RSS | ATOM | SEARCH
[イラン]シーラーズ

エスファハーンからシーラーズの町にきた。
シーラーズと言えば近くにあるペルセポリスが有名だが、とりあえずシーラーズの町をふらふらする。

シーラーズの町で、ってか個人的にイランで一番よかったのが、このシャーチェラーグ廟というお墓。

でっかいモスクのような造りになっている内部は一面細かい鏡で作られたモザイク画のようになっていて、とにかく光る光る。
内部へのカメラの持ち込みは禁止だったので残念ながら写真は撮れなかったのだが、歩いているとなんともまぶしいし、鏡も普通の銀色のものから金色のもの、緑がかったものなどとにかくきらびやか。
「巨大な万華鏡の中に入り込んだみたい」って言ったらイメージしやすいかな?
多くの一般人の参拝者も来ていたのだが、その人達に混ざってかなりの時間をここで過ごしたと思う。
冷房も効いているし他のモスクのように昼寝している人も多い。
個人的にもかなり気に入った場所だが、やはりシーラーズ一番の見所だと思うのでシーラーズ行った際には是非。

また、イランで最大の聖地マシュハドにはこれとエスファハーンのマスジェデエマームを足して3倍したようなのがあるらしい。
マシュハドには一度イランを出てまた入ってきた時に行くので楽しみである。


市内中心にある、キャリームハーンとかいう砦。
歴史的な背景はよくわからんが、それなりに立派な建物である。


その辺にあったモスクの壁、エスファハーンで見てきたモスクと違って赤とかピンクとか、青一色じゃなくカラフルである。
とりあえずキレイだね。

ふらふらしていると、すっぱいいい臭いがしてきたので覗いてみると漬物や(ピクルス屋)だった。
ちょっとだけ味見させてもらうと、けっこう酸っぱいが、味はホント漬物って感じ。
ケバブのサンドイッチを食べながらかじるのには最高だろう。


イランは町中にトイレが少ない気がする。
急にトイレに行きたくなったらけっこう困るのである。そんな中、トイレを貸してくれたのがあるパン屋。

ちょうどこれからパンを焼くから見ていけ!みたいな感じで小麦粉を水で混ぜたり、それを置いて発酵させたようなのをちょうどいいサイズに分けて伸ばし、オーブンみたいのにいれるとパンが焼きあがった。
さすがに焼きたてのパンはなかなか美味しいもんである。


道路の番地標識みたいので、ゾロアスター教のマークをよく見かける。
そーいやよくわからんのだけど、今もゾロアスター教を信じる人達はいるのかな??



バザールを歩いているとちょうど国旗の真ん中に日が当っていた。
この国旗の真ん中にあるマークは国章との事で、銀行とかいろんなところでこのマークを見かける。











とまぁ、ダイジェスト(手抜き)で紹介。

次はペルセポリスの遺跡です。

author:oka, category:14.イラン, 23:11
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/270