RSS | ATOM | SEARCH
[タジキスタン]ドゥシャンベその2 〜市内観光〜

ドゥシャンベの市内も特にこれといった観光名所はないので1日もあれば見て周れる。

タジキスタンや他の中央アジアの国は旧ソ連から独立して今年でちょうど20周年のようで、どこの国でもそーした垂れ幕やらモミュメントがあったりした。
ここドゥシャンベでもこうした立派なモミュメントが。
20ってことでXが二つなんだねー。


↓ドゥシャンベで一番立派な建物。
結局なんの建物なのかよくわからんのだが、絵葉書には「Natioal Palace」とある。。宮殿か?見た感じ国会議事堂とか大統領官邸みたいな感じだけどね。
建物の前にはでかい国旗がひるがえっている。


↓ホジャンドにもあった、イスマイル・サーマニの像。
タジキスタンの象徴みたいにもなっている。
見所らしい見所はこれくらいだが、写真を撮って終了。


↓その辺にあったレストランの看板。
タジキスタンの代表的な料理が並んでいるのだろうが、タジキスタン、というか中央アジアはどこの国もほとんど料理は同じだ。
個人的にお気に入りは炊込ご飯の「プロフ」。
麺料理の「ラグマン」ってのもちょこちょこ食べているのだが、中国のウイグル地区で食べたラグマン(あっちだとラグメン)が美味すぎたのでそれに比べるとイマイチかな。。
後々また中国に入るのでラグマンはそこで食べようと思う。


↓あっちこっちにある両替屋。
別に旅行者向けではないので、タジキスタンから海外へ出稼ぎに行く人が多いってことかな。
ちなみに他の旅行者は知らんけど、自分は可能な限りATMでのキャッシングで現地通貨を手に入れているので両替することはほとんどないなー。


↓玉子屋の兄さん。こーゆーのがいかにもなタジク人なのかな?


ドゥシャンベにも大きなモスクがあって、金曜ってこともあるりたくさんの信者さんが集まっていた。
こうした光景は中央アジア共通だね。


パミール地方への許可証も取れたので、タジキスタンで一番楽しみなパミールハイウェイの方へと向かいます。

author:oka, category:22.タジキスタン, 13:48
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/314