RSS | ATOM | SEARCH
[ボリビア]ラパスから一気に熱帯のサンタクルスへ。

こんにちは。

 

3ヵ月遅れだと思ってたブログがいつの間にか2ヵ月遅れになってきた。

 

これは朗報w この調子で書いていきたいですな。

 

かつてヨーロッパでブログが遅れすぎて20ヵ国分くらいカットしてるからね笑 今回はそんな事にならんようにしたいですな。

 

 

さて、無事に6088mのワイナポトシにも登頂できたラパス。

 

とりあえずはもう満足かな? あとは「デスロード」と言って急坂&崖を自転車で一気に下るアクティビティが欧米人にめちゃ人気らしいがそーゆーは自分はパスかな。。

 

まぁラパスにはまた数ヵ月後に戻ってくるのでその時の気分次第で参加してみてもいいかもね。

 

 

って事でとりあえず次へと移動する事にしようかね。

 

 

次に向かうのはボリビア東部のサンタクルス

 

これからパラグアイ、ブラジルとリオのカーニバルを目指して行きます。

 

 

ラパスからサンタクルスまでのバスは数社が運航していた。

 

バスターミナルで聞き込みして一番良さげな会社に決定。

 

URKUPINAってバス会社で170ボリ(2700円ほど)

 

サンタクルスまでは正確には覚えてないけど20時間近くかかったような。。

 

距離はそこまでないんだけど道が悪かったり時間がかかるのよね。

 

が、今回はカマのゆったりシート。さらに席が2階の一番前でパノラマビューも見放題だったのでけっこう快適に移動する事ができた。

 

はい、そんなこんなでサンタクルスに到着。

 

バスから降りてみると、むあっとした熱気が。

 

ウユニもラパスも寒かったのでこういうのはなんか久しぶり。

 

このサンタクルスはラパスとかと違って標高が400mしかなく普通に熱帯って感じの気候なのだ。

 

サンタクルスに到着してからは宿まではタクシーで移動。

 

自分ともう1人一緒だし物価も安いしね。たまにはタクシーに乗っても、いいんです(謎に川平慈英風に)

 

booking comで安い宿が見つかったのでそこを予約してたのよね。

 

ツインで55ボリ、一人27.5ボリ(450円)だ。イカンディレ兇辰峠匹諭

 

 

 

さて、荷物を置いて早速サンタクルスの町歩き。

 

が、今日が日曜だからかけっこう閑散としている。。ほとんどの店が閉まっているな。。

 

 

マーケットはそこそこ活気があって安心。

 

で、ここで気づいたんだけど、このサンタクルスにはラパスで見てたようなチョリータ(民族衣装着てるおばさん)がいない。。

 

ここのおばさん達は民族衣装じゃななくて普通の洋服を着ている。ラパスとかとはちょっと文化が違うのかな?

 

 

はい、そしてやってきました町の中心にある教会と広場。

 

ここで日本人10人くらいの集団がいたな。。なんか若そうだし学生のなんちゃらスタディ的な活動で来てたのかな?話してないから不明だが。

 

と思ったら今度は文化会館みたいなところに宮崎駿の絵画展みたいな案内が。

 

あまり馴染みのなさそうなサンタクルスの町だけど、周辺には日系移民の村があるし日本との繋がりは意外にあるのかも。

 

 

 

ふむ、、でも観光で見るような場所はあまりないのかも?

 

そんな中歩いているとやけにアイス屋が多い一角があった。

 

そう言えば歩き方にもこうした店が載っていたような。

 

ってかラパスにも同様にアイス屋が並ぶ場所があったわ。でもラパスでは寒いしアイスなんか食べようって気にもならなかったけど、これだけ暑いとアイスも食べたくなる。

 

歩き方に載っていた店は閑散としていたが、隣のこのDUMBOって店はけっこう繁盛してた。

 

ってか思いっきりダンボのキャラ使ってるけど版権とかいいのか?笑

 

ケースにはずらーっと並んだアイスが。

 

色んな種類があって目移りするね。

 

