RSS | ATOM | SEARCH
[イスラエル]イスラエル入国
アンマンを早々に去り、イスラエルへと向かう事に。

国境までは、昨日死海に一緒にいったメンバー4人でタクシーで行く。
4人だとバスで行くのと値段変わらないし楽チンで到着。(一人5JD)。

ヨルダン側の国境では出国税8JD払う。
事前には、けっこう混んで時間がかかるって聞いていたが、この日はガラガラであっさり出国完了。

イスラエル側までは専用のバスに乗らなければならない。
バス代3JDと荷物代1.25だ。
 

バスに乗り、イスラエル側へ。
この国境名は「キングフセイン橋」となっているように、途中で橋を渡った。
これでイスラエル側に入ったってことだな。


で、難関の?イスラエル入国側。

とりあえず最初に荷物検査。
ここはただX線での検査のみで、特にバックパックを開けたりPCを起動させて画像を見せたりする必要はないので楽ではある。

で、入国審査。
イスラエル入国の際、気をつけなければならないのが「イスラエルのスタンプを押されてはならない」って事である。

まぁ押されたい人は押されてもいいのだが、もしイスラエルのスタンプがあると、イスラエルを国として認めていないアラブの国々に入国できなくなってしまうのだ。。。
その辺のもっと根底の、詳しい理由は「パレスチナ問題」にあるわけですね。

具体的には、レバノン、シリア、パキスタン、イエメン、スーダンなど。

今後これらの国に行く可能性が大いにあるので、イスラエルのスタンプを押してもらうわけにはいかない。。。

じゃあどうすんの?って話だが、
その辺の事情はイスラエル側も承知しているようで、パスポートではなく別の紙に押してくれるよう対応してくれる。
だが、もちろん快くは思ってないようで、「なぜ我がイスラエルのスタンプがいらねーんだ?」と色々質問されることになるのだ。。。

特に自分の場合は、イラン、レバノン、シリアと言ったイスラエルを拒否している国にすでに行ってるので、「これらの国に何故いった??」と色々聞かれることになるだろう。。


で、自分のそのやりとり。
対応したイミグレーションの係員は若い女性でした。

自「シャローム(イスラエルのこんにちわ)」←少しでも好印象にするため笑顔で。
自「はいパスポート。 ノースタンプ プリーズね!」

これで係員の顔が厳しくなる。。
係「なぜだ?」

自「いやぁ、世界を色々旅するのでアラブの国にも行くかも知れないから。。多分。。」

係「アラブの国ってどこだ?お前はアラビア語を勉強してるのか?」

自「してないです。 多分、シリアとかレバノンとか。。」

係「なぜイランに2回行ってるのか?アラビア語を勉強してるのか?」

自「してないって言ったじゃん。。トルクメニスタンのビザを取るのに2週間以上かかるので一度イランを出る必要があった。」

係「イランとかシリアとかレバノンに行った目的はなんだ?アラビア語を勉強してるのか?」

自「だからしてねーし! 観光だよ。」

係「イスラエル入国の目的はなんだ?」

自「そりゃあ観光ですわ。」

他に、
係「お金はいくら持ってる?見せてみろ」とか
係「ホテルはどこだ?」とか
係「イスラエルに友達はいるのか?」

とか、ずっと威圧的な態度で質問をしてくる。。
しかもむかつくことに、英語がよくわからんのか、俺が答えても「What??」ってリアクションばかりで、隣のブースの係員が通訳みたいになってる。。

他の国の、普通の警官とかならキレそうになるくらいのムカつく態度だが、
ここでは無事に別紙にスタンプを押してもらわなければならないのでここは我慢。。。

同じ質問を何回もされた後、「この紙に記入して待合室で待て」と、別室で待てとの指示。。。

まぁ予想はしてたけど、すんなり入国させてもらえず別室送りとなった。。。

他の人のブログとかで、過去にイランとかパキスタンとか行った旅行者は別室送りで3,4時間待たされるってのを見てたけど、やっぱり自分もそうなりました。。

こりゃあ何時間待たされるんだべ???


と思ってたが、意外にも30分ほどであっさりパスポートを返された。
しかも、せっかく記入した紙に関しては回収すらもされなかったし。。なんだったんだ??

で、肝心のスタンプはちゃんと別紙に押されていたので一安心。


もしスタンプ押されたら今後行けなくなる国がでてくるしめんどいなーと思っていたし、無事に入国できたので一安心です。


国境からエルサレムの旧市街までは乗合タクシーで移動。
タクシー代38シュケルの荷物代4シュケル。

1時間ちょいで到着することができた。

アンマンの宿を8時半に出て、エルサレムに着いたのが13時くらい。
宿は到着したダマスカス門に近い、「NEW PALM HOTEL」にする。
エルサレムではわりと定番な安宿かな。
通常40シュケル(800円)だが、クリスマスシーズンてことで50シュケル(1000円)に値上げされていた。
でもヨーロピアンには80シュケルとかで泊めてるようでよくわからん宿だが。。


まぁこれで狙い通り、クリスマスをキリストの生まれた場所で過ごすことができそうだ。

イスラエルには年明けまでいるつもりなので2週間ほどの滞在になりますー。
author:oka, category:30.イスラエル, 23:01
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
なおさん、
みきです。

楽しかったですねー。死海とイスラエル★

早速ブログ見てますよ。
やっぱりすごい!
これからも、参考にさせてもらいます。。。

ありがとう。校長先生 笑
MIKI, 2011/12/28 6:56 AM
>MIKIさん
こちらこそありがとうございました!!

是非またみんなでウインクキラーやりましょう〜。

ウインクとモノマネの練習しておきますのでー。
oka, 2011/12/28 7:37 AM









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/373