RSS | ATOM | SEARCH
ここが変だよ?ベネズエラ 治安の話と

こんにちは。

 

えーと、もうすぐベネズエラを出るので今回はベネズエラで多々見る光景を紹介。

 

 

ベネズエラではインフレがかなり進んでいて、一番大きい紙幣でも10円ぐらいの価値しかないってのは入国した時にちょっと書きました。

 

200ドルちょい両替すると、こんな感じの札束が手に入ります。

 

お金を持ち運ぶのも、会計の時に数えるのもクソめんどくさいというね。。

 


現地人ももちろん大量の紙幣が必要になるのだが、紙幣は不足しているようでATMには大体行列ができている。

 

 

「どのATMにいつ紙幣が入荷する」

 

みたいな情報をやりとりしているのか、紙幣があるATMにはこんな行列になるのよね。

 

多分すぐにATMの中の紙幣もなくなって、全員は降ろせないと思うけど。。

 

まぁ実際はほとんどの店ではカード払いができるようで、「カード使えます」みたいな張り紙をしている店が多い。

 

こんなの支払う側も受け取る側も大変だもんね。

 

 

ちなみに、旅行者は「ドルからボリバル」へと両替するけど、

 

現地人で「ボリバルからドル」に変えておきたいって人も多いみたいね。

 

どんどん価値のなくなるボリバルよりも米ドルで持っている方が安全なんだろうね。

 

 

 

 

 

現在のベネズエラは

 

経済不安 物資の不足 治安の悪化

 

なんかが言われているけど

 

こうした原因になっているのが「原油価格の暴落」だ。

 

まぁニュースとかでそう言われているだけで、実際にどう暴落しているのかわからんけど、確かに旅行者目線で見ても燃油サーチャージがなくなったとか原油が安くなっているのはわかる。

 

 

このベネズエラは世界有数の石油埋蔵国。

 

輸出のほとんどが石油を占めていたのだが、その石油の価値が下がり経済が低迷しているようですね。

 

社会主義国でもあり、さらに去年ぐらいからコロンビアとの国境を閉鎖。

 

これにより物資の不足。

 

そしてこれにより強盗や強奪が発生しているらしい。

 

 

まぁ実際は昼間に普通に歩き回る分には危険な事はなさそうだったけど。

 

 

それはまた後で書くとして、ガソリンスタンドがあったのでちょっと見てみた。

(あまり書いてないけど、実はどの国でもガソリンの値段とか調べている)

 

 

 

えーと、これが値段ですね。

 

どれどれ?

 

 

 

えーと、、、1ℓあたり1ボリバルでいいのかな??笑

 

1ℓが0.1円です笑

 

安すぎ笑

 

ってかもはやタダ同然。

 

こんなんだとガソリンスタンドで働く人件費とかどうなってんの?

 

とかにもなってくるがまぁ国が決めた値段で、補助とかなんかあったりするんだろうね。

 

確かトルクメニスタンが1ℓ20円ぐらいだった気がしたけど、こちらの方が断然安い笑

 

 

てなわけで、ベネズエラだとバスの運賃もかなり安くて、12時間の距離でも300円とか400円とかそんなもんです。

 

 

 

続いてこちら

 


今度の行列は、ATMではなくスーパーに並んだ行列です。

 

多い時で200人以上並んでいるのも見た事がある。

 

 

これは配給に近いというか、格安でお米やパスタなどの食材が買えるらしい。

 

これも入荷日やスーパーが決まっているみたいね。

 

なんか社会主義国らしい光景。

 

逆に、これ以外の日ではお米とかはあまり手に入らないらしいけど。。

 

まぁあまりスーパーには行ってないので正確な事はわからないけど。

 

でもレストランとか大量にあるし、どこかから仕入れる事はできるんだろうね。多分。

 

 

 

インフレが進むベネズエラでは、給与水準がどれくらいかは不明。多分めちゃくちゃ安い。

 

参考までに?同じ宿にいた日本人が、ここで家庭教師って感じで先生をつけてスペイン語を勉強してたんだけど、

 

それが2時間で2ドルだった。時給1ドルって事ね。。

 

自分のような旅行者からしたら物価の安いベネズエラだけど、現地人からしたらそんな事はない。

 

なので、さっきみたいに安く買える配給の日には、何時間待ってでも買うぐらいだからね。

 

 

 

ベネズエラは2年ほど前までチャベスって絶対的な大統領がいて、社会主義政策にしたのも彼なのかな?

 

現在はマドゥーロってのが大統領らしいが、上で言ったように現在のベネズエラは大混乱。

 

9月の1日にはマドゥーロの罷免を求める大規模なデモがあったみたい。

 

首都のカラカスは10万人とかそれ以上とか、とにかくすごい規模だったらしい。

 

その時いたメリダでも、こうしてデモをやってた。

 

写真は宿の窓越しに撮ったやつだけどなかなかの熱狂ぶりでしたわ。

 

 

 

そして旅行者として気になるのは治安の問題

 

最近ブログでベネズエラの事を色々書いてたけど、何人かの旅仲間から「ベネズエラ大丈夫なの?」って連絡が来た。

 

さっきも書いたけど「ベネズエラは治安が悪化、略奪や強盗が発生している」なんてニュース記事は見た事ある。

 

 

確かに首都のカラカスに関しては、ベネズエラ人も「う〜ん」と首をひねるぐらい。

 

もちろんそんな場所には行かないけど。

 

 

でも他の町ではどうか?

 

とりあえず、略奪が発生するほど物資が足りてないようにも見えないけど

 

・夜は出歩かない

・手ぶらで歩く

・携帯やカメラはむやみに出さない

 

って事をやっていれば特に問題はなさそうだった。

 

アジアやアフリカを旅してた時に、「あ、こいつオレを狙ってるな」って目で見られた事は何回もあるけど、ベネズエラではそれもなかったしね。

 

 

あと外出する時は必ず靴で

 

いざという時に走れるようにね。これは絶対。

 

 

そしてちょこちょこ後ろを振り返るなど警戒している様子を見せる。

 

こういうのも大事だと思います。

 

 

あと、現地人の様子から判断するのも大事。

 

例えば、現地人が歩きスマホしていなければ、それは携帯のひったくりがあるかもしれないという事。

 

逆にみんな路上でスマホいじってたりすれば、多少は平和かも?という指標にはなるよね。

 

 

ベネズエラではサンタエレナからシウダーボリバル、バレンシア、メリダ、そしてこの後マラカイボと訪れたけど、どの町でも危ない気配はなかったです。昼間はね。

 

夜はほんと人通りがなくなるので、夜の外歩きはやめた方がよさそう。まぁ行くとこもないけど。

 

 

ベネズエラの渡航を勧めるわけではないですが、自分が感じた現状としてはそんな感じ。

 

もちろん今後急激に悪化する可能性もあるので、要注意だけど。

 

 

 

 

あ、そー言えば悪徳警察官による荷物検査も、結局は1度もなかったな。

 

まぁ運が良かっただけかもだけどね。

 

って事でそこまで印象が悪くないベネズエラです。

 

 

現地人としてはかなり大変なようで、うまく好転してくれるといいけどどうなる事やら??

 

 

こんな感じでメリダの滞在も終了。

 

 

最後にマラカイボへと移動します。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:144.ベネズエラ, 08:00
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/1207