RSS | ATOM | SEARCH
ガイアナからブラジルへ入国!

はい、ガイアナを離れてブラジルへと向かいます。

 

ギアナ三国は結局8日間ぐらいで離れる事になるのか。

 

スリナムなんかは熱帯雨林を目当てに来る旅行者も多かったが、まぁ自分はこのガイアナのカイエトゥールの滝含め、短い滞在でも満足できたので良しとする。

 

 

さて、ブラジルへと移動するわけだけど、まずは国境の町レテムを目指す。

 

出発は午後の6時だが、荷物積んだりとかもあるので午後5時にはバス、ってかバン乗り場に着いていた。

 

今回利用したのは、ブラジル料理屋とかゲストハウスもある所。

 

セントジョージの教会からChurch streetを1kmほど歩けばあります。


このゲストハウス、一応聞いてみたら4000ガイアナドル(20USD)だった。

 

 

一番最初に目に入ったのがここだったのでここに決めたが、実際はレテム行きのバンを走らせている会社は何社もあるみたい。

 

見た目は一緒のバンでも、しっかりとしたごついタイヤをはいてたりとか会社によって差はありそう。

 

まぁそれは後からわかった事だけど。

 

 

写真に写っているバンで行くんだけど、座席が後ろから4-4-4で助手席に2人って感じだ。

 

ふむ、見た感じ一番後ろの席と、ドライバーの後ろの席とでは足元の間隔が全然違う。。

 

一番後ろだとかなり狭そう。

 

さらに座席の角度も、一番後ろだと80度ぐらいの角度がある。


一方ドライバーの後ろだと65〜70度くらい。

 

 

つまりドライバーの後ろの席の方が断然ゆったりして快適そうなのよね。

 

しかも今回は、20時間かかる大移動なので、このポジション取りは重要だ。。

 

さらに、自分は窓とか壁に頭を寄りかからせないと寝れないから、窓側の席はマストなのである。

 

 

ドライバーが荷物を積んだりしている間、誰も席取りなんかはしておらず、のんびりコーヒー飲んだり談笑している。

 

ふふふ、そうやってゆっくりしておけ。。

 

こちらは虎視眈々と席を取るタイミングを狙う。

 

まるでハイエナやジャッカルが獲物を狙うかのように。。

 

 

そして、ドライバーが荷物を積み終えた瞬間!

 

自分はささっとドライバーの後ろの席をゲット!!

 

 

オレの姿を見て、他の乗客もぞろぞろと席を取り始めた。

 

だが一番良い席はこのオレが確保した。

 

もうこの優越感だけで、道中快適に移動できそうだわ笑

 

えぇ、小さい男なのです。

 


さて、午後6時くらいに車は出発した。

 

1列に4人座るので、やはり多少狭いのだけど、足元も広いしまぁ快適に行けそうかな。

 

途中途中でガソリンを入れたり、配達用の?荷物をさらに積んだりしながらちょっとづつ進む。

 

暗くなってきたし、やる事ないのでうとうとしながら進む。

 

 

が、出発して3時間後くらいから道は未舗装になり、しかも凹凸がかなり多いでこぼこ道になった。

 

寝たくても、めっちゃ揺れるし頭がガンガン窓に当たったりととても寝れない。

 

過去にはエチオピア→ケニアの国境越えもなかなかハードだったけど、それよりもしんどいぞこれ。。

 

 

ゆっくりだが着実に車は進んでいく。

 

しばらく進んだ途中で運転手も仮眠しだした。

 

なんでも途中にある川を渡るフェリーが朝にならないと動かないため、こうやって休憩しつつ時間の調整をするみたい。

 

 

早朝、いつの間にか車は走っていたようで、気づいたらもうフェリー乗り場まで来ていた。

 

こうして見ると、他にも8台ほどのバンがレテムへと向かうようだ。

 

 

そしてこのフェリーには、一人のチャリダーも乗っていた。

 

 

今自分が車で来た、この未舗装のぬかるんだ道を自転車で走ってきたのか。。

 

ってかここはまだ半分ほどだし、さらに悪路は続く。

 

話しかけてみたらブラジルの人で、ブラジルからメキシコにいってブラジルに帰るところらしい。

 

いやー、チャリダーってすごいよね。

 

自分みたいなバックパッカーで「この人はすごい」って人ってあまりいないんだけど、こうやって自転車で旅している人はもれなくすごいわ。

 

自分もタイからシンガポールで自転車で行った事はあるが、道中ずっと道も良かったし、あちこちにコンビニもあるしそれはもう快適な自転車旅になった。

 

