RSS | ATOM | SEARCH
[南スーダン]水はすべてナイル川から。。未整備のインフラ
1年前にスーダンから分離独立した南スーダン。


しかし、独立はしたものの国としてはまだまだ未発展のようで


水道や電気と言ったインフラが全然整っていないのだ。



まず、電気。

自分が泊まったのはバスターミナル近くの宿だがここには公共の電気すらきておらず、

宿が使う自家発電によってまかなわれていた。


最初は自家発電もない宿に泊まっていたんだけど、

電気がなければ本を読んだりパソコンをいじったりもでいないのでこれは現代日本人には耐え難い環境。。って事で自家発電のある宿に移動した。

ちなみに南スーダンではマラリアの危険が高いらしく、扇風機はかなり重要なアイテムである。

なので電気のない宿では扇風機も当然ないのでそれだけマラリアのリスクも高まる。

「最安」ばかりを狙うのでなく、多少払ってでも電気のある宿を選んだ方がいいだろう。



夜は出歩いてないのでわからないが、

電気があるのはおそらく政府系の建物が立ち並ぶエリアと

マーケットっぽいのがある、多少栄えたエリアぐらいだろう。


首都のジュバですらこうなのだから地方の田舎に行くと全く電気がないんじゃないか??

って気がする。




で、水道。
水道は全く無しで水はすべてナイル川の水を汲んで使っているという状態だ。。


ナイル川では貯水タンクみたいのを積んだトラックに水が汲まれる。。

このトラックが町を走り、一般市民に水が配られるという

日本の戦後(知らんけど)みたいな状態なのだ。。

ナイル川。。。
そしてそのナイルの水は茶色で明らかにこれは飲めないだろ。。
って色をしている。

宿に置いてあるバケツの水を見てもそんな感じだ。

トイレの水として使うのならともかく、
料理にも体を洗うのも歯を磨くにもこの水を使う。。


この水で調理された料理をいくら現地人が食べているとは言え、
日常的に食べている彼らと旅行者の自分とでは抵抗力が違うだろう。

さすがに加熱されているとは言え、腸チフス等の病気にはなりたくないので
食べ物はウガンダから持参したパンや、水を使う必要のない肉の串焼きなどを食べていた。



シャワーももちろんこの水を使う。

こんな水で洗ってもむしろ汚くなるんじゃないか??

って感じでなのだが、いかんせん南スーダンはかなり暑く毎日汗だくになっているのでシャワーを浴びずにはいられない。

まぁシャワーと言ってもバケツの水で「行水」って感じだけど。

意を決してこの水で体を洗うと、一応さっぱりできた。


水は汚いけどまあ気分の問題かな?





日本で生活していると
「水道や電気など当然のようにある」んだけど、上下水道の設備とか、よく考えるとかなり大掛かりな設備だ。

各家庭に行き渡り、トラブルもほとんどなく水も電気も使えるってのは逆にすごいことなんじゃないかと思える。

まぁ田舎の水道水は、蛇口からでるものの井戸水なんだろうけど。

それにしても大きな工事が必要だろう。



今のジュバには水道がない。

水道をゼロから作るにはそこら中の地面を掘り返し、パイプを張り巡らせと、かなりの工事が必要になるだろう。


町の規模としてはすでにそれなりに大きいジュバで
いまから水道を作るのはかなり大変だ。。。


ってこともあり、南スーダンでは首都をジュバから違う町に移すって話もあるぐらい。

まぁ長期的にみたらそっちの方がてっとり早いかもね。




で、そんな南スーダンには各国からの援助は多いようで
UN(国連)の車が町のいたるところで見かける。

国連がいるってことは、紛争やゲリラなどの治安的な問題も多いってことなんだろうけど。。






町を適当に歩いていると、小さな橋だが日本の国旗が描かれた標識があった。

「この橋は日本の協力で造られました」ってことだね。

自分は日本人ってだけで全く関係ないんだけど、こうした看板を見ると多少はうれしいね。


さらにふらふら歩いていると、偶然JICAの事務所を見つけることができた。
独立前のスーダンの状態からJICAはあるのだろう。
ってことは青年海外協力隊員もいるんかな??


南スーダンの何を援助しているのか?と
南スーダンでのJICAの活動内容をちょっと伺ってみたく、

アポなしでいきなり行ってみたが

「現在事務所には手の空いている人がいない」って理由で話を聞くことができなかった。。


まぁでもこんな旅行者の相手をする暇な人がいない、

つまりみんな忙しく仕事しているって事なので

それはそれで良い事なんだろうけどね。



ちなみに現在南スーダンには日本大使館は無い。


旅行者の自分はそれを知っているし、
なんかあったときに大使館に駆け込めないってのは理解してるしいいんだけど、

JICAの職員などここに滞在している日本人には日本大使館がないってのは不安じゃないのかな??

って気がする。

そーゆー話とかいろいろ聞きたかったんだけどなー。

JICAの活動自体興味があるので
協力隊員の多いという東アフリカでそうした機会に恵まれるといいなと。


ちょっと話がズレたかもだが

こんな感じですー。
--------------------------------
昨日は8人の方に押してもらって45位でしたー。
ありがとうございます。
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:38.南スーダン, 16:38
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
壮大な旅ですね〜

友人のどさんこも、いま隊員としてガーナでがんばっています。友人の活躍にも、Okaさんの行動力にも、パワーもらってます。

がんばれどさんこ in Africa!
さとみ, 2012/07/16 8:07 PM
こんにちわ!

数ヵ月後にガーナに行くつもりなので友達の隊員さんにばったり会うかもですね!


自分は特にがんばってないので、自分もがんばらないと〜!
oka, 2012/07/17 7:23 PM









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/516