RSS | ATOM | SEARCH
[レソト]レソト入国早々。。。野宿。
南アフリカからレソトに入国。

次のモコトロンの町までの車を4時間待ってようやくゲットし、

日が落ちることにやっと到着できた。


モコトロンでは

ロンプラに載っていた目当ての「GROW」とかいう宿に向かったのだが、

学生の団体が泊まっていたからか「満室で泊まれない」との事。。


この時点で夜8時。

他の宿がどこにあるか知らんし、何度も

「庭にテント張らせてくれ」

だの

「この教室みたいなとこで寝かせてくれ」

ってお願いするも寝かせてくれず。。

↓そこにいた学生みたいな人たち

あっちも「困ったなぁ。。」みたいになってきたけど

こっちも切実である。。

すると、「他の宿を紹介するから。。」

って事で紹介され、しかもその辺の車を捕まえて送ってくれることになった。

ありがたく車に乗っけてもらったんだけど、

車には運転手と他に3人の男が乗っている。。

周りはもう真っ暗だ。。


南アフリカやタンザニアなら、

この状況は絶対にやば。。。

人気の無いところに連れてかれて身ぐるみはがされる典型的なパターンじゃないか。。




ドウスル。。。?




って思ったけど、結局そんな心配は無意味で

あっさり別の宿に連れて行ってもらえました笑


旅を長くしていると、人の好意でもなんでも

「これは裏があるに違いない。。」

って疑っちゃうんだよね。

まぁ疑わないといけない場面は確かに多いんだけど、

こうしたスタンスは現地人との触れ合いも減らしちゃってるので難しいところですね。。





さて、連れてきてもらった宿なんだけど

値段を聞くと200ランド、約2000円と高い!!

せめて2000円に似合うクオリティの宿ならまだしも

ぱっと見500円の安宿みたいな感じじゃないか。。。

一応値下げ交渉してみるも全く交渉の余地なし。。。



「こんなところに2000円も払ってられるかー!」


ってことで、野宿決定!!


昨日のドラゲンスバーグで待望の?野宿をしたわけだけど


まさか2日連続で野宿することになるとは。。


しかもここは町中である。

町中にいきなりポツンとテントがあったら目立ってしょうがない。


とりあえず

街灯の無い、真っ暗の中ちょっと歩いてみると

作りかけの家なのか、周りをブロックで囲んだだけの家があった。


ちょうど良い感じに周りからの目隠しになってそうだったので

そこにテント張って寝ることに!


けっこう良い感じの場所が見つかって良かったよかった。


でも夜中車の通る音とか、人の声でけっこうドキドキして寝れなかったけど。。




夜は全然気づかなかったけど、


テント張った場所は実はわりと大通りに面していて、しかも

外からはしっかり丸見えだったという。。。笑


さらに学校の通学路になっているようで、

たくさんの子供から見られてました。





結果的になんも問題はなく朝を迎えれたし、話のネタになるからいいんだけど

こういうのは何回もするもんじゃないかな〜って感じだね。


とりあえず無事でよかったです。

HP内「ナミビアレンタカー」のページを作成しました。

詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。


--------------------------------
ランキングに参加してますー。
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:50.レソト, 07:21
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/613