RSS | ATOM | SEARCH
なるほど。。これがウユニ塩湖か。

こんにちは。

 

現在はイースター休暇も終わって再び移動開始。

 

チリ南部からフェリーに30時間ほどチロエ島へと向かうところです。

 

 

さて、ブログ上ではボリビアのウユニに到着!

 

いや〜ようやくウユニまで来たって感じ。毎年毎年友達のウユニ写真を見続けてきたけどついに自分が来る番になったか。

 

 

ウユニ塩湖へのツアーは色んな旅行会社が扱っているが、今日本人に一番人気なのはHODAKAかな?

 

日本は全く関係ないけどこの日本的な名前のためか日本人が集まりやすいもよう。

 

塩湖のツアーも大体7人でいく事になるので、こうして人が集まりやすいHODAKAが無難かもね。

 

まぁ日本人にこだわらなければ他のツアー会社が安かったりするみたいだし、実際韓国人はHODAKAだけでなくて他の会社も使ってるな。今韓国人は日本人の3倍ほど人がいるので(個人の印象)勝手に人も集まるんでしょう。

 

まぁその辺はお好みで。

 

 

で、塩湖のツアーには大体

 .汽鵐薀ぅ坤張◆

 ▲妊ぅ張◆

 サンセットツアー

なんかが定番。

 

1ツアーがだいたい6時間なので、6時間であればサンセット+星空とか、星空only!とかのツアーもけっこう自由に組めるみたいね。(130ボリ、2000円)

 

自分はまず、デイツアー+サンセットの1dayツアーに参加して小手調べと行きましょうか。。

これはランチ付きで200ボリね(3400円ほど)

 

 

当日は朝10時半に出発。

 

やはり参加者は全員日本人だ。簡単に挨拶をして車に乗り込む。

 

まず立ち寄ったのは謎の家。

 

どうやらここで長靴を借りるらしい。

 

ウユニ塩湖はずっと水が張ってるからね、まぁ確かに長靴は必要ですな。

 

 

適当に長靴を選んで再び出発。

 

 

最初に着いたのはこちら、列車の墓場と呼ばれている場所だ。

 

かつてこのあたりで使っていた列車が大量に放置されている。車両の数で言うと30以上はあるかもね。

 

そして他の観光客もかなり多いのに驚く。ウユニは最近特に日本人韓国人に人気かと思ってたけど、まぁ普通に欧米人の観光客も多いね。

 

大量の観光客だが、ちょっと離れれば人のいない車両もあったのでここで記念撮影でも。

 

廃墟っぽい感じでなかなかいいね。

 

そしてまた車で移動。

 

ボリビアらしからぬ?ちゃんと整備された高速道路みたいな所を走っていく。

 

西側の方はずーっとなんもない景色が広がっているのがわかる。あのあたりが塩湖なのだろう。

 

30分ほど進んで幹線道路を離れてちょっとした村に立ち寄った。

 

土産物屋だらけ まぁそれはいいんだけどまだ塩湖見てねー笑

 

塩湖もまだ見てないのに土産物を買うって気にはならないな。

 

と思ったけど暇だったのでふらついて、リャマの人形がついた塩のマグネットを購入。

 

まぁ後日塩の部分は粉々になってしまいただのリャマ人形になってしまったが笑

 

 

30分後くらいに出発。

 

今度着いたのは。。塩のホテル。 おい、塩湖にはいつ着くんだ。。

 

塩のホテルというと、塩湖の真ん中にあるやつが有名だが、最近は塩湖の手前にこうして立派なホテルがいくらかある。

 

中の内装は塩だらけ!ベッドとかテーブルとかも塩でできている。

 

こうして雪だるまみたいのもあったり。

 

今回一緒のツアーに参加した日本からの短期旅行者の方が、後日ここではないけど他の塩のホテルに泊まったけどけっこうお高かったみたい。。まぁでもこうしたホテルもなかなかないし面白いかとは思うけど。

 

 

ここから出発してようやく塩湖へ到着!

