RSS | ATOM | SEARCH
[ボリビア]ラパスの泥棒市へ。

こんにちは。

 

フェリーに32時間揺られてチリのチロエ島ってとこにやってきました。

 

早速魚市場に行ったものどうやら祝日らしくほとんどの店が閉店。。かろうじてムール貝は買えたけど狙いはサーモンだったのに。。次のプエルトモンに期待です。

 

 

 

さて、ウユニでの滞在も満足したので次に移動。

 

次に移動するのはラパス。首都ではないけどボリビアで一番大きな町だ。

 

ホントは近場のポトシとかスクレ(これが首都)にも行きたいんだけどボリビアには後日また戻ってくるのでそれらはその時にでも。

 

ウユニまでは夜行バスで130ボリだったかな?

 

暗くて写真撮れなかったが、席は2階の最前列、しかも一人がけのシートでかなり快適に移動する事ができた。

 


で、ラパスに到着したのが朝の5時

 

いやいや、早すぎるし。。

 

それだったら出発をもっと遅らせてくれてもいいんじゃないの?

 

もちろん外はまだ暗いしラパスも標高が3600mもあるのでなかなかに寒い。


仕方ないのでターミナルで明るくなるまで待った。

 

そして、7時過ぎになったので宿へと向かう。

 

そーそーラパスの宿だけどこれと言った宿がなかったのよね。

 

4つの宿行ってみたけどどれも今一つって感じ。

 

興味ない人も多いかと思うので宿の話は別でします。

 

↓ラパスのターミナル。なんだかオシャレ。

 

 

さて、到着してすぐに行ったのは泥棒市。


毎週木曜日と日曜にあるんだったかな。


泥棒市にはキューバで会っていた世界一周ごんざれすのわっきーちゃんとworld photripの前ちゃんとAさんとMさんの計5人で一緒に行く。

 

わっきーと前ちゃんの2人はクソ仲良しっぽい。

 

わっきーのブログもだけど、前ちゃんのブログもけっこう前から知ってたので本人に会うってのは面白いね。

 

あ〜なるほどね、この人が例のっていう笑 (笑ってなんだよって突っ込まれそうだけど)

 

大阪のノリ丸出しの面白い女の子でした。

 

お二人のブログはこちらで。どっちもランキングめっちゃ上位だけど。

 

世界いっしゅう、ごんざれす

 

world photrip

 

 

 

で、泥棒市へと向かいましょう。

 

泥棒市はEl Altoというラパスでもさらに標高の高い場所で開催されている。

 

この時はバスで行ったんだけど、断然オススメはこのロープウエイ。

 

このロープウェイからはこんな感じでラパスの町を見下ろす事ができるのよね。

 

ただの移動手段としてだけでなく、観光と考えてもかなり良さげ。

 

また後日だけど、夜もまためちゃくちゃ綺麗なのよね。3回見に行ったわ。

 

 

ただこのEl Altoはラパスの中でも少々治安が悪いらしい。。

 

この泥棒市で携帯やサイフを盗られたっていう旅行者は数知れず。

 

まさに泥棒市。。!

 

自分はそんなに治安悪そうには感じなかったけど、行く場合はどうぞご注意を。

 

 

 

さて、泥棒市だけど名前の通り色々盗品なんかも売られているらしい。

 

自分の友達の友達の話だけど、ラパスから他の町へと向かう夜行バスでパソコンを盗まれてしまったようだ。

 

だがその人はすぐラパスに戻り、なんとこの泥棒市で自分のパソコンを見つけ出したらしい!

 

すごいよね、、そんな事あるんだ。


そしてすぐに警察と一緒店に行き見事パソコンを取り返したみたい。


写真などのデータはすべて消されてしまってたらしいが、その補償としてかなりの額のお金も店側からもらったみたいだし。

 

すごい執念。。

 

 

あ、そーいや今思い出したけど、友達がタイでiphone盗まれたのよね。

 

でもiphoneってGPSとかで位置がわかるらしいね?

 

で、数日後その友達のiphoneがカンボジアにあるって通知が一度だけ来たらしい!

 

この友達の場合はカンボジアまでは行かなかったけど、こういうのがあれば多少盗まれた物も取り返せるチャンスがあるのかもね。

 

 

でも実際にこの市場を周ってみても、そうしたいかにもな盗品っぽいiphoneとかは見つけられなかったけど。(別に買いたいわけではないのでご案内を)

 

どちらかというと普通の蚤の市というか、古着とかジャンク品なんかを売っている感じだったかな。

 

↓自動車のパーツ

 

↓ガラクタにしか見えないものも並ぶ

 

ぬいぐるみを売っている店では思いっきり日本のキティちゃんが売られていた。

 

巫女じゃなくて白無垢スタイルよね?多分。

 

商品の上でねるおばちゃん。商売っ気ゼロ笑

 

路上でよく売られているのを見るこちらのクリームたっぷりっぽいゼリー。

 

気になったので食べてみたけど、クリームは生クリームってかヨーグルトに近い味だったかな。

 

クリームも混ぜてたみたいだけど、ちゃんと泡だて器で泡立てるとヨーグルトでもこうなるのかな?

 

 

ここではインディヘナのおばちゃんもたくさん見かける。

 

なんか一気にローカルっぽい感じになったよね。やはり自分はこんな雰囲気の国の方が好きだな。

 

こちらにはリャマだかアルパカだかの子供のミイラが売られていた。

 

これは食用とかじゃなくてお祈りとかそうした儀式に使われるようなお供え物みたいね。

 

ラパスの一角には、これとか謎の人形などの祈祷グッズがたくさん並んでいるエリアがあって「魔女通り」と呼ばれているみたい。

 

これは「エケコ人形」という福を招くというシロモノ。なかなか怪しげだがボリビアでは超一般的なようだ。

 

こちらで売られているのはリャマの肉。

 

ウユニにいる間に食べたけど牛肉よりは堅めだったかな。まぁ安いんだけど。

 

これはもう泥棒市じゃなくて普通の土産物屋。

 

ボリビアはこうしてカラフルな服とか雑貨が多くてなんとなくグアテマラを思い出すね。

 

なんかパーカーとかカバンをオーダーで安く作る事もできるらしい。

 

さっき言ったロープウェイからの夜景は後日また紹介するとして、今回はタクシーで見に行ったミラドール・キリキリという場所。

 

なかなか見晴らし良いがやはりロープウェイからの眺めが良かったかな。

 

 

 

さて、あっさりだけど今回はこの辺で。

 

ラパス辺はもう少し続きます。

 

ではまたー。

 

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:157.ボリビア, 06:57
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/1334