RSS | ATOM | SEARCH
[キューバ]小さな達成感とハバナ到着。

 

こんにちは。

 

リアルタイムではブラジルですがこれから一気にアルゼンチンの最南端、パタゴニアの方へと向かいます。

 

まぁその前にまたブエノスで数日のんびりってか準備してから行こうかなと。

 

今更もいいとこだけど、自分はやはり旅のペースがゆっくりみたいだね。

 

ウユニとかカーニバルで一緒だった友達がことごとく南米を離れていく笑

 

こちらも南米はあと3,4ヵ月したら終了かな?

 

まぁまだまだ未定だけど。とりあえず楽しんではいます。

 

 

 

さて、ブログ上はキューバですね。

 

サンタクララでの滞在も満足したので首都のハバナに戻る事に。

 

キューバ周遊旅もこれで終了。いやーもっと日程があれば色々周ったのになー。

 

正直まだまだキューバには居たかったね。まぁまたいずれだね。

 

 

さて、サンタクララからハバナまでは多分3時間ぐらいの距離だが外国人が使うViasulのバスが18CUC(18ドル)となかなかにお高い。

 

ハバナ行きならカミオンが簡単に捕まえられそうだしカミオンで移動しよう。

 

宿の人にカミオンがどこから出るか聞いてみると、普通にバスターミナルから出てるよ?って事なのでバスターミナルに行ってみるも「カミオンはない」との事。。

 

まぁそんな気はしたのよねー。先日ここに到着した時にちょっと様子を探ってたし。

 

その辺の人に色々聞いてみてもカミオンはやはりないとの事。

 

ふむ。。でもないわけない気もするんだよね。

 

 

って事で、ハバナへと向かう幹線道路まで行ってみてそこでカミオンを捕まえてみる事に。

 

↓見ずらいかもだけど、黄色い点がバスターミナルで赤い所がカミオンを捕まえる場所。

 

 

バスターミナルからそのポイントまで歩いてみる。

 

ちょうどその途中にチェ・ゲバラの霊廟の脇を通る感じとなった。

 

最後にまたゲバラの姿(像だけど)が見れて一気に爽やかな気分になるね。

 

「Hasta La Victoria Siempre」

 

「常に勝利に向かって」

 

というゲバラの言葉(でいいのかな?)があるが、自分もそのつもりでそのポイントへと向かう。

 

そこに行けばきっとカミオンが捕まえられるという、なんとなくだが自信が湧いてくるね。

 

 

ほどなくしてそのポイントに到着。

 

するとオンボロだが一台のカミオンが止まっていた。

 

おーこれはもうあっさりハバナ行きがあったかな?

 

 

と思ったけど残念ながらこのカミオンはハバナ行きじゃなかったみたい。

 

ってかどっか故障してるみたいで、これ以上走れないみたいになっていた笑

 

 

さて、気を取り直してここでカミオンを待つ。

 

周りにもちらほら人がいるなー。

 

でも話しかけてみてもみんなシエンフエゴス行きだったけど。

 

確かにここにはシエンフエゴス行きの乗り合いタクシーってか車がじゃんじゃん来て、現地人もどんどん乗っていく。

 

見てたらみんな20モネダ(100円)とかそんなもんしか払っていなかったのでサンタクララからシエンフエゴス行く人は試してみてもいいかもね。

 

 

さて、ここを通る車の管理をしてたような人に聞いてみたら「ハバナ行きも来るよ」みたいな事を言われたので多少安心できるね。

 

 

 

そして、ほどなくして一台のカミオンが来た!

 

その管理人がカミオンを止めてくれて聞いてくれたのだが、どうやらハバナへ行くという。やったねー。

 

おじさんにありがとうと握手した後カミオンへと乗り込んだ。

 

 

 

が、様子がおかしい?

 

 

 

普段カミオンって人がぎゅうぎゅうなイメージだったんだけど、なんと誰も乗っていない笑

 

どういう経緯なのか全くわからないが、このカミオンはただハバナへ帰るだけみたい。

 

 

って事でカミオン貸し切り状態!

 

座席の部分が鉄なんだけど横になって移動する事ができた。

 

こりゃ楽ちんだw

 

 

カミオンはかなりのスピードでハバナへと走る。

 

途中、自分のような客?を数人乗せたがそれでもカミオン内はガラガラ。

 

ほんとようわからんけどとりあえず快適だからいいや笑

 

 

そーいやこのカミオンには50モネダ=2CUC払ったな。Viasulの18CUCと比べるとはるかに安く移動できた事になる。

 

んー、こういうのって気持ちいいよねー。

 

「ない」と言われたカミオンを感を頼りに探し出し、結果的に安く快適に移動できた。

 

旅人としての感や行動が見事に的中したわけで。

 

小さい事だが、こうした達成感みたいのが旅の満足度を高めてくれる気がする。

 

いや、ほんと小さい事だけどね。まぁ旅してる人ならわかってもらえるのかなと。

 

 

そんな感じでにやにやしながら(きもい)、ハバナへと到着。

 

市内中心よりちょっと手前に到着したが、そこはもう勝手知ったるハバナ。

 

市バスを乗り継いで旧市街へと向かった。

 

 

宿も、前回同様シオマラさんの家へ。

 

が、あいにく満室との事。。

 

と思ったら、リビングのベッドなら5CUCでいいわよ?との特別オファーが。

 

ドミは通常10CUC(10ドル)なので半額である。

 

安いのは嬉しいけど、誰かがリビングで夜遅くまで話してたらうるさくて寝れなそうだなー。

 

と思ったけど結局この状態で4泊した笑

 

ってか毎日なんやかんや一番最後まで起きてたのは自分だった気がするし笑

 

まさに住めば都ってやつだな。

 

 

さて、2週間ぶりに戻ってきたハバナ。

 

相変わらずインドみたいにごちゃごちゃしているけどそれもまた心地よいね。

 

最後までのんびり楽しむことにしましょう。

 

こうしたカラフルな建物もなかなか良いね。

 

中華街の門。

 

先に中華街があるんだけど、今はもう中国人の姿はあまりないようだ。

 

かつてはそこそこいたようだけどキューバが社会主義国になってから出て行ったしまったみたい。

 

そしてやはりハバナの町にはクラシックカーが映えるね。

 

いくら撮ってもまたカメラを向けたくなってしまう。

 

こうした光景ともそろそろおさらばか。

 

今回のハバナは前回以上にローカルなエリアを歩いてみる事にした。

 

首都とは言ってもこうしたローカルな光景があちこちで見られる。

 

サンティアゴ・デ・クーバも好きだったけどなんやかんやハバナが一番見所はあるかもね。

 

 

さて、最後のハバナ滞在では他の旅行者、ブロガーさんと楽しく過ごすことができました。

 

その様子はまた次回にでもー。

 

 

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:153.キューバ, 07:15
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/1306