RSS | ATOM | SEARCH
[ベトナム]ホイアン 〜ミーソン遺跡〜

今日はホイアン郊外にある、世界遺産のミーソン遺跡を訪れる。
ミーソンはチャンパ王国ってのが造ったヒンドゥー教の寺院であり、アンコールワットに似ているものの、その規模は比べ物にならんくらい小さいんだけどね。

公共の交通機関はないようなので、ホイアンから1日ツアーみたいのでミーソンへ。
いかにもアジア人の英語ってゆー自分にはかなり聞き取りやすい英語をしゃべるガイドさんがついていたが、ミーソンに到着してからは自分はガイドの説明をほぼ聞かずふらふら散策するのであった。

ミーソンはアンコールワットよりも古く、そのぶんレリーフや建物が崩れてしまっているが、森の中に放置されてるっていう雰囲気はなかなか良いです。

↓メインの建物群


↓レリーフは残念ながら状態が良くない。
また顔の多くはフランスとかの学者が持っていったりしたそうな。


↓この台座みたいなやつのレリーフが一番きれいかな。




↓クメール語なのかな?


↓ミーソンの駐車場から遺跡まではジープで移動。
定番の写真。


自分はアンコールワットにこれから行くのでミーソンもまぁ楽しめたが、アンコールワット行ってすぐにミーソンに来るとかなり物足りないかもしれないね。

ミーソンを後にしてホイアンへ戻り、ホイアンの世界遺産の町並みを散策する。
古い町並みが世界遺産ってことだが、多くの建物は観光客用のレストランや土産物屋になっていたりで風情は全然ない。。
それでも夜にはランタンでライトアップされ、それは昨日少し見ただけだが、夏祭りのような雰囲気でよかったかな。

ホイアンはかつて日本人が多く済んでいたらしく、「ジャパニーズブリッジ」と呼ばれる橋もある。


町並みの散策もそこそこに市場があったのでいってみる。
そこでは野菜、果物、肉、雑貨、みやげ物となんでも売っていた。
市場は活気があって歩いてるだけでも楽しいもんだね。




夕方、また夜行バスでニャチャンへと移動する。
今回はチケットを買う時に窓側で一人の席を指定していたので、悠々とバスに乗り込んだが「適当な席に座れー」とのこと。
見ると窓側はすでに全部取られている。。
座席表とか番号がふっていれば「ここは自分の席なんだけど?」と言えるがそんなものもなかったので、前回と同じように一番後ろの5人席に座る。
まぁけっこう寝れたのでそんなに嫌でもなかったけどね。

とゆーわけでニャチャンへ移動です。

author:oka, category:4.ベトナム, 23:35
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/141