 

が、ここはまだ入り口なのか、すごい綺麗な景色ではなく先日降った大雨で汚い川みたいになってる笑

 

ここを天下のランドクルーザー様で道なき道を走っていく。

 

車はけっこう走っていくけどずっと水の中を走っていく形だな。

 

 

ってか水多すぎだろ笑 

 

去年は雨が全然降らずに鏡張りがずっと見れなかったらしいが、とりあえずこれなら鏡張りが見れない事もないだろう。

 

そして何やら国旗がたくさんはためいてる場所に到着。

 

旗はたくさんあるけど日本の国旗がなかったなー。

 

どうやらここで昼休憩らしい。

 

まだ全然塩湖をちゃんと見れてないんだけど笑

 

時間はたっぷりあるんだろうけど、さっきから肩をすかされてばっかりだな。

 

 

昼食後はさらに車を奥へ奥へと走らせていく。

 

このウユニの塩湖はすげー広範囲にわたって平な大地らしいんだけど、一応鏡張りとか綺麗に見えるスポットなんかがあるみたいね。

 

なーんもない大地を一応車のカーナビでGPSを頼りに進んでいく。

 

段々きれいになっていくね。

 

 

 

そして車がある場所に到着した。ここが鑑賞スポットなのかな?

 

 

 

で、それの景色がこれ!

 

おぉぉぉーさすがに綺麗!

 

 

 

。。。なるほど、これがウユニ塩湖か。

 

写真では何度も何度も何度も見てきたけど、実際に自分の目で見ると全然違うな。

 

これが辺り一面、360度広がっている。

 

雲の上を歩ける、みたいなフレーズも確かもあるけど確かにそんな錯覚を覚える。

 

ただただ素晴らしい。

 

世界色んな所を訪れたけど、このウユニの光景は間違いなくトップクラスの光景だわ。

 

世界にこんな場所があるなんてほんと旅は面白いし終わりがないね、って改めて思わされた。

 

 

いや、いきなりこんな光景が見れたってのはけっこうラッキーかも。

 

ウユニも自然物だしその時の状況によって全然見え方が違うのよね。

 

晴れすぎて全く雲がなくてもつまらないし、これぐらい適度に雲があった方がより綺麗に見える。

 

いや、ほんと期待通りの素晴らしさですわ。

 

人によっては世界一周中に一番行きたかたった場所とか挙げるもんね。

 

自分の場合はどこだろ??とりあえずチベットには絶対行きたいと思ってたぐらいかな

 

ちなみに今一番行きたいのはガラパゴス諸島。2ヵ月後くらいに行けるかな?

 

 

 

一面に水が張っているので、これも写真でよく見ていたようなトリック写真は撮れないかな?

 

と思ったら一応乾燥しているエリアもあったみたいで、ちょっとだけトリック写真を撮ってみた。

 

超定番のゴジラとの写真や

 

こんなのとか。なんやかんやけっこうおもしろいよね。

 

でもこうした写真はカメラマン(ドライバー)のテク次第なところはあるけど。

 

ちなみに写っている側はどんな感じになってるかさっぱりわからず、写真を見て初めて「おぉ〜!」ってなる。

 

 

自分が持ち込んだモアイ像も使ってみた。

 

まぁたいして面白い写真にはならなかったね笑 謎のシュールさが笑えるけど。

 

ちなみに実際はこんな感じで写真を撮る。

 

自分も試しに撮ってみたけどなかなかに難しかったね。

 

 

さて、トリック写真も満足したので夕日のスポットへと移動。

 

が、残念ながらこの日は雲がかかって綺麗な夕日は見れなかったけど。

 

それでもこれだけの景色が見られれば十分か。

 

暇なのでこんな写真を撮ったりする。

 

実際キスしてるわけでなくてそんな感じに撮ってるだけね。

 

オレがあーだこーだ指示を出して何枚も撮ったんだけど、てかこれオレもめっちゃやりたいじゃん!笑

 

でもオレも撮ってくれとは言えず。。笑

 

いや、でもこんなん後から見ても恥ずかしいだけなので妙な黒歴史を残さないで良かったか。。

 

ちなみにこの写真の二人はカップルではなくてこの日が初対面です笑

 

 

あとこんな写真とかね。

 

これも初対面の二人だけど絵的にはいいよね。

 

この写真を見て後々2人がどう思うのか知らんけど笑 友達とかに見せたら「え?隣の人誰?」とかってなるわけよね笑

 

沈む夕日は見れなかったけど綺麗な夕焼けは見えたしこれはこれで良かったかな。

 

 

まずは小手調べって感じで参加した1dayツアーだったけどまぁ満足かな。

 

そしてこの1dayツアーはこの1回でもう十分だな。

 

上で写真載せたみたいに、塩湖以外の部分がめっちゃ長いのよね。

 

なので今後はサンライズかサンセットのツアーをメインに参加してました。

 

 

その辺の様子はまた後ほどー。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:157.ボリビア, 06:57
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/1331