RSS | ATOM | SEARCH
情けない話。。
サンルイでは、

ここ最近でもかなり情けない出来事があったので一応書き留めておこうかな。。



サンルイの宿では、日本人大学生のY君と出会った。

Y君は大学を休学して1年間、世界一周、ではないが世界をいろいろ旅をしているようだ。


西アフリカでは日本人に出会う事ってなかなかないし、

せっかくなので、Y君を誘ってご飯を食べにいくことに


だが、この仮にも世界遺産の町サンルイではローカルな食堂はほぼなく、

ツーリスティックなレストランしかない。。


とりあえず、もうサンルイに5日滞在しているというY君行きつけのレストランに向かうことにした。


Y君は店員とはもう顔なじみと言った感じで、挨拶したりしながらメニューをもらう。


メニューを見ると、まぁ想像できた事だがやはり高い。。


自分は一人の時はいつも、大体500CFA(100円)程度のご飯を食べている。


これでも、セネガルの前のマリやブルキナファソでは200CFA(40円)とか300CFA(60円)で食べれたので、500でもちと高いと感じていたのだ。。



メニューに載っていたのは、安いご飯ものので1500CFA(300円)。。。


通常の予算の3倍だ。。


だがこれならまだ許容範囲か。。



って事でそれを頼もうとしたのだが、


「今日はこれしかないわよ」


と店員に指さされたのは2500CFA(500円)のヤッサ(鳥のグリル)。。



「(2500CFA。。だと。。。?)」



正直、2500は完全に予算オーバーである。。ドースル。。



と、こちらが戸惑っている間に、


「じゃあ僕はそれで」


とY君はあっさりそれを注文!!


「(Y君早っ!)」と思いつつも、自分はまだ迷い中。。



2500CFAは出せなくはない金額ではある。。


でも食事に2500は高すぎる。。


まぁせっかくだしな。。。


いやでもやはり高いぞ。。


と、堂々巡り。



「他のレストランにしましょうか?」とY君は言ってくれたが、


あーだこーだしているうちに、すぐにY君のヤッサが運ばれてきてしまった。






で、最終的に


「じゃあ、オレも同じやつを。。。」


とは言わず、


結局何も注文しないで、Y君が食べ終わるのをただ待つことにした。。。笑







いや〜、オレから「一緒にご飯行こう」とか言っておきながら、

「値段が高いから」と言って何も食べずに、大学生が食べているのをただ見ているだけとは。。


我ながらなんとも情けない笑


いや、Y君としてもなんとも気まずかっただろう笑



通常なら、

ここはもうすぐ30歳になる自分が大学生に「じゃんじゃん食べてよ」と軽くおごるぐらいの心構えでいきたいところだが。。(さすがに日本にいたらそうしてると思います)


普段「贅沢は敵だ!」と、まるで戦時中の日本人のように自分に言い聞かせて旅をしている自分にとって「500円の食事」はあまりに高い壁だった。。


まぁ、金銭感覚も”慣れ”なもので、アフリカをずっと旅してた自分と、つい最近までヨーロッパを旅してたY君では500円の価値感が全然違うんだろうけどね。



こんなんで自分はヨーロッパを旅できるのか。。??


ってか日本に帰った後、ちゃんとやっていけるのだろうか?笑


いやそんなこと言って日本帰ったらすぐに700円のラーメン食べに行って、

3000円とか5000円だして普通に飲みにいったりするんだろうけどさ。。



結局、Y君にはかなりダサい姿を見せただけで終わったが、

宿に帰る途中には


「オレ本当に情けないわ〜 ごめんね〜」


なんて自虐ネタにしてなんとかカバー?しようとしたが。。


まぁこういう状況でも

”流されずに自分のスタンスを変えなかった”

とプラスに考えることにしよう。。




はぁ〜でもやっぱり情けないわ!





詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。
--------------------------------
ランキングに参加してますー。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:失敗談, 10:06
comments(6), trackbacks(0), - -
Comment
やすくて美味しいならいいですよね・q・
ふ, 2013/07/19 3:36 AM
あら!ここは外国です(爆)!郷に入りては日本人同士であっても郷に従え だと思います。外国人の他人に安易に同調しないシビアな金銭感覚 彼も今後 「ノーと言える日本人(笑)」になることが実はいかに困難かも知るでしょう。でもそれって本来は「武士道」でもあるはず、つまりはサムライを通したのですよ!
北の猫パンチ, 2013/07/19 7:49 AM
>ふさん
この料理はけっこう大きい鳥料理で、確かに500円の価値はあるかなって感じだったんですけどねー。
まぁ今では笑い話にしてます。。
oka, 2013/07/19 4:14 PM
>北の猫パンチさん
こんにちは。
旅人同士って対等な立場だとは思っているので、おごったりおごられたり、ってのはないですが、彼だけ食べてきまずい思いをさせちゃったかな?とは思ってます。。笑
まぁ自分のスタイル通すのも大事ですが、臨機応変に対応したいですね!
oka, 2013/07/19 4:17 PM
さすが岡ちゃん!!もしかしてそこって宿近くのサンルイでは安い??とされる食堂かな??もしそうならヤッサ食べなくて正解!!値段の割りに・・・だったので。(マフェは美味しいけど)
カズ, 2013/07/20 2:30 PM
>カズさん
んー同じ食堂かはわからんですが、実はけっこう肉もりもりで美味しそうではあったんですよね。。
まぁ次の日出国だったので、お金に余裕もなかったんですよね。。。と言い訳笑
マフェはそんなに好きになれなかったですねー。やっぱりチェブジャン!
oka, 2013/07/20 3:54 PM









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/784