RSS | ATOM | SEARCH
[タジキスタン]パミールハイウェイ 〜キルギスへ〜

なんも無いムルガーブの町で客が集まるのを1日待ち、翌日めでたくオシュに向けて出発する事ができた。

車は10人乗りくらいの、いかにも旧ソ連っぽい車。
こんなポンコツで大丈夫かいな??
と思っていたが、意外にもタフな走りで未舗装の道もグイグイ進む。
頼もしいもんだ。


こんな道をひたすら進んでいく。
だが、やはり期待していたような「パミール山脈」の風景って感じではなく、どちらかと言うと「パミール高原」って感じの、なんも無い所は走っていく感じだ。


タジキスタンにはパミールハイウェイを通るためだけにきたようなもんだったので、その期待外れな風景に多少がっかりしたが、途中で通ったカラクル湖の風景はなかなか良かった。


たまには自分も登場させてみよう笑
一応目線を消して笑
まぁ消す必要もないんだけどさ。


このヘンピな村にいたおじちゃん。
写真を撮らせてもらうと、「写真を送ってくれ〜」との事。
住所は「タジキスタン、カラコル、○○(名前)」。。。
果たしてこれだけで届くのか。。??


カラコル湖を過ぎ、1時間ほどで国境に到着した。
国境では軽く荷物検査を受けたぐらいであっさりと出国。

ここでは数人のヨーロピアンのチャリダー(自転車で旅する人)がいた。
こんな山道を自転車で抜けるとはすごいよね。。
チャリダーにはあこがれるが、さすがにこんなヘビーな道は通りたくないな。。



タジキスタンを出国し、少し走るとキルギスの入国審査。
ここでも荷物を軽く見られた程度で無事にキルギスへ入国☆
これでこの旅23ヶ国目になります。


入国し、2時間ほどで中国国境への分岐点の町、サリタシュに到着する。
一緒してたP氏はそのまま中国へと向かうのでここでお別れ。
自分も後で中国に行く時はここから行くのでまた来るんだけどね。


サリタシュからオシュまでは、意外にかかり5時間後の夜10時近くに到着。
わかりにくい、オシュゲストハウスってのにチェックインしすぐ寝ることに。

オシュもまた戻ってくるし、明日は早速首都のビシュケクへと向かいます。

author:oka, category:22.タジキスタン, 23:24
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/318