RSS | ATOM | SEARCH
[リベリア]アメリカ真似しすぎ!
アフリカの小国リベリア。

日本にいる人は、この国の存在すら知ってる人は少ないかもね。

ってか自分も日本にいる時は知らなかったと思うけど。。



そんなリベリアは、奴隷貿易でアメリカに連れて行かれた奴隷が、

「解放」され、アフリカに帰ってきた人々が作った国である。


とは言っても、そこには先に住んでた人たちもたくさんいたので、

「解放奴隷が作った国」って言うのもなんか違う気がするけど。


リベリアの国名、LIBERIAもラテン語の「自由」って意味からつけられたみたい。


まぁリベリアの歴史についてはWikipediaを見てもらった方がいいかな。





で、そのリベリアは、アメリカからの解放奴隷が建国ってことで

ちょこちょこ「アメリカに似てる」とこがあるリベリア。


そんな部分をちょろっと紹介。



まずは国旗。

比較して見るとわかりやすいので、まずはアメリカの国旗↓




まぁよく見る国旗ですね。



んで、切手の絵だけど、これがリベリアの国旗です↓



もうほぼ同じっていう笑


51州あるのを表しているアメリカの星の数と違い、リベリアのは星1個。

帯の数も、アメリカは独立当時の13州(入植地)を表した13本だがリベリアは11本。

と言った違いはあるがデザインとしてはもう一緒だよね。


いくらアメリカからの解放奴隷が作った国とは言え、アメリカと違う国旗にしようとは思わなかったのかね。。


↓町中にあった壁画?ってかペイント。

国旗が似すぎてるせいでアメリカにしか見えない。。



こちらも。



国旗が似ているってのは、入国前からわかっていたことなんだけど、

実際に入国してみると他にも似ているものがちらほら。。




まずはスクールバス。


↓これがアメリカので



↓こっちがリベリア



似てるってかほぼもう一緒だなこりゃ。。

ってもしかしたら、アメリカの中古車がリベリアに流れているのかもね。。




次はTAXI。

↓ニューヨークのタクシーは「イエローキャブ」とか呼ばれるように、黄色いね。



↓リベリアのタクシーも当然のように?黄色かった。。

しかも数が多いのも一緒。



次はお札。

↓こちらはアメリカのお札で



↓こっちがリベリアのお札。


全体的なバランスも似ているが、右真ん中らへんの「ONE」とか「TEN」ってデザインがかなり似ているので、これもやっぱり偶然じゃなくて似せて作ったのだろう。。

ちなみにリベリアのお金の呼び方も「リベリアンダラー」です。





さらに町中にはたくさんのマクドナルドが。。。


とはさすがにならなかったが、

「McDONALD ST」なる通りはあった笑



とこんな感じでいろんなとこでアメリカのパクリを見ることできた。。

言葉も英語をしゃべるしね。

ただなまり?がすごくて何言ってるのかようわからんが。。



こうして実際に訪れてみて初めてわかることってやっぱあるよね。


思った以上に楽しめたリベリアでしたー。


滞在は短かったけど、もう次のシエラレオネへと向かいます。




旅中の宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。


--------------------------------
ランキングに参加してますー。
モチベーションアップになりますので是非応援クリックヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:62.リベリア, 19:16
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/739