悩んだけど無難そうなクリーム系のアイスをチョイス。これで10ボリ(160円)くらい。

 

ちなみに今これをアルゼンチンで書いてるけど、アルゼンチンだと400円ぐらいするからやはりボリビア安いよね。

 

味もけっこうちゃんとしてて美味しかったな。しばしここで休憩。

 

ここはアイスだけでなくファミレスってか家族連れ向けのテーマパークみたいな店だ。

 

他のテーブルを見てみるとだいたい子供がいるし、誕生日会みたいのをやっている家族もいた。

 

すっかり閑散としてた町並みだったけど、休みにこうして家族で外食するのが楽しみなのかもね。

 

 

 

 

さて、アイス屋も出て次はどこに向かおうか?

 

そして今日の夕食はもうどこで食べるか決めている。

 

 

このサンタクルスにはラパスにあった日本食レストラン、けんちゃんの本店があるのよね。

 

ここは聖地巡礼?として是非とも本店のけんちゃんも行くつもりだった。

 

 

が、ここでブエノス、ラパスと会っていたツネさんとばったり再会する。

 

ツネさんは直前にいったアマゾンツアーが散々だったり、アルゼンチンがハイシーズンで行きたいツアーに参加できなかったりけっこう運が悪い感じの旅行者だ。聞いてて可哀想になるくらい笑

 

けんちゃん一緒に行きます?

 

と聞いたら、歩き方に載っているサンタクルス料理の店に行きたいという。

 

おぉ、なんか旅行者の鏡ですな。そーいやツネさんは旅行系で働いてたんだった。

 

やはりここは日本食より現地の食事よね、って事でみんなで一緒にそのレストランへ向かうことに。

 

みんなでってもう一人はラパスから一緒のしほさん。

 

ラベンダーの香りのスプレーを持ち歩いてるオシャレお姉さんだ。

 

しほさんとはなんと高校が一緒だった笑 札幌出身の人にはそこそこ会ってるけど高校が一緒ってのは初めてだな。

 

めっちゃ地元トークできたり面白かった。

 

 

 

さて、到着したのがこちらの店。

 

Casa del Cambaって店だったかな。歩き方に載ってます。

 

店内はかなりちゃんとしたレストランで自分はちょっと尻込みするぐらい。。

 

料理も安くはなかったけど、3人でシェアするならまぁまだ大丈夫かな?くらい。

 

ここではこの地方特有の料理を注文。

 

名前を忘れないようにメニューの写真撮っててよかった。

 

左のが塩干しした鴨肉を水で戻し炊き込みご飯にしたマハオ。

 

右のがグレープフルーツなどの柑橘系に漬け込んだ牛肉をオーブンで焼いたケペリという料理。

 

確かにラパスとかでは見た事がない料理だな。

 

で、実際に出てきたのがこちら。なかなか立派な感じ。

 

これがマハオで

 

こっちがケペリ。

 

実際食べてみると、確かに今までのボリビア料理とは全然違うな。

 

特に炊き込みご飯の方はバナナなんかも添えてあって標高の低いサンタクルスならではの南国の料理って雰囲気。

 

 

ふむ、ツネさんと会ってなかったら絶対来てなかったわ。

 

旅中あまり食へのこだわりってないんだけど、こうしてその土地の料理を食べるのはやはり良いかもね。これも観光の一つだし。

 

 

お腹もいっぱいになったので宿に帰ってビールでも飲んだ。

 

ビール飲むのも久しぶりかも。

 

ラパスとかでは寒かったし標高高いから高山病になりそうだしお酒は飲んでなかったのよね。

 

ラベル集めるって目的もあるし色々買ってみました。

 

まぁ相変わらず飲んだらすぐに眠くなっちゃったけどね笑

 

こんなサンタクルスでした。

 

 

翌日はあのチェ・ゲバラゆかりの地に行ってきます。彼の最期の地となった場所。かなり楽しみ。

 

その様子はまた次回でー。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いします。

いつの間にか20位近くをうろうろさせてもらってます、ありがとうございます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:157.ボリビア, 07:30
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/1340