RSS | ATOM | SEARCH
[マダガスカル]マダガスカルで食べ歩き!
マダガスカルの楽しみの一つに

「食」

は間違いなく挙げられるだろう。


マダガスカルは、元フランスの植民地だったって事もありご飯が美味しいと聞いていたけど、うわさ通り本当に美味しかったです。


マダガスカルに到着し、まず最初に食べたのが
その辺の路上で焼かれていたステーキ。
このステーキがいきなりかなり旨かったのだ!!

ただ肉を焼いただけではあるが、
ソースがちゃんとトマトをベースにして「作られた」ソースであり、
酸味のあるソースが肉とかなりあったのだ。



最初の食事で大ヒットだったマダガスカルの食事。

快進撃は結局その後もずっと続いたのだ。


マダガスカルはフランスの影響だけでなく、
アジアからの影響も強いようで、こうしたヌードルスープもよく食べられる。

海沿いでは魚介系のスープだったり、内陸では牛肉のスープだったりといろいろアレンジもある。

お気に入りだったのが、牛テール(しっぽ)がたくさん入ったやつ。
これが1杯500アリアリ(20円)と値段も安い。

朝ごはんの定番でした。

そしてフランスの影響の代表とも言える、フランスパン。
ただのパンではあるのだが、
もちもちしてるし、ほんのり甘みもあって美味しい。

そのまま食べても美味しかったのだが、
単純にレタスとトマトをはさんでマヨネーズをかけただけのサンドイッチ。
これもなかなか旨し。

こんなちょっとしたものでも美味しいってのはうれしいね。

これは再び中華風料理「ミサウ」とかいうあんかけ焼きそばである。

これも美味しかったのだが、残念ながら自分の苦手なパクチーがいっぱい入ってた。。

屋台や、夜の定番となっているのがこの串焼き。

どこに行っても牛肉の串は売られていて、
1本100アリアリ(4円)と激安。

アンタナナリボでは、牛串だけでなく、
えびとかホタテとか鶏肉とかいろんな種類の串も楽しめた。

特にえびはかなりぷりぷりして美味しかった。
素材が旨いってことですな。

海沿いの村での定番はこの魚のから揚げ。

取れたての魚をただ揚げたってだけだが、これもなかなか良い。
島国、マダガスカルって感じ。

日本ではなかなか食べないような種類の、いかにも熱帯魚って感じの魚もあったり面白かった。

いろんな種類を食べてみたけど、揚げちゃえばみんなそれなりに美味しくなるもんだね。


美味しかったのは食事だけでなく、ちょっとしたお菓子も。

ナッツをキャラメルソースで固めたやつ。
どこかでも食べたことあるけど思い出せない。
キャラメルの控えめな甘さと、ナッツの食感が最高の組み合わせ。

こちらはチーズケーキ風、なゼリー笑

あんまり期待はしなかったけどそれなりに美味しかったです。


マダガスカルはカカオも生産しているようで、
そのカカオを使ったチョコレート屋があったので行ってみた。

チョコ好きなんだよねー。

けっこうちゃんとした店だったので、高いかな〜?と思ったけど10個くらいで150円ぐらいだからまぁこんなもんか?

ここはチョコレートだけでなく、
チョコを使ったケーキも置いてあった。

このケーキを食べたんだけど、上品な甘さとフルーツの感じがかなり美味しかった。
1個120円ぐらい。

他にも何種類もケーキがあって、結局3日連続通ったなー。

歩き方にも載っているけど「Rebert」みたいな会社です。
自分が行ったのは「ホテル デュルーブル」と「ホテル イソラカ」の間にあった支店です。



ボキャブラリーがあまりないので、
あまり上手く伝えられなかったが、マダガスカルの食事はなかなかでした。






が、これだけじゃないのです。








マダガスカルでは本格フレンチが「格安」で食べられるのです。。






普段は節約パッカーなのに、調子こいてフランス料理食べてきました。







内容は次回で!



--------------------------------
ランキングに参加してますー。
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:36.マダガスカル, 14:15
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/499