RSS | ATOM | SEARCH
[ザンビア]ルサカをふらふら
ザンビアの首都ルサカ。

見所が特にない町なので、ここをそのまま通り抜ける旅行者も多い。

が、せっかくなので一応ふらふらしてみる。


ちょっと歩いてみると

けっこう立派なショッピングモールがあったり

銀行のビルもあって都会にも見えるが

実際はビルの数は少なく、マラウィから一気に物価は上がったけど

町並みとしてはそんなに変わらんかなって印象。


この日はちょうどサッカーの韓国との親善試合があったようで

町中にはザンビアのユニフォームを売っていたり、

実際にきている人がたくさんいた。

ザンビアでもサッカーでもサッカーは人気なので。

ちなみに試合は2−1で韓国が勝ったみたい。


絵がいっぱい書かれたアフリカらしい店。

ちなみに一般の女性は髪がちりちりすぎて、絵みたいな髪型には絶対ならない。

なのでみんなカツラとかストレートパーマとかをかけてるみたいだね。

アフリカ人がオシャレするには大変みたいです。





って感じで宿を出て2時間で町歩きはさっさと終了してしまった。。


宿に帰ってパソコンでもいじってようかな?

って思ったら、ちょうど日本の旅行者が到着。

その人が「カプワタ文化村」だかに行くってことで暇だしついていってみた。


文化村は、まぁほとんど土産物屋って感じだったけど

その周りに住んでる子供がいっぱい遊んでたので楽しかった。


足元にくっついてきた子。



アフリカの子らしさが出てるね。


初めてだけどカメラを下から上に向けて

子供がカメラを覗き込むような感じを撮ってみた。

子供たちに囲まれるので暗くなっちゃうね。

この時はすぐ子供がいなくなっちゃったので1枚しか撮ってないけど

また上手く取れるようやってみたいね。





子供を撮ってると1人の少年が話しかけてきた。

「日本で一番輸出している製品はなに?」


「は?」

いきなりの質問でどういう英語で言ってきたかは忘れたがこんな事を聞いてきた。

「。。。なんだこいつは??」

と思いつつも

「そりゃあもちろん車だよ!」と答えてあげる(実際は車か知らんけど)


すると聞いてんだかどうかわからんまま、すーっといなくなった。



で、またふらふらしてたらまた近づいてきて


「日本には化学工場はいくつあるの?」


とか聞いてきた。。


一体何が聞きたいんだ??


って感じだが、質問の内容は関係なく

とりあえずオレと話したいんだな〜って気づいたので

ちょっと座って話でもしてみる。



いろいろ聞いてみると、

英語ぺらぺらなその子はまだ10歳。

英語は学校で学んでるそうで、フランス語の授業もあるがフランス語は苦手なようだ。

他にも学校とかクラブとか兄弟の話を聞いてみたが

10歳にしてはずいぶんしっかりしてて

試しに「将来の夢はなんなの?サッカー選手か?」

って聞いてみたら

「僕はエンジニアになりたいんだ!」

と。。。

ずいぶん現実的な考えの子ですな。。。



アフリカの子供って、自転車のタイヤ転がして遊んでるだけだと思ってたけど

こうしたしっかりした考えの子もいるし、

なにより学校教育もちゃんとしてるんだな〜と思わされたね。


小さい子と話をしただけだけど、いろいろ気づく事がありました。

その子とその姉妹と。


とゆーわけで、文化村訪問はなかなか楽しいかった。

最初は宿でパソコンしてようと思ったけど、

こうした外に出なければこうした出会いもないし写真も撮れないよね。


最近、アフリカにも慣れて(飽きて?)きて、

出不精になってきてるけど、やっぱり色々出歩かないとね。




<ルサカで泊まった宿>
・FLINT STONES(旧KUWAN BOKA)
テント泊2500MKW(400円) ドミ4000MKW(640円)

周辺にも似たようなBP宿3軒あるが、ここがBTから近いしいいかと。

詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。

--------------------------------
ランキングに参加してますー。
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:44.ザンビア, 16:58
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/579