RSS | ATOM | SEARCH
[キューバ]カマグエイ町歩き、ゲバラ多め。

こんにちは。

 

これまたずいぶん間が空いてしましました。。

 

近況だとウユニの後、ワイナポトシ登山(6088m)をしてチェ・ゲバラ最後の地を訪れパラグアイにやってきた所です。

 

イグアスの滝も見終わったしそろそろブラジルはリオデジャネイロに向かおうかな、ってぐらいです。

 

リオはあれです、カーニバルです。楽しみ。

 

気まぐれですがまたぼちぼち更新していきますのでよろしくお願いします。

 

 

 

さて、ブログ上は、、、キューバのどこだろ?

 

 

と思ったら中部のカマグエイに着いたとこみたいですね。

 

到着した日はゆっくりと町を歩いて大体の雰囲気をつかんだかな。

 

 

ここの街並みも世界遺産になっているようで、確かにヨーロッパっぽいわりと小ぎれいな街並みかも。

 

と同時にちょっと中心地から離れると古い家々が連なっていたりとなかなか趣のある感じですなぁ。

 

 

 

翌日も適当に町歩き。

 

これと言った見所はないかもだけど、キューバだとただ町をふらふらしているだけで面白い光景に出くわすのがいいのよね。

 

 

こちらは通りがかった建物にて。

 

キューバの国旗とフィデルらが率いたゲリラ組織7月26日運動の旗「M-26-7」だ。

 

で、それを撮ろうとしたらそれに気づいたお姉さんがめっちゃポーズ決めてる笑

 

キューバのこうした感じは嫌いじゃないね笑

 

これはちょっとした広場にて。

 

名前忘れたけどここも革命広場かな?誰かしらの像が立っていた。フィデルではない。ホセマルティかな?

 

でもその下の彫刻にはフィデルやゲバラが描かれている。

 

さっきも言ったけどリアルタイムではこのゲバラが亡くなったボリビアの村に行ってきたのでちと感慨深い。

 

そんなゲバラはこのカマグエイでもあちこちで見る事ができた。

 

バイクのタンクにも。

 

あと前回も載せたけどメインの広場にある建物にもゲバラの顔が。

 

これは数年前の歩き方のキューバ編の表紙にも使われているね。

 

こちらの店内にも。

 

チェ・ゲバラが日常にもこうして浸透している。

 

町中にあったチェス倶楽部みたいな建物にもゲバラの大きな絵があった。

 

ゲバラとチェスの関係ってあんまりわからないんだけど、とりあずかっこいいからOK。

 

 

ゲバラだけでなくフィデルの写真もたまにある。

 

今後はこのフィデルの写真が増えていきそうだね。

 

まぁともかくキューバらしい光景だ。

 

 

さて、引き続き町歩きを。

 

町の中心辺りはやや華やかな感じだったけどちょっと離れるとほんとローカルな雰囲気だ。

 

こうした場所の方がリアルなキューバの感じがしていいかな。

 

 

ここですれ違う人のほとんどが手にアイスを持っていた。

 

近くにアイス屋があるのかな?なんて思ったらすぐにあった。

 

て事で自分もチョコっぽいアイスを買ってみる。これで5モネダ(25円)なので安いよね。

 

アイスが無難に美味しかったのにも驚いたけど(失礼)、コーンがやたら大きいのにも驚いた。

 

写真じゃわかりにくいけどかなり肉厚?でコーンの食べごたえもなかなか。

 

 

もうちょっと歩いていると、今度は豚の丸焼きみたいのから肉をそいでいる人が。。

 

見てみるとそれを手際よくパンに挟んでいる。

 

これも美味しそうだったので試してみる。今度も5モネダなので25円だ。

 

こうして気軽に色んな料理が試せるのは嬉しいね。

 

ちなみに味は甘味の効いた豚肉でなかなか美味しかった。

 

 

さらについでにキューバのストリートフードの定番、ピザ。

 

直径15センチほどの一人用のピザでただチーズとかハムが乗っただけのシンプルなピザなんだけど、大体焼きたてのを渡してくれるしモチモチした生地のピザでけっこう美味しいのよね。

 

これで6モネダ(30円)とか10モネダ(50円)とか。

 

キューバ滞在中は1日1回はこうしたピザを食べていたかなー。

 

こちら、雰囲気のいい教会。

 

サイドカー付きのバイク。

 

キューバでけっこう見かける光景。サイドカーの人もヘルメットかぶっていてちゃんとしている。

 

カマグエイでもクラシックカーはよく見たな。

 

そして右側にあるインドで言うリキシャみたいのもまだまだ重要な交通手段。

 

 

鉄道駅にもまた行ってみた。

 

ちょうど列車が止まっていたので乗ってみたがまぁなかなかにボロい笑

 

椅子はその辺のベンチにありそうなやつ。

 

何十年前から使われている列車なんだろう?

 

列車の車窓から。かっこいいお姉さん。

 

さらに町歩き。

 

もう見慣れてきた光景だけど、キューバのスーパーでの品揃えはこんな感じ。

 

これを直接じゃなくて、カウンターごしに店員さんに欲しい商品を言って買う感じ。

 

ここで並んでいるのは水とか油とかだな。まぁとても種類が豊富とは言えないよね。

 

外に並んでいるショーウインドウには歯ブラシとか歯磨き後が並んでいる。

 

ちょっとシュールな光景で笑える。全部キューバ製なのかな?

 

 

お、こちらの店には野球のボールがあった。

 

さすが野球の国。

 

が、かなり手作り感のあるなぁ。キューバの子供はこうしたボールで野球しているんだね。

 

ちなみに15モネダだから75円くらいか。

 

そんなキューバの子。

 

キューバは日本と比べると圧倒的に物資不足に見える。

 

が、その分物を大事に大事に使っている印象を受ける。

 

アメリカとの国交も回復して急に変わりつつあるキューバだけど、この子が大人になる頃にはまた今のキューバとは全然違った感じになるのかもね。

 

カマグエイは特に見所があるわけではないが、ただ歩いているだけで面白いのがキューバ。

 

このカマグエイもなかなか好きな町でした。

 

 

さて、このカマグエイの後はトリニダードって町へ移動します。

 

その様子はまた次回ー。
 

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:153.キューバ, 06:06
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/1299