RSS | ATOM | SEARCH
[バングラデシュ]バングラデシュ入国!

インドから国境を越えてバングラデシュまで移動しました。
疲れてるので(メンドイので?)移動概要と補足だけで済ませちゃいます。

12/1
12:00 ジャイガオンからジャイパイグリへ移動(所要4時間半、55R)
16:30 ジャルパイグリ着→マナグリへ移動(所要1時間、10R)
17:30  マナグリ着、宿泊

12/2
7:00 マナグリからチャングラバンドラへ移動(所要40分、10R)
8:30 インド出国(チャングラバンドラ国境) (両替460R→644TK、X1.4)
9:30 バングラデシュ入国(ブリマリ国境)(時計を30分進める)
10:00 ブリマリからパットグラムへ移動(所要30分、20TK)
11:00 パットグラムからロンプールへ出発(所要4時間半、140TK)
15:30 ロンプール着→ディナジプールへ出発(所要2時間、100TK)
17:30 ディナジプール着、宿泊


ってな感じで思った以上に移動に時間がかかった。。疲れた。

まず、インドのジャイガオンを12時に出発した時、まぁ16時くらいにはバングラに渡れるかな?
と思っていた。。

バングラデシュとの国境までの行き方をロンプラで調べたら、交通の拠点の町シリグリまで戻らなくてもジャルパイグリってとこまで戻ればいいって事がわかった。
個人的に、写真が全然ないロンプラは好きではないけど、こうした国境越えとか交通の情報ややっぱり詳しくて助かるなー。

って思ったんだけど、ここでロンプラの情報を鵜呑みにしてしまい、とりあえずジャルパイグリに移動。
これがまた思った以上に時間がかかり、到着したのは午後の4時半でかなり日が傾いている。。

到着後、「国境のチャングラバンドラ行きのバスはどれー?」ってその辺の人に聞いたら、


「国境行きのバスはここから出てないよ。1回マナグリまで行かないと」

「そっかー、マナグリね。。。 って1時間前に通ったとこじゃん!!!」


どうやらさっき通ってきた所から国境行きのバスが出ていたらしい。。。しまった。

ロンプラの情報そのまま、一度ジャルパイグリに行ってから国境行きのを探そうとしたのが間違いだった。。
最初から、最終目的地の「チャングラバンドラに行きたい!」って聞いておくべきだった。。


仕方ないので、同じ道をまたマナグリまで戻る。

この時点で日が暮れたので、この日はここで泊まることにして、翌朝国境へと移動した。

国境に着いたのは朝8時くらいだったのだが、国境が開くのは9時って事で待たされた。。
実際は、30分時差のあるバングラデシュに合わせてか、8時半に業務開始して無事にインドを出国。
イミグレの建物はわらぶきの小屋みたいな感じだったが。。


こちらはバングラデシュ側。




バングラデシュの入国もすんなり、と言いたいとこだが、
なんか入国した時に通行料?で30TK(30円)とイミグレの手数料200TK(200円)を請求された。。
通行料はレシートもあるし、他の人も払っていたのだが、イミグレの手数料はよくわからん。

その係の人ら、左が手数料で右が通行料の人。
右の人はチャイおごってくれたけどね。チャイ1杯5円だけど。



写真左の係員みたいのが「200TKだ!」って言ってきたので

自分「レシートはあんのか?あんなら払ってやるよ」
係員「じゃあ100TKでいいから」
自分「は?なんで値下げすんだ?アホか? じゃあねバイバイ」

と、こんなわけのわからんのに金を払ってられないので立ち去ろうとしたが、ずっとあーだこーだ言いながら係員がついてくるので50TKを地面に投げ捨てて追い払ってやった。

でもよく考えると、私服着てるしこいつはちゃんとしたイミグレ係員ではなかったっぽいな。。
パスポート見せろとか言ってきたので渡したけどどっかに消えていったので、そこにはちゃんとした係員がいたのだろう。
多分、こいつはここで(勝手に)仲介に入ってこうして「手数料だー!」とか言ってこづかいを稼いでるんだろうな。

そう考えると余計払いたくなかったがもう仕方ない。


国境越えて、ディナジプールってとこまで移動したけど、それも結局1日がかりだった。。

バスの車窓から。
バングラはインド以上にリキシャが多いかも。
そこら中にリキシャがうようよ。


よくわからんスナック菓子屋。
何種類かを筒に入れてシャカシャカ混ぜる。たぶん10TK(10円)くらい。


バスは基本的に満員で、屋根にもたくさんの人が乗る。
バスはおかまいなしにかなりのスピードで走るので事故になったら間違いなくオダブツだろう。。
自分は絶対屋根には乗りたくないな。。


バングラデシュは人口密度が世界最高クラスに高いのだが、基本的にはひたすら畑の農村が広がっていてのどかな感じ。
ってことは首都のダッカとかにめっちゃ人が集まってるってことなんだろうけど。


目的地のディナジプールに着いたころにはもう日が暮れていた。
暗くなってもろうそくの明かりで営業を続ける靴磨き屋。


まだよくわからんけど、とりあえず嫌な感じはしないねー、バングラデシュ。
明日はディナジプールにあるカントノゴルというヒンドゥー寺院を見に行ってきます。

author:oka, category:26.バングラデシュ, 23:19
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/358