RSS | ATOM | SEARCH
[グルジア]トビリシ

グルジアの首都、トビリシに到着。

トビリシの宿は、日本人旅行者には定番の「ネリダリの家」という所があるのだが、つい2ヶ月ほど前にできた「Hostel Georgia」ってのがかなり評判が良いので、一応ネリダリも気になったので1泊だけして、後はジョージアに移動する。

まぁはっきり言って、残念ながらもうネリダリに行く客はいないだろーなー。
ジョージアの方が安いしキレイだし、コーヒーからワインまで飲み放題でかなり居心地のいい宿でした。
トビリシに行く場合はゼヒHostel Georgiaをご利用ください笑

さて、トビリシの鉄道駅はけっこう大きく、ショッピングモールみたいな感じになっててスーパーとかボーリング場とか色々あるみたい。
スーパーでは惣菜なんかが安く売ってるし美味しかったのでなかなかよかった。


グルジアの他の町でもそうだが、ヨーロッパ風の建物が多く感じる。


それでもかつての旧ソ連の名残で、町中にはロシア語表記の看板や、社会主義のマークみたいのが残っているのをよく見かける。


一応トビリシ市内を観光。
と言っても協会ぐらいしか行くところがない。
これはメテヒ教会だったかな。


こちらはグルジア正教の総本山、シオニ教会。
まぁでも内部とかはけっこう普通の教会で、総本山っていう威厳はあまり感じなかったかな。


こちらはトビリシかたちょっと離れた、世界遺産のムツヘタという町にある教会。
名前は忘れた。


中にあったキリストの図。


まぁよく見慣れた教会とかよりも、個人的に気になったのがこのハト!
なんと足にも羽が生えてるじゃないですか。
こいつだけかと思ったら周りにも同じように足に羽が生えているハトが何匹がいた。。
こーゆー種類のもいるんだね。


あとは適当にトビリシ市内をふらふら。
パン屋のおばちゃん。


こちらは惣菜屋のおばさん。
ナスとかの野菜の惣菜が25円ぐらいで売ってたりとにかく安い!
まぁでも似たような味のものが多かったり、あっさりした味の惣菜が多かったので1日しか買いにはいってないけどね。


というわけでかなり省いて説明をしているけど、
トビリシはそんなに観光で行くとこはなかった。

ただ、トビリシというか、グルジア料理は本当に美味しく、毎日食事をするのが楽しかった。
普段は食費をケチってばっかりなのだが、久しぶりに食事にお金をかけても良いと思えるグルジア料理でしたー。

グルジア料理はまた別で紹介します。

これまた省略だけど、
このトビリシで隣国アゼルバイジャンのビザを取得しました。
無料で所要2日。日本大使館のレター必要。

あまり見所がなく、物価も高いアゼルバイジャンだけど、せっかくなので行ってきます。

author:oka, category:17.グルジア, 23:48
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/285