RSS | ATOM | SEARCH
イースターのハイライト、15体のモアイ。

こんにちは。

 

今日はアルゼンチンで一番行きたかった場所、ペリトモレノ氷河に行ってきました。

 

思ったより断然大規模だったし氷河の崩落も見れて大満足です。

 

ただ値段がえらい高いのだけが難点ですが。。パタゴニア旅も楽ではないです。

 

 

 

さて、ブログ上ではイースター島ですね!

 

モアイの製造場所であるラノララクを後にして、そこからもう見下ろせる場所にあるアフトンガリキへ。

 

トンガリキはイースターにきて最初に日の出を見にきたけど、その時はそれだけでまだじっくり見てなかったので改めて来たわけです。

 

ちなみに今回は自転車を借りてやってきた。

 

片道2時間ほどの距離だけど、こののんびりしたイースターを自転車で走るってのがなかなか心地良くて、あと80ドルもする入場料の元をとってやろぜチクショウっていう意気込みでこのトンガリキには結局自転車で3回きたかな。

 

まぁそれでも飽きることなくずっといられるトンガリキはほんとかっこいいのよね。

 

さて、前も写真載せたけどこれがアフトンガリキ!

 

威風堂々、15体のモアイが立ち並んでいます。

 

でもこのモアイ達はかつては全部倒されてしまっていた。。

 

それを日本にクレーンの会社が再び立ち上がらせたのだ。

 

そのドキュメンタリーみたいのを、このイースターの宿にあったDVDで見たけどすごいよね。

 

モアイの事を知った社員が、社長に「うちのクレーンでモアイを立たせましょう!!」みたいにしてこのプロジェクトが始まったらしい。

 

「はぁ?モアイ? 何言ってるの?笑」とはならずにその気になった社長も会社もすごいけど笑

 

経営的にそんな事してる余裕があったのかはわからんけど、心の余裕というか寛大さがすごいですよね。

 

 

ここには当時の写真があったりする。

 

ただ立たせるだけでなく、もちろん修復が必要だったりかなり大規模なプロジェクトだよね。

 

 

その甲斐もあって、この15体並んだトンガリキはイースター島でも屈指の観光スポットになっている。

 

そう考えるとそのクレーン会社の貢献度はすごいもんよね。

 

そして自分も今こうしてモアイを見れているわけだしね。

 

6mとか8mあるモアイはそれぞれ表情が違っている。

 

ずっと眺めていると何かを訴えてくるかのような表情は飽きる事がない。

 

諸説あるみたいだけどモアイは1000年前には作られていたみたいね。

 

でもその目的や運搬方法は正確にはわかっていない。

 

「世界七不思議」ってのあったらモアイは間違いなく入るかなと。

 

村の守り神として作られたと言われているモアイだけど、その運搬には大量の木材が必要だったみたい。

 

木を大量に伐採した結果、島が疲弊し人口が激減してしまったようだ。

 

実際今もイースター島には木らしい木はほとんどない。

 

 

村の守り神であるモアイのために、結局は自分達の首をしめてしまったという皮肉な話ですね。

 

この15体のモアイのすぐ前には大きいモアイが倒れている。

 

これは運搬途中で放棄されちゃったものかな?このモアイもいずれは立つ日がくるのかもね。

 

 

15体並ぶモアイに続き、自分も16番目の使徒になってみる。

 

まぁ定番の写真ですかね。

 

↓これは後日また訪れた時の

 

このモアイ達を見ていてもほんとずっと飽きない。

 

昔のモアイがいた時代や作られた状況を想像したり。

 

このトンガリキにけっこう長い時間いたけど、何回か自分ひとりだけって状態になったな。

 

モアイ独り占めです。

 

時間はいくらでもあったのでジャンプ写真とか色々試してみたけど我ながら似合わない。。笑

 

ただこうして突っ立ってる方がいいね。

 

トンガリキではモアイの裏側にも周れる。

 

近くで見るモアイはさらに大きく見える。まぁその分修復された跡もかなり見えるが。

 

やはりこのトンガリキがイースター島で一番好きな場所かもね。

 

モアイの存在感がほんとかっこいい。

 

 

 

この数日後、再びこのトンガリキで日の出を見るために自転車でやってきた。

 

出発は朝4時半とかだったかな?

 

ハンガロアの町を抜けると街灯とか一切ない真っ暗闇だ。

 

そこをヘッドライトをつかいつつ自転車をこいでいく。

 

暗闇だし怖いかなと思ってたけど、実際はかなりの星空が見えてかなりテンション上がった。

 

サンライズを自転車で見に行く人もあまりいないかもだけど、これはオススメ笑

 

 

暗闇の中でも順調に進めて2時間もかからずトンガリキに到着。

 

早速モアイのシルエット越しに星空を撮りたかったんだけど入り口が閉まってて入れず。。

 

数日前に行った友達は開いてたらしいが。。かと言って勝手に入るわけにもいかず結局モアイwith星空は撮れなかったが。。

 

↓暇つぶしと試しで撮ってみた写真。

 

しばらくすると誰かしらが現れたのかトンガリキに入れるようになった。

 

でももう星空は見えずに朝焼けって感じだな。

 

そして上がってきた太陽。

 

日の光がモアイの間から差し込んでくる。

 

この神々しい光景もかなり好きだわ。

 

まじでイースター島きて良かった〜としみじみ思える。

 

 

日の出によってできたモアイの影もなかなか渋い。

 

 

いや、ほんと大満足のトンガリキですわ。

 

まぁイースターに行く人はほぼ100%訪れる場所だろうけど間違いなく素晴らしいです。

 

実際これを書いてるのってイースターに行って3ヵ月経ってるけど今思い返しても良かったな〜としみじみ。

 

ほんと満足度高いイースターです。

 

 

まぁこれで島も終わりじゃなくイースター編はまだ続きますー。

 

ではまた。

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:156.チリ, 06:59
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/1326