RSS | ATOM | SEARCH
[ザンビア]ヴィクトリアの滝!!
ルサカからリビングストンに移動。
(移動情報、宿情報は下で)

リビングストンは言わずと知れた

「ヴィクトリアの滝」

への拠点となる町である。


ヴィクトリアの滝は世界三大瀑布のひとつだし

実際に見るのをかなり楽しみにしていた。


早速そんな滝を見に行く。

ヴィクトリアの滝入場口。
世界遺産なんだね。

ちなみに入場料は約20USD。
現地人は1.5USDみたい。。

今回訪れたのはザンビア側。
ジンバブエ側は30USDみたい。

入場口から入り、滝の見えるとこまで歩いていく

滝はまだ見えないが

「ザザッーーー!!」

っていう滝の音は聞こえている。



すでにここを訪れた旅行者から

「水しぶきでずぶ濡れになった」

とか

「カメラが壊れないように袋でガードしまくった」

って話も聞いてたし、

実際に写真でもすごそうだった。


さぞかし大迫力なんだろう。


ほぼ使ったことのないカッパをバックパックの奥底から引っ張り出してきたしね。


そうした期待でテンションも上がっていく。




そんな滝にようやく到着!!





これがヴィクトリアの滝だっ!!!

















ん。。。??


























あれ。。。???























なんか。。。水が少ない???














訪れたこの時(8月)は乾季なので

雨季に比べると水は少ないのはわかっていたが、

こんなに少ないとは思わなかった。。。



いや、写真だとうまく伝わらないのだが、


一言で言うと


「ガッカリするぐらい」


である。。


上の写真もまだ水が多いところを撮ってるし。。




滝を見た第一声は


「おっーー!!」


ではなく


「あぁ。。。」


だったし笑




もちろんカッパなんか使う機会なんかない。



いや、オレが勝手に期待しすぎてただけかもしれないが


残念ながらその期待に答えてはくれなかった。。。




「虹がかかっててきれい」

って話も良く聞いてたが、

下の方にちょこんとあるぐらいだったし。




こっちは多少いい感じだけど

滝に迫力が感じられない。。



って感じで、

アフリカ入った時からずっと楽しみにしていたヴィクトリアの滝だったが

自分にとってはなんとも期待外れになってしまった。。



だけどこれは完全にシーズンの問題なんだけどね。

下は土産物屋で売ってた写真なんだけど

水の多い時期にはこんな感じになるのだろう。



他の旅行者の言ってた通り

ずぶ濡れになったり、前が見えないぐらいとかなんだろうね。


んー、自分も滝を体全体で感じられる時期に来れればよかった。。


もったいない事をしたかな。


ちなみに滝は午前中早い時間に行くと写真が完全に逆光になるので、

太陽の高い昼から昼過ぎぐらいがちょうどいいかなと。


さらにちなみに、

後日ジンバブエ側からも滝を見たけど、

ジンバブエ側からならかなりの迫力だったので

乾季ならジンバブエ側から見るのをオススメします。


あと、乾季のザンビア側なら

「デビルズプール」とか言う、

滝が落ちていくとこまで歩いていけるツアーがあるみたい。

自分は行ってないけど、行った人はみんな良かったって言ってるね。



ジンバブエ側からみた滝の様子はまた後日の記事で。

<移動>
・ルサカ→リビングストン
大型バスで90000クワチャ、7時間。
1日何便もあり。

<リビングストンで泊まった宿>
・FAWLTY TOWERS
テント泊40000→25000クワチャに値下げ(400円) ドミ50000クワチャ(800円)

他にJOLLEY BOYSやLIVINGSTONE BPがあるが、
FAWLTY〜が安いしのんびりしてて良いかと。

詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。

--------------------------------
ランキングに参加してますー。
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
author:oka, category:44.ザンビア, 09:03
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/581