RSS | ATOM | SEARCH
[マリ]ドゴントレッキングその2〜カニコンボレ村〜
到着したカニコンボレの村。


やはりすぐに、これまた「自称ガイド」みたいな若者がくっついてきた。。

普段ならこういう輩はあんまり相手にしたくないのだが、

この時はせっかくのドゴンだし気持ちにも余裕があったので、彼に村の中にある一つの宿に連れてってもらう。(ってか連れていかれたかな)



今日はこの村ではなく、次のテリの村で泊まるつもりなのでここでは荷物を置かせてもらせてもらうように頼む。

それにはOKしてもらえたが、「TAXで1000CFA払って」と言ってきた。



早速きたか。。



ドゴンの村々を訪れるには「ツーリストTAX」という名目で1000CFA払うらしい。


これは特にチケットがあるわけでないし、ちょっと怪しい名目である。。


いつもなら、チケットがない様ような請求には払わないのだが、ここでのTAXに関してはガイドブックにもこの事は書いてあるし、ここでは払う事に。


まぁ毎回村を訪れた時に「わけのわからん金は払わないぞ!」とピリピリするよりも気持ち的にも余裕ができるしね。

とゆーわけで、もともと請求されたら素直に払うつもりでした。

(でも結局この村でしかTAXは請求されなかったな。。)



とゆーわけで宿のおじさんにTAXを払い(荷物預かってもらってるしね)、

ふらふらしようとすると、この宿の息子と言う若者が村を案内してくれることに。



↓泥で出来たモスク。

写真だと大きさがわかりにくいが10m以上の高さがありなかなか大きい。




若者と一緒に崖の方へと向かう。


その崖の中にはたくさんの家が!




これがまさにドゴンの象徴とも言える光景だね。

昔はこうして崖の中に家を作りそこに暮らしていたようだ。

通称「テレムの家」と呼ばれている。

テレムってのは、昔住んでた人か、今も中央アフリカあたりに住んでる「ピグミー」と呼ばれる小さい人たちのことを指すみたい。



↓ずっと家だと思ってたが倉庫らしい。まぁ確かに寝るには狭すぎるな笑

倉庫は男用と女用とがあるみたい。




ちなみに、この崖の中腹にあるこの家々、今ではもう使われていないらしい。。


ガイドの若者に「なんでもう住んでないの?」って聞いたら、


「だって水とか食べ物を運ぶの大変だし。。」との事。。。笑


まぁ確かにそうだよね。そりゃあ平地に住んだほうが楽ですわ。


ん?じゃあなんで最初は崖の中腹に住んでたんだろ?


その辺を聞くのは忘れた。。



この家々の中で、ひときわ派手にペイントとか装飾された家があった。

なんでも「オゴン」という、村のリーダー(王?)みたいな存在が住んでいたという。

ドゴンの村はたくさんあるけど、それぞれの村にオゴンが一人いるという。

でも今はこのオゴン制度?は無くなっているようだ。。でも村長みたいな人はいるみたい。



崖から宿に戻る途中、若者の友達の家を寄った。


家の外観は、泥でできていていかにも伝統的な感じだったけど、

中にはメッシ(サッカー選手)のポスターが貼ってあったりと今風だった笑


ドゴン族は、こうした古い建物やイベントの時にやる仮面ダンスが有名だが、

現代の生活は、他のマリ人と変わらないんだね。


↓仮面ダンスに使うマスク。

けっこう大きいのもあって、これかぶって踊るのは大変そう。

ガイドの子に「マスクダンスできるの?」って聞いたら「もちろん!」との事。

どうやら5月ぐらいがダンスのシーズンなので、運が良かったら見れるかもね。

逆に運が良くないと、なかなか見れないものらしいです。。




荷物を置かせてもらった宿に帰ってきても、ガイド君はガイド料とかは請求してこなかった。


連れてってもらう前に「お金払わないけどいい?」と確認はしているので、請求されたらされたでがっかりしちゃうとこだが、請求されないと、逆に申し訳ない感じもする笑


かと言ってやはりお金を渡す気にはならなかったので、

お礼にたくさんのアメと、ドゴン族が大好きというコーラナッツをいくらか渡すと喜んでくれたから良かったかな。


なかなか好感触なままに終わったカニコンボレの村でした。



子供たちも手を振ってくれたしね。





このまま次の村、テリまで歩いていきます。



旅中の宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。


--------------------------------
ランキングに参加してます。
現在18位とわりと上位でありがとうございます。
モチベーションアップになりますので是非ぽちっとお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:68.マリ, 17:47
comments(4), trackbacks(0), - -
Comment
崖に住んでるってなんだかすごいですね・x・いや過去形みたいですけど 悪くない意味で人間も動物なんだなって気がします・3・
ふ, 2013/06/01 11:11 AM
ピグミーは、日本の古墳にも住んでいたとかいないとか。。。
リアルタイムではいよいよスペインですね!サグラダファミリアなど行くのですか?ガウディのマンションなど、一度はこの眼で見たいと思っています。もし行ったら写真、楽しみにしてます!!
tomoca, 2013/06/01 12:43 PM
>ふさん
そうですねー。崖に囲まれていた方が敵がこないとかで安心できたのかも? 今でもレストランとかで座る時に、背中を通路に向けるよるも壁に向けてる方が安心できるって話がありますしねー。(本当かどうかはわからんですが)
oka, 2013/06/01 5:18 PM
>tomocaさん
へー日本とはまたずいぶんまでいきましたね。。
スペインなかなか楽しいです!バルセルナにも2週間後くらいに行きますが楽しみです〜。闘牛も見なきゃ!
oka, 2013/06/01 5:20 PM









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/760