RSS | ATOM | SEARCH
ベリーズからメキシコ再入国。なかなか疲れた移動。。

こんにちは。予約投稿です。

 

リアルタイムではキューバです。

 

この記事が更新される12月4日はキューバ革命の指導者、前議長のカストロ氏の葬儀が行われるとの事。

 

ハバナから遠く離れたサンティアゴ・デ・クーバでやるらしいので、バスのチケットなどが買えれば自分も行ってみようかなと思います。

 

観光客でも見れるような葬儀なんかはわかりませんが、現代キューバにとって英雄である事は間違いないカストロ氏の葬儀に是非立ち会えればなと思います。

 

 

 

 

さて、ブログに戻ります。

 

キーカーカーでの短い滞在を終えて、次はまたメキシコへと戻る。

 

今度はユカタン半島、超リゾート地のカンクンなどを訪れるためね。

 

今日向かうのは、カンクンより手前のトゥルムと言う町。

 

グランセノーテと呼ばれる超綺麗な池の拠点となるのでそこを目指す事に。

 

 

まずキーカーカーから朝6時半のボートに乗ってベリーズシティへと戻る。

 

ボートはあらかじめ往復で買っていた。その方がチケットが安くなるもんでね。

 

帰りのボートは指定ではなく、いつの船に乗ってもかわなわいという形なので便利だね。

 

 

ちなみに、、最速で移動するにはキーカーカーからメキシコのチュトマルへとむかう国際ボートもあるらしい。

 

断然こちらの方が速そうなんだけど、このボートが55USDもするらしいのでまぁ却下だね。。

 

 

 

ボートは1時間ほどでベリーズシティに到着。

 

ここでではグアテマラや、自分が行くメキシコの方へのシャトルバスの客引きがすごい。

 

メキシコの国境の町、チュトマルという町行きのもあったがかなり高い値段を言われたので当然却下。

 

 

ベリーズシティからそのチュトマルまではダイレクトのバスが出ているのでそれを利用する。

 

ローカルバスが国境越えるって珍しいよね。

 

 

シャトルの客引きが「今日はバスはないよ」とか言ってくるがまぁ見え透いたウソだ。インドかよ笑

 

ボートのターミナルから20分ほど歩いてバスターミナルに到着。

 

この時点で午前8時ちょいすぎ。

 

ちょうど8時発のチュトマル行きのバスがあったようで、これに飛び乗る事ができたのでよかった。

 

この次のバスは一体何時なのかも不明だし、とりあえず早く移動できるのは助かる。

 

 

が、このバスはすでに満席で座ることができず立つハメに。

 

ベリーズのバスはグアテマラのチキンバスと一緒だ。アメリカのスクールバスのおさがり。

 

 

グアテマラでは1つの席に3人で座っていたけど、このベリーズでは2人しか座らないらしい。。

 

 

かつてギニアとか西アフリカの多くの国で、乗り合いの車はぎゅうぎゅうに押し込まれて移動していた。

 

その後セネガルに入って、ようやく日本のように後ろは3人、助手席に1人で座るようになった時は感動したな。

(それまでは後ろ4人、助手席に2人)

 

むしろ、その時は「え?後ろまだスペースあるけど4人座らなくていいの??」とか思っちゃうぐらい。

 

 

今回の場合も「え?3人で座らないの??って感じ。

 

それぞれイスに座る人は快適なんだろうけど、その分座れない人も出てきてしまう。

 

そして、自分はそのせいで座れないというね。。泣

 

 

ってか最初はそれに気づかず、普通に「座りたいからちょっとつめて」って座ってる人に話したら

 

「はぁ?何言ってんだこのチャイニーズ。。」

 

みたいな感じになった。。まぁそうなるよな笑

 

 

でもすぐ誰かしら降りるかな?

 

と思ってたんだけど、人はなかなか降りて行かずに、結局2時間バスの中で立つ事になった。。

 

まぁ思ったほど辛くはなかったけどね、まさかこんな感じになるとは。。

 

ちなみにチュトマルまでは15ベリーズドル、7.5USDだったね。

 

 

バズはまぁ順調に走り。3時間半ほどで国境近くまで近づいた。

 

 

 

が、国境の手前3kmぐらいから、国境越えの車による大渋滞が発生。

 

国境はすぐなのに車が全然進まない。。

 

この時点では、ベリーズシティからチュトマルまで4時間ぐらいで着きそうだぞ、とか思ったのに、結局国境周辺だけで3時間近くもかかったぞ。。

 

↓渋滞の最中、なんか道なき道をショートカットして走っていく車もちらほら。。

 

ここだけ走るバンもあるので、そのバスを降りてバンでショートカットするのが正解だったな。

 

こちらはメキシコのチュトマルまでのお金払ってるし、ここで降りるのは。。と思ったけど、結局国境でバスに置き去りにされてチュトマルまでは別のバスで行ったしな。

 

他の乗客はほとんど降りてショートカットのバンを利用していた。

 

事情のようわからん、自分含めた数人の旅行者だけがバスに残っていたな。。

 

 

大渋滞も列もちょっとずつは進み、ようやくイミグレーションの建物が見えてきた。

 

ってかショートカットバンに乗らなくても、歩いた方が断然早かったぞ。。

 

 

ようやくベリーズの出国審査を済ませる。

 

出国には40ベリーズドル、約2000円の出国税が必要になる。多分米ドルとかメキシコペソでも払えると思うけど。

 

まぁ安くはないよね。。メキシコもだけど中米は出国税払う国がちらほらあるね。。

 

まぁ仕方ない。

 

 

ベリーズ側からメキシコ側までは20分くらい歩いたかな。

 

途中こんな橋があって、これが実際の国境になっているようだ。

 

川を越えた先はメキシコ。

 

 

メキシコの入国審査をあっさり済ませ、ここからチュトマルの町中まで行くバスの乗り込む。(12ペソ)

 

チュトマルの中心に着いたのは、ベリーズシティを出発して6時間後だった。

 

しかも、このカンクン辺りのエリアは1時間早いようで、この時点でもう午後4時くらいに。

 

 

乗ったバスの終点近くがちょうどトゥルム行きのバスのターミナルになっていた。

 

チュトマルにはADOのバスターミナルが2つあったようで、その近い方に到着。

 

まぁ実際はADOじゃなく、ちょっと安くてランクの低いMIYABみたいな名前のバスだったが。

 

このバスに乗って、さらにトゥルムまで5時間ほどかかった。。185ペソぐらい。

 

 

結局トゥルムに到着したのは夜の10時近く。。

 

朝6時半に出発したので、ほんと1日がかりの移動になった。。あー疲れた。

 

 

 

まぁ今回の移動はキーカーカーで知り合った陳さんと一緒に行動できたので道中話したり暇にならずに助かったけど。

 

陳さんは中国の旅行会社で添乗員として働いていたみたいで、日本にも30回ぐらい来た事があるみたいでかなり親日。

 

結局その後も1週間ぐらい一緒に行動したので、なんか面白いエピソードが思い出せたら書いておきます。

 

 

さて、とにかく疲れたー。

 

この日はタコスを食べにいってすぐに寝た。。

 

明日はセノーテ行ってきますー。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:152.ベリーズ, 07:16
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/1275