RSS | ATOM | SEARCH
[ニカラグア]古都レオンの町歩き。

思わぬ所で活火山が見れてラッキーな滞在となったグラナダ。

 

もう満足なので次のレオンまで移動しようかね。

 

 

さてレオンまでは、途中首都のマナグアを経由する。

 

 

普段なら首都も観光していくんだけど、中米の首都は治安が悪いともっぱらの噂だ。。

 

いや、実際どれくらい悪いのか行ってみないとなんとも言えないが。

 

歩き方には、マナグアのある一角が「必ず強盗に襲われる」という一角がある笑


ほんとかどうか知らないけどちょっと笑える。いや、笑えないか。

 

 

ニカラグアに限らず、中米の国で調べていると「世界一治安の悪い」「世界最恐」なんて単語がよく出てくる。

 

うーん、確かに統計的に殺人率が高かったりするのかもだけど、なんか不必要に「治安が悪い」と煽ってる文章をよく見かける気がするな。。

 

自分が今まで強盗などの被害にあった事ないから楽観的に言えるだけかもだけど、実際そこまで危ないのかね?

 

どの町でも危ない場所ってのは一部のエリアに固まっていて、そうした場所を避ければ大丈夫だと思うが。。

 

まぁ危ないのがどのエリアなのか、旅行者にはすぐわからんとかはあるけどね。

 

 

はい、なんかこの書き方だとマナグアも周る風に聞こえるけど、まぁマナグアはスルーです笑

 

マナグア自体それほど見所もなさそうだしね。。特に変なリスクを負う必要もないかなと。。笑
 

 

 

でも、グラナダからまずはマナグアへ向かうわけだが、手段には.丱▲潺縫丱かという選択肢があるが断然ミニバスが良さそう。

 

というのは、グラナダから到着するバスと、レオンへ出発するバスは違うターミナルらしく、その間を移動しなければならない。

 

でもミニバスならどちらもほぼ同じ場所のミニバスターミナルに着くらしいのよね。

 

ってことでレオンへ乗り継ぐ場合はミニバス一択ですね。

 

朝早くのミニバスに乗ったので通勤客みたいな現地人と一緒に移動。


1時間半ぐらいで着いたのかな?(35コルドバ)

 

 

そして、すぐにレオン行きのミニバス、ってかバンに乗り込んだ(54コルドバ)

 

車内は狭いがエアコンも効いているしレオンまでノンストップなのでまぁ快適。

 

2時間ぐらいで到着したかな。

 

宿は適当に見つけた「Hostal Luna Azul」ってとこで。(ドミ7ドル)

 

部屋に、ってか宿全体でも客は自分だけだった笑 快適だけどさすがに寂しい笑

 

 

さて、早速レオンの町歩き。


レオンもグラナダ同様、コロニアル風な建物が並ぶ町なんだけど、二つの町は雰囲気がちょっと違う。


以前ニカラグアが2つの政党で対立していた時、グラナダは保守的な政党の、レオンは革新的な政党の本拠地となっていたらしい。

 

もしかしたら現在のニカラグア人の気質も二つの町で違ったりするかもね。

 

 

まず向かうのはカテドラル、大聖堂だ。

 

簡素だったグラナダのカテドラルと違い、重厚な雰囲気。

 

 

パイプオルガンの鍵盤かな?

 

 

中央祭壇の像。

 

 

カテドラルの前には公園が広がり、現地の学生たちなどのたまり場になっている。

 

かき氷屋のおばちゃん。

 

多分目の前にあるこの教会みたいな建物が学校なのかな?

 

なんかイギリスにありそうな建物。

 

 

他の教会も見てみる。

 

こちらはレコレクシオン教会。

 

こちらはカルバリオ教会。

 

残念ながらどちらも内部には入れなかったので写真だけ撮って終了。。

 

 

そーいやこのレオン。。

 

なんか町のシンボルキャラがライオンなようで、あちこちにライオンの像を見かける。

 

マクドナルドもあった。


外観はやはりコロニアルというか古い建物な感じ。

 

だけど内部はかなり綺麗で最新のマックって感じ。


メニューも電光掲示板だったしね。

 

ちなみにビッグマックのセットで158コルドバ(560円)だったかな。


昨日食べた中華より高い。。のでパス笑

 

すぐ近くにあったローカル食堂で食べる。


これだと60コルドバ(215円)と安くていいね。

 

 

あとは適当に町をふらふら。

 

基本的にこんな感じのオレンジ色の屋根の古くからある町並みが続く。

 

お、これは。。。

 

わからないけど多分銃弾の痕。

 

かつての内戦時からある建物なのだろうか。

 

町中には、内戦時かなんかのかなりデカい壁画がある。

 

軍人が一般人を殺したり痛めつけているような絵だ。

 

過去にこういう事があったのだろうが、あまり良い光景の絵とは言えない。。

 

もっとハッピーな壁画にした方がいいと思うけど?というのは観光客の買ってな発想で、現地人にしたら重要な絵なのかも。

 

 

このニカラグアは1979年から89年までの10年間内線をやっていた国だ。

 

全然知らなかったが、自分が子供の頃にはまだ内戦の真っ只中だったみたいだね。。

 

内戦が終わってもう30年以上経ったが、まだまだ当時の余韻が残っていたりするのだろうか?

 

訪れた国の事はなるべく多く知ろうと思ってwiki先生なんかでよく調べるんだけど、もっと色々見てみたいね。

 

 

 

さて、こちらはマーケット。

 

ローカル感全開でかなり活気がある。

 

ちょうどセビッチェ、魚介のマリネみたいのを売っている人がいたので買ってみた。

 

セビッチェはペルーが本場なのかな?

 

でも中南米全般で見られるのかもね。

 

貝類とトマトなどを使ったサルサソースって感じの味だったけどなかなか美味しかった。

 

 

まぁ簡単にだけどこんな感じでレオンの町も満足かな。

 

ちなみにこの近くにも火山があるようでそこは火口は見られないようだが、火山の砂でサンドボードって言うのかな?まぁソリみたいので滑り下りたりできるみたいだね。


まぁそういうアクティビティはそんなに興味ないのでスルーで。

 

 

 

これでニカラグアもとりあえずは満足かな。

 

ニカラグアって本当は国自体はけっこう大きいのよね。

 

カリブ海側の町とか、そこに浮かぶコーン諸島なんかも興味はあるが今回は時間がないのでパスで。

 

 

さて、次の国はお隣ホンジュラス。

 

なんだけど、ホンジュラスはそのままスルーしてさらにエルサルバドルへと移動します。
(ホンジュラスはまた後で行くけど)

 

頑張って一気に移動ですー。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:147.ニカラグア, 09:56
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/1231