RSS | ATOM | SEARCH
[アルメニア]ナゴルノカラバフ 〜自称独立国〜
エレヴァンを後にして、「自称独立国」のナゴルノ・カラバフへ行ってみることに。
アルメニアに行く日本人旅行者は大体このカラバフに行くのだが、他の国の旅行者はほとんど行かないようだ。。
自分ははじめ、日本人旅行者は「自称独立国」というちょっと怪しげな国を見てみたいっていう理由で行くのだが、他の国の旅行者には大体「行って何があるの?」と聞かれる。
行く前にわかっているのだが、はっきりいって「見所もなにもない」笑。
「自称独立国」って事で、変な独裁者みたいのが勝手に独立を宣言したような国だと思っていたのだが、実際は、かつてソ連時代にあったアルメニア人が多く住むアゼルバイジャン領、カラバフ地方を、ソ連解体後にアルメニアが「侵略戦争」により奪い取った地域の事である。

おそらくアルメニアが「侵略戦争」と言われないように、アルメニア側は「カラバフの独立を助けた」と、カラバフも「アルメニアとは関係ありませんよ」と「言い訳」できるようにカラバフをアルメニアの一部でなく、独立国としているだけのようだなー。
まぁ歴史的背景ってことですね。

ちなみにナゴルノカラバフを独立国と認めているのはアルメニアだけで、国際的にはアルメニア領土となっているようだね。
実際に通貨とかほとんどアルメニアと一緒だしね。
一応警察とかはカラバフオリジナルのマークを掲げているぐらいかな。

さて、エレヴァンのバスターミナルから9時くらいのマルシュでそのカラバフの中心の町、ステパナケルトを目指す。

料金は5000ドラム(約1000円)で、朝8時くらいに頻発しているよう。
カラバフまではけっこう時間がかかって、6時間ほど。
途中、一応カラバフの国境?みたいのがあって簡単な検問があった。

ちなみにアルメニア人はパスポートもなにもいらないようだが、旅行者はナゴルノカラバフのビザが必要である。
ビザは事前にエレヴァンにある大使館?でも取れるし、カラバフ入域後に役所で取れることもできる(入域後ってビザの意味あんのか?)
↓ナゴルノカラバフのビザ

↓「国境」にあった旗。

カラバフの旗はアルメニアの旗にちょっと白で山みたいのが描かれた模様。
で、カラバフの到着。
途中から気付いていたが、天気が悪い。。
ナゴルノカラバフのナゴルノは「山がちな」って意味らしく、確かに高原地帯のようで途中から霧、って言うか雲の中に入ったようで一面天気が悪いのだ。。

それでも早速町中をふらふらする。
パッと見、「アルメニアの一地方都市」って感じだが、所々にカラバフオリジナルの看板とかがある。
↓「独立をジャマするものはなにもない」みたいな標識。


↓「独立20周年」を記念するポスター。


↓この「カラバフ戦争」がまだ20年も前の出来事ってことだね。


↓カラバフの「大統領府」かな?政府系の建物にあった、カラバフの国旗と国章。


↓これがカラバフの一番の見所?「我らの山」とかいうモアイ像みたいの。


まぁただの像ですな。。
って感じです笑

午後3時にカラバフに到着して、1時間ほどで全て周りきってしまった笑
来る前からわかっていた事だが、確かになんもすることない笑
本当に「せっかくだから行ってみた」ってだけですね。
他人に薦めるかと言ったらまず薦めません笑

具体的にも
・ビザ代3000ドラム(600円)や交通費5000ドラム(1000円)がかかる。
・特に見所はない。
・天気が悪く、かなり寒い
という、本当にオススメする理由が無い。
まぁ謎のビザがもらえるぐらいかなー。


ちなみのこのビザがあるとアゼルバイジャンには入国できなくなりますので要注意ー。
アルメニアはもうあとにしてイランに戻ります!
author:oka, category:19.アルメニア, 19:12
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/295