RSS | ATOM | SEARCH
[アルゼンチン]カラフルなボカ地区とタンゴ。

こんにちは。

 

リアルタイムではブエノスアイレスです。

 

今回のブログ記事は3ヵ月前の話になるけど。

 

3ヵ月ぶりにきたブエノスだけど、かなり暑かった前回に比べてすっかり涼しくなってしまった。。

 

夜はユニクロのダウンも着てるんだけど、こんなんでこれから行くパタゴニアがやっていけるか不安ですわ。。

 

まぁ頑張るしかないけど。

 

 

 

 

さて、今回はブエノスアイレスでも定番の観光地、ボカ地区にあるカミニートへ行った話。

 

自分が泊まっていた上野山荘からは、大通りなどから152のバスで簡単に向かえる。

 

治安が悪いと言われているボカ地区だけど、バスはカミニートのすぐそばに着くので特に心配はない。

 

 

で、こちらがカミニート。

 

なぜかこの一帯だけカラフルでポップな感じの建物が並んでいて観光客も急に増えた。

 

なんでここだけこうなったのかはわからないけど、とりあえず歩く分には楽しそうだね。

 

お土産物屋も多数。

 

ブエノスに来る観光客のほとんどがこのカミニートに来る事になるんじゃないかな?

 

ここが多分一番有名なカラフルな家のところ。

 

と言っても事前情報ほぼなしで行った自分には古くて薄汚いぐらいにしか見えなかったけど、やはり一番有名だったようでガイドブックとか案内にはここの写真が使われているな。

 

まぁ特にこれと言った見所があるわけじゃないんだけど、ここをふらふらするのが楽しいのかな。

 

雰囲気はちょっと違うがロンドンのカムデンタウンとか、これこそ違いそうけど原宿を歩くようなもんか?

 

 

ブエノスアイレスの町中心はヨーロッパ風の町並みでオシャレぶった?感じだけどここはほんと可愛らしいのが多い。

 

 

店の前にはこうした人形が多かったりする。

 

これは今のローマ法王がアルゼンチン出身の人なのでその人かな?たしかフランシスコ1世だったかな。

 

マラドーナの人形も多数あった。

 

そして人形だけでなくそっくりさんみたいな人も笑

 

観光客と一緒に写真を撮ってチップをもらっているんだろうけど、どうやら長年ここでそっくりさんとしてやってる有名人らしい。

 

マラドーナも髪型とか体系とかもどんどん変わってるけどその度に本家に合わせているのかな?

 

 

そしてこちらの人も!

 

そう、チェ・ゲバラですね。

 

キューバ革命で有名なゲバラだけど出身はアルゼンチンなのよね。

 

アルゼンチンで育ち大学で医師免許を取った以降、活躍したのはキューバとか海外なのでアルゼンチン国内ではそこまで人気ないと聞いたけど国際的な有名人だからね。

 

てことで土産物屋にもゲバラグッズが売られている。

 

なんかキューバからアルゼンチンに来たので、連続でこうしてゲバラを見続けている事になる。

 

そーいや後日町中でやっているデモに遭遇。

 

ゲバラの絵を使って「GUEVARISTA」って言葉を使っていた。「ゲバラ主義」って事だね。

 

 

話が脱線しているけど、このままゲバラの話を。

 

チェ・ゲバラの「チェ」っていうのは名前ではなくニックネーム。

 

アルゼンチンでは「やぁ」とか「君ぃ」とか呼びかけかける時に「チェ」って言うみたいなのよね。

 

ゲバラがメキシコなどで自己紹介する時に「チェ(やぁ) ゲバラだ」なんて言っていたのが

 

「チェ・ゲバラ」という名前だと勘違いされたようで「チェ」と呼ばれるようになったみたい。

 

本人もこれは気に入ったようで、大臣になってからのサインとも全部「che」だしね。

 

 

 

という話でした笑 脱線したがアルゼンチンの有名人の話ってことで。

 

 

 

 

ともかく、

 

マラドーナ、ローマ法王、チェ・ゲバラなどアルゼンチンの有名人が見て取れる。

 

そして、最近の有名人と言えばこの人かな。

 

そう、メッシですね。

 

この像自分(173cm)よりも小さかったんだけど実物のメッシもこんなに小さいのかな?

 

 

で、リアルタイムの今もこのブエノスアイレスにいるんだけど、今回の目的は一つ。

 

W杯の南米予選を観る事!!

 

アルゼンチン対チリっていう、昨年の南米選手権の決勝の組み合わせである。

 

その選手権で残念ながらアルゼンチンは負けてしまい、W杯に続き優勝を逃す結果に。。

 

バルセロナでは世界一のタイトルを何度も手にしているメッシだけど、代表チームではこうした世界タイトルが取れてないのよね。。なので「まだまだマラドーナには及ばない」なんて言われ方もしているようだけど。。

 

そんな因縁の相手のチリ。

 

アルゼンチン、メッシが燃えないわけないですね。

 

かなり楽しみであります。試合は明日(3月23日)です。

 

 

 

かつてマラドーナが所属していたボカジュニアーズのスタジアムもかなり近い。

 

ほんと住宅地にいきなりこんな巨大スタジアムが出てくる。

 

そーいや日本代表にいた高原もかつてこのボカに所属してたんよね。

 

アルゼンチンの超人気チームにいたってのはなんか不思議。

 

ボカで高原がどれだけ活躍してたか知らないけどね。どうだったんでしょ?

 

 

 

 

そしてこのカミニートで忘れてならないのがこちら。

 

 

アルゼンチンのダンス、タンゴ

 

タンゴはこのボカという貧困地区で生まれたらしい。

 

タンゴって名前は聞いた事あったけど、実際の動きは見た事なかったんよね。

 

後日ブエノスの繁華街、フロリダ通りの路上でタンゴをやっていたのでじっくり見る事ができた。

 

サルサやサンバなど、リズム感を全面に押し出したようなダンスではなく、

 

なんか流れるような、「美しい」動きをするダンスなんだね。

 

ボカのイメージとは全然違うが、かなり芸術度の高い踊りに見える。

 

↓この踊っている女性は日本人だったな。

 

 

いかにも大人なダンスって感じでかっこいい。

 

でもサルサ同様、自分が踊れる気もしない笑

 

この2人みたいにバッチリ絵になるならいいんだろうけど笑

 

 

動画でも撮ったけど、ネットが遅くて載せられないので興味ある方はyoutubeでも探してみてください(てきとう)

 

 

タンゴやカミニート、有名人の像などと言ったいかにもアルゼンチンな光景が見れてけっこう充実したかな。

 

ブエノス滞在はまだ続きますー。

 

ではまた。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:154.アルゼンチン, 06:08
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/1311