RSS | ATOM | SEARCH
[エチオピア]バンナ族の集まるカイアファール
久しぶりの更新です。

マダガスカルのイファティのビーチで1週間のんびりしてましたー。

大人も子供も毎日夕方にはビーチで遊んでるっていう、ローカルな感じが良かったです。


マダガスカルにはあと1週間滞在します。


早くブログをリアルタイムに追いつかせんと。




じゃあブログの続きを。


ディメカのマーケットを見終え、次の日はカイアファールに移動する。


前日の夕方、宿の目の前にバスが止まっていたので
聞くと

「8時に出発するよ!」

って言われたので
それに乗ることにする。



が、当日
午前5時、、もちろんまだ暗い中


ブー!ブーー!!ブブーーー!!!


とクラクションとエンジン音が聞こえる。

これは明らかに


もう出発するぞ!!


っていう合図。。。



おいおい、8時出発じゃないのかよ。。


と思いつつ起きちゃったのでバスの様子を見に行くと
やはりもう出発直前といった様子だ。。。



確かにエチオピアのバスはいつも朝5時とか6時に出発してるんだけど
これは油断した。。。


自分一人ならすぐに荷造りして乗れるんだけど、


今は7人で行動している。。。(過去最多)


たぶん何人かは同じように起きているだろうけど、
寝ている人もいそうなので、バスはあきらめて
昼間通りがかるバスかなんか捕まえればいいでしょ!

ってことで。


で、8時くらいから
車を待ったんだけど、


一向に車が来る気配がない。。。


1度、
「一人70ブル(350円)で乗っけてやるぞ?」
みたいなやつが現れたが、

「高いよー!50ブルでどう?」


と言ったらそのまま行っちゃった。。。


その後は全然車が来ず、

結局6時間後の午後2時にようやくミニバスが来た!!

これはもう必死で席をゲットしたいとこだが、

そんな状況を察してか、

ドライバーが
「一人200ブル(1000円)だ!」
とかぼったくってくる。。。さすがエチオピア。

「フロントガラスのところに
45ブルって書いてるじゃねーか!!」


って言っても結局80ブルまでしか値段が下がらなかった。。。


それでも高いのだが、
さすがにもうこれ以上待てないのでそれで乗ることに。


あー最初の車に乗ってればこんなことにならなかったのにね。。。


まぁたまにはこんなこともあるでしょー。





そんなこんなで到着したカイアファール。

翌日の木曜日はマーケットの日である。


ここでは「バンナ族」という人たちが集まるマーケットだ。

マーケットに行ってみると、
いるわいるわバンナ族。

だが最初はおそるおそるなので後姿を撮ったり。。

様子を見ていると
そんなに写真にうるさくなさそうだったので
堂々と?正面から撮り出す。



バンナ族の女性。
スカートとかビーズの感じとか、
先日見てきたハマル族と似てるね。

バンナとハマルは住んでいる場所の違いぐらいで、だいたい同じなんだそうな。

でもバンナの方が服をきたりとハマルよりも現代人っぽくなっているね。

頭に土かなんかをつけて固めているのは
やはりハマルと似ている。
首につけている「第一夫人の証」も一緒ですな。

でもやはり服を着ているし、
サンダルを履いていたりと、やはり現代人っぽい感じだ。

こちらは男性陣。
やはりハマル族みたいにビーズでつくった飾りを頭につけている。

ボーダー柄のシャツが好きみたいね笑

こっちの男は頭に羽をつけている。

別にコスプレでもなんでもなく、普段からつけているのだろう。
なんか民族って感じでかっこいいねー。

こちらは珍しく、
カメラに興味津々だったおじさん。

他の人もだが、時計のバンドのところを首飾りにする人が多い。
キラキラぐあいがかっこいいのだろうか。

たぶん、こうした装飾にも
今年の流行とかありそう。



長くなってきたので続きは次回の記事で!!


次回も同じくカイアファールのマーケットです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキング参加してますー。
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです 
author:oka, category:33.エチオピア, 01:25
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/466