RSS | ATOM | SEARCH
[タンザニア]ぐーたらなヌングイの日々。
ずいぶん間が開いちゃいました。


リアルタイムでは


スワジランドにいます。


けっこう期待して入国したものの、

ずっと雨が続いていて何もする気が起きない。。

このまま南アフリカのダーバンに移動しちゃいそうです。




さてじゃあブログの続きを。


ってタンザニアってもう2ヶ月も前の話だ。。


さっさと追いつかせねば。。




えっと、

ヌングイでの滞在は快適そのものだった。



いろんな要素があるんだけど、

まず宿の居心地が良い。


ヌングイはザンジバルで一番リゾート地っぽい雰囲気で

基本的に宿代が高いのだが、

教えてもらった「マゴロゴロ」という宿は

テント泊が可能で約6ドルで宿泊可能。

これはザンジバルでは破格に安い!

しかもテントはバンガロー内に張ることができて、

周りにはコンセントがたくさんあって電源には困らない。

さらにはマットや枕、シーツも貸してもらえるので

部屋で寝ているのと変わらないぐらい快適だ。


すぐ隣にはハンモックもあるので毎日午前中は

ここでのんびり本を読んだりしてすごした。

たくさんの旅系の本をパソコンのデータで持ってたのを一気にたくさん読んだな〜。




そして、

キッチンがかなり充実していて、

ガスを使ったコンロ、冷蔵庫、各種調味料類、

さらに炊飯器もある!


炊飯器があるのはキルギスの南旅館以来か?


簡単にご飯が炊けるので毎日自炊。


また、海沿いでは取れたての魚が売ってるので

刺身で食べるためにイワシを購入したり。

1匹20円ぐらいとなかなか安いね。


素人ながらもさばいてみたイワシがこちら。



これにしょうがをすったしょう油につけて食べた。


もちろんうまい!!


すげー日本食的な食べ方ができて大満足。





あとは昼間やってたのは、

ビーチでのんびり寝て本を読んだりとかかな。


ちょうど、ずっと読みたかった

ダライラマの自伝

を手に入れたので読んでみたり。

ビーチとダライラマなんて全然合わないけど笑

ちなみに本の内容は、

もちろん良かったです。

この内容についてはまた別の機会に書きたいかな。




そーいやヌングイに滞在中、


結局1回も海に入ってないや。。。


あんまり海で泳ぐ、ってのもしないんだけど

なんか毎日午前中は曇ってたりで海に入る気がしなかったんだよね〜。

毎日「明日は入ろう」とか思ってたら結局入らなかった。

やっぱりあとまわしはダメだよね。



で、

夕方には毎日の恒例となっている夕日を見に行く。


このためにヌングイに滞在してるようなもんだ。


海と夕日

本当に好きな風景だな〜。



で、このヌングイには結局10泊した。


正直、まだまだいくらでも滞在できたが

さすがにキリがなさそうだったので

旅友のみっちゃんが出るタイミングで泣く泣く?一緒に出ることにした。



いや〜ほんとヌングイ良かった。


ストーンタウンで1泊したあと、

ダルエスサラームに戻ることに。


事前に、次ののフェリーの運行状況を確認しに

チケット売り場に行ってみるとなんか雰囲気が違った。


なんと、前日にフェリーが転覆、沈没してしまったそうだ。。


で、多くの方が亡くなってしまったそう。。


しかもその船は、自分がザンジバル島に来る時に利用した船(SEA GULL社)だったようだ。。


なんとも残念ですね。


亡くなった方々のご冥福をお祈りします。



そんな事故のあった直後なので、ちょっと緊張したが

翌日の船(FLYING HORSE社)でダルエスサラームに無事に帰れました。



結局、ザンジバル島には3週間の滞在。

最初は1週間のつもりで行ったんだけどね笑


いや、でも本当に楽しかった。


必ずまた行きたいと思えるザンジバルでした。




--------------------------------
更新が不定期ですが、またお願いします!

1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:42.タンザニア, 01:21
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
わーい☆
ネットし放題でござる>ω<
rin*, 2012/09/15 10:40 PM
携帯からは実はかなり高いので、
昔のパケット通信みたいに画像表示なしでやったりだよー。
oka, 2012/09/17 1:16 AM









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/560