RSS | ATOM | SEARCH
[エチオピア]ハプニング続きのトゥルミへの道
ジンカから次の目的地、トゥルミへ移動する。

ジンカからトゥルミへは、土曜ならバスはあるみたいだけど
土曜はジンカのマーケットを1日中見てたので次の日の日曜に移動することに。

ただ、日曜にはトゥルミ行きの車はないらしい。。。

とりあえずバス停にはいったものの、
やはりバスはないとの事。



じゃあどうするか?


ってとこだが、明日はトゥルミのマーケットの日なので
今日中にはトゥルミに移動する必要がある。


選択肢としては

‖召離帖璽螢好箸チャーターしている車をヒッチ(交渉)する

ISUZU(トラック)の荷台に乗っていく
ただ、これは外国人はダメらしく見つかると運転手は罰金を払うそうだ。



の2つがメジャーなのだが、


今回自分は7人で行動しているので、

車を新たにチャーターする。

ということも可能なのである!!


ということで、
その辺にとまっていたミニバンの運転手に交渉。

本当は違う村までのミニバスなんだろうが、
そこは値段次第でトゥルミまでいってくれるだろう。


ところが最初の言い値がなんと
4000ブル(約20000円!)

ふざけんな〜高すぎだろ!

って感じだが、あちらもこちらがトゥルミに行きたいのをわかっているので値下げは難しそうだ。。。


と思ったら、最終的に
一人200ブルで計1400ブル(約7000円)で、
他にも乗客を乗せるって事で決定。
(でも結局乗客は自分たちとあと1〜2人ぐらいだった)

普通のバスだったら多分一人50ブルとかなんだろうけど、仕方あるまい。。。

この辺の地域は交通事情は悪く、
ぼったくり、もしくは高額でのヒッチハイクをせざるを得ないって最初からわかっていたしね。。



まぁ無事に行けるだけましだろって事で出発!


ジンカを出発してからカイアファールまでは舗装道路だったが、
そこからトゥルミまでは未舗装道路をずっと進む。


1時間ほど進み、もうすぐディメカかな?
ってところでタイヤがパンクしてしまったようだ。。


まぁパンク自体は珍しいことでもないので特に焦ることもない。

15分ぐらいでタイヤを交換し、

再出発!

と、思ったらものの5分でスペアのタイヤも使用不能に笑

いや、1回のパンクならいいが、
2回目のパンクだともうスペアのタイヤもないのでもう動くことができない。。。


どうしたもんか?
と思ったら、うしろから別の車がきた!


運転手がパンクしたタイヤをその車に積み、
ディメカまでいって修理して戻ってくることになった。


運転手が行き、自分らは待つことに。。


運転手の帰りを待っていると、
近くに住んでいる少年が様子を見に来た。

思いっきり「民族」って感じだね。

近くに止まっていたトラックに羊を積んで出発していった。

こんなのを見つつ時間をつぶす。。


すると、後ろから別のミニバスが来た!

事情はすぐにわかったようで、
そのミニバスのスペアタイヤを自分たちの車につけ、
そっちの乗客の一人が自分たちの車を運転して出発することになった!


思わぬ展開だがこれはこれでおもしろいね。



20分ぐらい走ると、
すれ違うトラックに修理したタイヤを積んだ運転手が乗っていた。


運転手も「おー!」みたいな感じで驚いたみたい。


で、そのまま修理したタイヤを自分らの車に積み。

運転は変わらず、もともとの運転手は
自分たちと一緒に後部座席に笑

なんかおもしろい光景でした笑


そこからすぐにディメカの町に到着。
そこで借りてたタイヤを返し、修理したタイヤをつける。



で、ディメカからトゥルミへと出発。


30分くらい走ると、こんな光景が。。。


バスが水溜りにはまってる。。。


それもかなり傾いていて、今にも倒れそうだ。。


乗客全員がバスから降りてゆっさゆっさバスを揺らしてはまっているバスを出そうとしている。。

でもはたから見てると、みんながいる側にバスが倒れそうでほんとドキドキだったが、わりとバスは倒れずにもっていた。。


見た感じ、片方のタイヤのところだけ沈んでしまっているようなので、
そこに石をつめてタイヤがそれ以上沈まないようにとかいろいろするが、
やはり抜け出せそうにない。。。


なんか手伝えないかな?


とは思うけど、正直今にも倒れそうなバスに近づくのも怖い。。。



申し訳ないが、ここは現地人にがんばってもらうとして自分たちは先に進むことにしました。。

(2日後、またここを通ったときバスはいなくなってたので無事に抜けれたみたいでよかったです。)



そこからさらに進むと、作りかけの橋がある。

どうやら本来はその脇を走っていくのだが、
そこには川ができてしまっている。。。


流れも強く、とてもそこを渡れる気がしない。。



だが、ここを通らなければトゥルミには行けない。。


そこで自分たちは

作りかけの橋を渡ることに。


高さ50cmぐらいの段差に、
石や砂を盛ってきてスロープを作ってみる。


小一時間ぐらいでそれっぽい坂を作ることができた。

いざ車を通らせてみると

なんとか通ることができた!!


最初は「こりゃもう無理かな。。。」って思ったけど
やればなんとかなるもんだねー。



そこの川を越え、ようやくトゥルミの村に到着することができた。


いろいろハプニングはあったけど、
そつなくこなしてくれた運転手、200ブル払ってあげますよ!

むしろさらに請求してこない、良い運転手でした。


とにかく無事にトゥルミに到着できてよかったです!

明日はトゥルミのマーケットですー。



昨日は11人に推してもらって27位でしたー。
ありがとうございます。

今日も投票お願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯からは↓みたいです
author:oka, category:33.エチオピア, 06:49
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/462