RSS | ATOM | SEARCH
[モザンビーク]首都マプトの町並み
トーフからぼったくりバスを乗車拒否し、完全にローカルのバスで到着した首都のマプト。


とりあえず町をふらふら歩いてみる。


マプトに入る前、

友達の友達がマプトで強盗に襲われてバックパックを奪われた!

って言う話を聞いていたので、


もちろん緊張せざるを得ない。。。


確かに、中心地の商店なんかはみんなしっかり鉄格子でガードされているし、

歩いている現地人もなんとなくすさんだように見える。。


かと言って宿に引きこもってるわけにもいかないので

とりあえず人通りの少ない道は避け、大通りをひたすら歩いていく。

大通りなら人も多いし、ちょこちょこセキュリティの人も立っているしね。

で、結果的にもちろん襲われることなく帰ってこれました。



マプトでまず訪れたのは

あのエッフェル塔を設計したエッフェルさん


これまた設計したというマプト鉄道駅だ。

エッフェルさんがなんでまたモザンビークの鉄道駅をデザインしたのかわからんけど

たしかにここだけ圧倒的にかっこいい建物になっている。


内部の作りも、鉄がいっぱい使われて?

なーんとなく??オシャレな感じにも見える。。

まぁそれは「エッフェル」っていうネームバリューがそうさせてるんだろうけど。



ポルトガルの支配下だったからか?

町中には他にもオシャレな建物が目立つ。

こんなカラフルなビルだったり。


こんな四角いデザインがいっぱい入った建物など。



アフリカなんて

「デザインよりとにかく実用性」

って感じだと思ってたので、ちょっと意外な感じ。



まぁ完全にローカルな感じのエリアでは

建物も人の雰囲気もいかにもアフリカって感じだけどね。



そーそー、

モザンビークは昔社会主義政策をとっていたみたいで、

通りの名前には他の社会主義国の要人の名前がつけられた道路がある。

まず見かけたのは

「毛沢東通り」

現地人が毛沢東の事をどんだけ知っているのか知らないけどさ。


他には同じく社会主義国ベトナムより

「ホーチミン通り」

なんてのもあった。


ただ、これこそ社会主義の大ボス?、旧ソ連の

「スターリン通り

なんかは見つけられなかったな。。。

多分あるんだろうけど。



町中の看板なども、社会主義チック。

この赤い星なんかがそんな感じだよね。



中心地?にはこんな立派な教会もある。

モザンビークって、内戦やらなんやらで国力が疲弊、

全然お金の無い国かと思ってたけど、

こうしたマプトの町を歩いていると、

確かに「活気」という点ではケニアやタンザニアにはおとるけど

こうしたちょっとオシャレな感じの建物が多く、落ち着いた雰囲気で個人的にはけっこう好きかも。



と言ってもそこまでやることもないので

1日で次のスワジランドに向かっちゃうけどね。





<マプトで泊まった宿>
・BASE BACKPACKERS
ドミ350MTS(1050円) テント泊無し キッチンつき WiFiなし
他には「FATIMA'S PLACE」が有名だが
ドミ500MTS(1500円) テント泊400MTS(1200円)と高い
キッチンつき WiFi有料



HP内「ナミビアレンタカー」のページを作成しました。

詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。

--------------------------------
ランキングに参加してますー。
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 

昨日は9人の方に押してもらえましたー。
ありがとうございます。
author:oka, category:47.モザンビーク, 07:27
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/606