RSS | ATOM | SEARCH
[ジンバブエ]ハラレでモザンビークビザ申請
グレートジンバブエを見た後は

ジンバブエの首都、ハラレに移動。


ハラレに来た理由は「モザンビークビザを取得」するため。


ジンバブエの後はモザンビークに行く予定なのです。

このモザンビークビザ、

実は事前に取得しなくても国境(ムタレのとこね)で14USDと

大使館で取るよりも安く済むという話を聞いていた。


だがこの「国境で取れる」っていう情報はちょっと古いのだ。。

もし取れなかったり高額な値段を要求されたらめんどいので

無難に大使館で取ることにしたけど。






ハラレに着いた翌日、早速モザンビーク大使館へ。

モザンビーク大使館は街中近くにあり、大きいビルにもなっている。

モザンビークってそんな立派な国だったか??って感じだが。。(失礼)

早速中に入りビザを申請する。

特に何の問題もなくあっさり申請完了!

受取は2日後で値段はシングル25USDでダブルなら50USDでした。

マラウィで取ると50USD近くするのでまぁ良かったかな。

ちなみにモザンビークビザは取る場所によって全然値段が違うので注意。

他には南アのケープタウン、ダーバンで25USDで取れる。

スワジランドの大使館では「国境で取れ!」と突っぱねられ、国境では85USD近くも請求されるようなので注意。。

上に書いた、ムタレからの国境は、後日通った時に聞いてみると8USDで取得できるとのことでした。(2012年8月)

まぁビザ情報は変わりやすいので参考程度に。




とりあえず一仕事終わったので

あとはハラレの町をふらふらする。

観光地としては特に見所もないんだけど

ザンビアのルサカやマラウィのリロングウェと比べるとはるかにビルが多くて都会な雰囲気。



町中心近くには大きな公園もあって憩いの場?になっている。

南半球で季節的には春にあたるからか、けっこうたくさんの花が咲いていて歩いているだけでもなかなか気持ちが良かった。



ふらふら歩いているとKFCならぬ「AFC」ってのを発見。

African Fried Chickenってわけですね。

しかもFree WiFi完備笑

まぁメニューはそこそこ高かったので食べてはないんだけどね。



ジンバブエではそーいや現地の人と話したりする機会はあんまなかったような。。

カメラぶら下げて歩いた時にちょっと声かけられて写真撮ったぐらいだなー。

「チーノ!」だの「チンチャン!」だの言われることもなく、

まぁ都会になってきたってことだね。



モザンビークビザを無事に受け取ってからいざモザンビークへと向かう。




モザンビークは南部アフリカでも発展が遅れている国、

よく言えばまだまだ素朴な国なイメージだ。

物価が高かったり、バス乗るときに荷物代を請求してきたりとバックパッカーにとっては悪いイメージもあるけど楽しみです。



<移動>
マシンゴ→ハラレ
大型バスで8USD、8時間半もかかったがミニバスなら4,5時間で着くみたい。。

ハラレ→ムタレ
ミニバスで8USD、3時間半。飛ばしまくりでかなり早く着いた。

ムタレ→モザンビークまでの国境
乗合タクシーで2USD

<ハラレで泊まった宿>
・IT'S A SMALL WORLD
テント泊7USD(560円) ドミ14USD(だったかな?)


詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

ビザ情報、移動情報などの
「一人情報ノート」も更新してます。

--------------------------------
ランキングに参加してますー。
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:46.ジンバブエ, 14:24
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/592