RSS | ATOM | SEARCH
[マカオ]マカオ1日目 〜ドッグレース〜

今日は長居した香港を離れ、マカオへと向かう。

フェリーターミナルで香港の出国審査を受け、フェリーに乗る。
フェリーは1日に何本も出ているのだが、意外にも?自分のフェリーはほぼ満員だったので香港⇔マカオ間はけっこう移動者が多いのだろう。
フェリーは1時間でマカオに到着。
これまたマカオの入国審査をあっさり終わらせ無事にマカオ入国です。


マカオではマカオパタカという通貨があるが、ほぼ等価である香港ドルもほとんどの場所で使用可能らしく、微妙に余っていた香港ドルを使いバスで宿へと向かう。

ネットで調べた「皇宮大旅館」という宿に行く。名前はかっこいいが、何十年前に建てたんだ??っていうくらい古く、部屋はまるで牢獄のような雰囲気笑
70パタカ(約770円)と調べた金額よりも値上げしたようだが、それでもマカオ最安クラスなのでここに決める。

さっそくマカオの世界遺産を見に行くことに。
観光の中心のセナド広場に行くと大量の観光客が。
このセナド広場も世界遺産だが、すぐ近くに何個も世界遺産があるようでふらふら見ていく。
↓セナド広場


↓聖ドミンゴ教会。だったと思う。


↓名前忘れた笑 今でも現役の区役所みたいなやつ。


マカオは世界遺産が30くらいあるらしいが、世界遺産といっても万里の頂上やピラミッドのようないかにも世界遺産って迫力のものは無く、標識がなければ素通りしてしまうのがほとんどだ。
見ても大体「へ〜」どまり、中には「は?これ??」っていうのも笑
札幌の時計台よりしょぼいのもいっぱいあります。
人通り多い所にあっても観光客いなかったりしたし。

そんな中、マカオの世界遺産で一番有名なのがこの聖ポールのファザードだろう。
さすがに観光客もいっぱいだ。
これはなかなか大きくてよかったが、残念ながらこの門みたいなやつしか残っていない。
てかクリスマスでパンダやらサンタやらの飾りつけだらけだが。


世界遺産巡りは明日ゆっくりするとして、ドッグレースを見に行って見る事に。
ドッグレース場に着いたはいいけど全然客はいなくてさびれている感じで昨日みた香港競馬とはえらい違いである笑
ドッグレースもシステムはほぼ競馬と同じで、レース前にはパドックで犬の調子を見たり、新聞には過去の成績や予想、調犬師のコメントが載ってたりとほんと競馬と同じである。
違うのは、犬に騎手が乗るわけではなく、うさぎみたいな変なぬいぐるいを追っかけて走っていくところかな。




レースは6頭で300mか500mのレースをやるみたい。
パドックで犬を見たがすごい細くていかにも早そうだ。グレイハウンドって種類なのかな?
犬は意外にもけっこう大人しく、ゲートインまで係員に連れられていく。
ゲートインし、係員が旗を振るとうさぎのぬいぐるみが走ってきて、それを追いかけるな形でスタート!
犬はさすがにけっこう早くてあっという間にレースは終了するがわりと迫力があっておもしろい。
レース場では撮影禁止だったでモニターをビデオに撮ってみた。
中国ではYoutubeが使えなかったので動画を公開できなかったが、せっかくなので挙げてみました。
↓レースはこんな感じです。

※動画のアップロードにすごい時間がかかるのでまた後ほど。。

せっかくなので馬券ならぬ犬券も買ってみた。
3レースぐらい様子を見て、やはり犬の気分に左右されるのか1番人気とかの掛け率が全然あてにならなず不確定なこと、2着までに入ればいいのでも10倍になったりするのがあるので
一番人気の無い犬の犬券を買う。
最後の直線まで1位だったのに最後の直線で2頭に抜かれてあえなく3着。。
まぁこんなもんですね。

もう満足したのでドッグレース場を後にする。
セナド広場に行くと、飾り付けられたツリーやらパンダがきらきらしてました。

author:oka, category:3.マカオ, 23:15
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
なんか、パンダがまったくかわいく見えないのは、あたしだけですか(笑)
あさり, 2010/12/15 9:10 AM

>あさりさん
この小さい写真でそこに気付くとはさすがですね笑
中学生が作ったようなパンダは街中にいます。
マカオでなぜこんなにパンダだらけなのかと笑
oka, 2010/12/15 10:53 PM









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/128