを読んだぐらいなのでわからないが、

フランスが食糧難に苦しんだ時に

「パンが無ければケーキを食べればいいじゃない」

と発言したとされるが、それも本当は違うみたいだし、別に国政が傾くほどの浪費家ってわけじゃないしなんなんでしょ。

まぁ当時の一般人の生活に不満があったのは事実でしょうし、その矛先として向けられてたって感じですかね。

ギロチンで処刑される最後まで、王妃として堂々とした態度だったらしいですね。



こうした説明のエリアが終わり、

次はこの豪華な宮殿内を歩き回る。


なんか柱とか天井とかに絵とか彫刻とかがたくさんあって、

とにかく「豪華!」としか言い様がないですな。


ほんと無駄すぎるだろってぐらい豪華だったりするが、

この無駄さ加減、「贅沢しすぎちゃったww」みたいのが本人達は楽しかったのだろうね。




誰かの寝室。

部屋が広すぎて落ち着かないような。。

まぁこれも住んでると普通なのかな。


こちらも。


こういう豪華な部屋とか寝室とか見ても、

別にうらやましいとかなんとも思わないんだけど、


次に出てきたこちら。

まぁ食事風景を再現したものらしいんだけど、


毎日ご馳走が食べれるってのはうらやましいかもですね。。


旅中って「節約するのが仕事」みたいな感じでなので、レストランはおろかマクドナルドすらほぼ行かないですからね。。

今の自分には高くてとても手が出せないビックマックのセットを

現地の高校生ぐらいの若者が普通に食べてるの見ては「は〜オレ情けないわ。。」

って思うぐらいですしね。

いや、お金はもちろんあるんですけどね。ただお金の使い方が違うだけなんですけど。

旅が終わったらこの金銭感覚は変わるのでしょうか。。


まぁ日本に帰ってちゃんと仕事しても、こんなゴージャスな料理を食べることはないでしょうけど。。




ふむ、宮殿内は豪華は豪華なんだろうが、

あまりにも非現実的すぎていまいちピンとこないわ。。

生活感が全くないというか、美術館みたいな感じで見ちゃいますね。



で、こちらが一番有名らしい「鏡の間」だそうです。

大きなホールに、これまた大きな鏡がつけられている。

今なら鏡なんて、一人暮らしの大学生でも姿見ぐらい持ってそうだけど(自分は持ってない)、この当時鏡は高級品だったってことかな。



こんなシャンデリアもあったりして。

これはお高そう。



自分もだけど、観光客みんな写真撮りまくってますね。



お、この絵は見覚えがある。

「ナポレオンの戴冠式」とかいう巨大な絵。

ルーブル美術館で見たんだけど、これは複製とかなのかな?

この部屋にはさらに2枚巨大な絵が飾ってあった。




宮殿内の散策を終え、

さて次はベルサイユ自慢の噴水のある庭園でも行きますか

と思ったらなんと今日は噴水のショーだかをやる日で入場料7EURぐらいを取るという。。



ショーを見る見ないは別として、立ち入るのにお金がかかるそうなので、

残念ながら庭園に行くのはやめました。。


まぁこの噴水がすごいらしいけどね。

なんでも機械を使わず、自然の力というか設計の力だけで水上がるのだという。
(ん?後日行ったロシアの宮殿と情報が混ざってるかも。。)


しかも当時(300年前)の技術が今も使えるらしいです。

それはすごいとは思うんだけど、まぁパスで。


ちなみその噴水のショーは、土日だったからか、夏だったからか忘れたけど「やる日」と「やらない日」があるので、行く前に確認した方がよさそうですね。




庭園に入れなかったので、マリーアントワネットの離宮みたいな見所にも行くことができず。。


ベルサイユは1日かかる!みたいに聞いてたけど、おかげで半日で終了となりました。。


まぁ十分楽しめたから良しとしましょう。



そーいや、ベルサイユといえば「ベルサイユのバラ」ですよね。

自分は名前ぐらいしか知らなかったんですが、

どうやらまさにこのベルサイユ宮殿での物語みたいですね。


もちろん題名から「そりゃそうだろ」って話ですが、ルイ16世やらマリーアントワネットやらナポレオンも出るそうで。。


これは機会があったら是非読んでみたいですな。





次は、パリからの日帰りで、あの?モンサンミシェルに行ってきますー。



--------------------------------
ランキングに参加してますー。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!
昨日は10人の方に押してもらえましたー。ありがとうございます。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
author:oka, category:74.フランス, 05:07
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
太陽っぽいやつのマジックハンド見たいなのがきになる・・・)`Д゚)・:;
ふ, 2013/11/17 11:34 AM
>ふーさん
なんのこっちゃ??と思ったら確かにありますね。。
って相変わらず良く見てらっしゃる。
なんだろ?当時こういう手のおもちゃが流行ってたとか?
oka, 2013/11/17 10:45 PM









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/874