RSS | ATOM | SEARCH
[コンゴ民主]ワイロ要求の嵐。。。
カウチサーフィンで現地の人の家に泊めてもらったブカブの町。

正直見所もそんなないし、

何泊もさせてもらうのも気が引けるので

1泊だけで次のゴマの町に移動することにした。


ブカブとゴマは、ちょうどキブ湖の南と北に位置するので

湖を縦断することになる。

車だと、かなり遠回りをしたり、
未舗装の道を通ったりとずいぶん状況が悪いみたいなので

船で移動するのが一般的なようだ。


ブカブ、ゴマ間の船は何種類か出ていて、
50USDの高速ボートもあれば
10USDの夜行フェリーもあるようだ。

最初は10USDのフェリーで行こうと思ってたけど、
カウチサーフィンで泊めてくれたオリビアさんが

「ひどい船だからやめた方がいいよ」

との事。。

確かにローカルがぎゅうぎゅうに乗った「難民船」みたいだと聞いたことがある。。

正直、そんな辛い移動は嫌だが、
それはそれでコンゴの思い出になるかな?

って感じだね。

とりあえず船着場へ船の状況を確認しに行く。

もちろん、お世話になっているオリビアさんの車でだ笑


すると、
ちょうどもう出発!

っていうそこそこ速そうなボートがあった。
DRCongo 097.JPG

値段を聞いてみると
25USDとの事。

多少高いが、確認したら10USDの夜行フェリーはこの日は無かったので
これでゴマに向かうことに。


急だったけどこんな旅行者を泊めてくれたオリビアさんに
別れを告げ、いざ出発。



と、その前にコンゴらしい出来事が起こる。。


コンゴ民主では、州をまたぐ際にもDGMとかいう移民局の
パスポートのチェックがあるのだが
ここで金を要求されるのだ。。

一体なんの金だ??

って感じだし、意味不明な金なんか払いたくないのだが、

これを拒否し連行され投獄、

最終的に国外追放されるというハメになった旅行者に会っているので

なるべく穏便に済ませたいところだ。。


とりあえずパスポートチェックの列に並んで様子を見る。

すると、現地人がみんな係員に500フラン渡しているではないか。。

40円くらいね。

係員に金を払うのがこの国では当然なのだろう。


自分も、

下手に「10USDよこせ!」とか言われるよりは

先に500フラン渡した方が得だと考え

(意味不明な出費なので得なのか??だが・・)

手に500フラン札を握り順番を待つ。。


そして自分の番がきた。

ここで

パスポートよりも先に金を渡してみた笑


この行為がちょっとウケたみたいで、

係員は笑いながらフレンドリーに対応してくれた笑


ってわけで500フランで問題なく通過できた。



だが船に乗り込む時にも
警察に金を要求された。。

オリビアさんが
「この旅行者はお金持ってないんだよ」
みたいに話してくれたようだが

警察は聞く耳持たず。。

結局、オリビアさんが代わりに金を払ってくれた。。


最後までオリビアさんにお世話になったなー。

本当に助かりました。



で、今度こそ出発!

コンゴ民主の国旗をつけたボートはぐんぐん進んでいく。
DRCongo 102.JPG

乗客はちゃんと救命胴衣をつける。

写真撮ってないけど自分も着てます。
まぁ撮る必要ないか。
DRCongo 108.JPG

キブ湖はけっこう大きい。
DRCongo 110.JPG

出発して4時間でゴマに到着。
DRCongo 117.JPG

到着して、乗客が次々降りていく中、

自分だけが呼ばれてDGM移民局のオフィスみたいなとこに連れてかれる。

この時点で、
あぁ金を要求されるんだな
ってのがすぐわかるね。

「パスポートを見せろ」だの

「ゴマに来た目的はなんだ?」だの

それっぽい事を聞かれ、最後に言ったのが


「OK!5ダラーだ!!」



予想通りの金の要求笑



「OKじゃねーよ」と思いつつ、

予想通りすぎる展開で逆にちょっとウケたけど。。笑



「5USDなんか払うわけねーだろ」と言いつつ、

でも完全に払わずにメンドウなことになっても嫌なので

さっきと同じく500フランを握らせ

スタスタその場を立ち去る。


なんも言ってこなかったので問題なかったようだ。



ってかなんも言ってこないってことは

つまり不当な金の要求だったって事だね。


バスに乗って正規運賃が5ドルって言われて、
いやいや1ドルでしょって1ドルしか払わなかったら
いやいやちょっと待てよ って話になるけど

そうならないって事は不当に金を請求してるって事だもんね。


この国では役人が金を要求するのが
本当に普通の事なんだろうね。。。



「日本の常識は海外では通用しない」


ってのはわかるが、

こんな

国の役人が金を不当に取ろうなんてのは
絶対的に腐ってると思う。

そんな腐った国、コンゴ民主。


役人がそうだからか、一般人もそんな感じになってしまったのか

ゴマの港から町に向かう途中、

木で作ったバイクみたいな荷台があったので写真撮ろうとしたら

近くにいた子供たちが

「マネー!マネー!!」

と手を出してきた。。


ほんと、がっかりこの上ないね。。。

DRCongo 119.JPG

そんなゴマの町だが、

とりあえず夕日だけはキレイに見えました。
DRCongo 121.JPG

ゴマの町には数日滞在しようと思いますー。


--------------------------------
ネット環境がもどったのでまとめて更新中!
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:40.コンゴ民主, 00:36
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/534