つまり自転車旅の簡単で良いところしか味わっていない。

 

でも、こうして大陸横断みたいな本格的な自転車旅だと、こんなぬかるんだ道を走ったり、何百キロも村がないとかかなり苛酷だろうね。。

 

いやー、頑張ってくださいね。

 

 

 

 

さて、フェリーから降りてもうレテムまで向かうだけだ。

 

 

 

 

。。。。なんだけど

 

 

なんかこのバン走るのがえらいゆっくりなのよねー。

 

ドライバーが慎重なのかヘタなのか知らんが、他のバンはあっという間に視界から消えて行ったのでこちらはかなりのんびり。

 

そして休憩がいちいち長いのもイライラさせられる。

 

車内にはブラジル人が8人乗ってたんだけど、ドライバーに何回注意されても車内でタバコは吸うし(車内にガソリン積んでる)、休

憩の時にはビール飲みにいって全然帰ってこないし。。

 

やれやれですわ。

 


こちらは今日はレテムに到着するのが目的ではない。

 

そのままブラジル国境を越えて、そこから2時間ほどさらにいったボアビスタに到着するのが目標だ。

 

国境からのバスは午後4時発らしいので、国境越えの時間を考えても午後3時には到着して欲しい。

 

出発する時は「まぁ12時には着くかな?」なんて言っていたけどこのペースではとても着きそうにない。。

 

 

フェリーから先は道もけっこうよくなった。

 

 

しばらく走ると、熱帯雨林からサバンナみたいな感じに変わった。

 

景色を見ている分にはまぁ楽しめるんだけどね。

 

 

 

あと1時間ほどで着く。

 

ってところでエンジントラブル。。

 

まぁちょっと手を加えたらとりあえずまた走れるようになったけど。

 

 

 

 

で、ようやく午後3時、レテムに到着した。

 

出発から21時間か。。狭いバンでの移動だったのでさすがに疲れた。

 

多分他の車は数時間は早く到着しただろうけど。

 

 

まぁともかく、自分はさっさとブラジル国境を目指す。

 

バンが止まった所から国境までの2kmほどを歩いて、ガイアナの出国。

 

さらに歩いてブラジルの入国だ。

 

あ、途中にあったこちらの立体交差。

 

ガイアナは左側通行だけど、ブラジルは右側通行になるので車線を変更するための立体交差なのよね。

 

 

この川を渡ればもうブラジルだ。

 

ブラジル側に着いたのは3時半ほど。

 

幸い人も全然いなくてすぐにブラジルに入国できた。

 

本来、ブラジルって入るのにビザが必要なんだけど、オリンピック期間中は日本人はビザが不要になるのよねー。

 

これはかなりありがたい。

 

特に今回みたいに、ちょっと経由で入るだけなのにビザとかめんどくさすぎだしね。

 

まぁブラジルのメインの、今この瞬間オリンピックで盛り上がっているだろうリオとかはかなり離れてるし、それはまたカーニバルの時期に行こうかなと。

 

今回はただベネズエラへのトランジットだけどね。

 

ともかく、ブラジル入国です。

 

 

 

 

 

ここは小さい村でバスターミナルまではちょっと距離があるんだけど、

 

このイミグレーションの所までバスは来てくれた。

 

大型のエアコンバスだ。

↓写真撮り忘れたので他の写真で。。イメージ図

 

 

まだブラジルのお金を持っていなかったが、運転手に「後で両替して払うから乗っていい?」って聞いたら大丈夫だった。

 

このゆるそうな感じは助かるよね。

 

まぁ国境から出たバスはすぐにバスターミナルに戻り、結局クレジットカードでチケットは買ったけど。スキミングとか大丈夫だよな??


さて、一路ボアビスタへ。

 

エアコンがガンガンに効いた大型バスで、舗装された道路を走る。

 

こんなのは日常では当たり前だけど、ドロドロの未舗装道を走った後だとただ舗装道路ってだけで文明のありがたさを強く感じるよね。

 

旅人あるあるだと思います。

 

 

で、ボアビスタには6時半頃無事に到着。

 

町に入ったところで警察の検問があり、バックパックの中身などけっこう厳重にチェックされた。

 

めんどくさいなーって思うところだけど、むしろこうやって警備してくれてるのは一般人にとってはありがたい事だよね。

 

危険分子はじゃんじゃん取り締まってもらいましょう。

 

 

到着して、バスターミナルの近くにあった宿に泊まる。

 

ふむ、なかなか長い移動となった。

 

出発してからはもう24時間以上経ってるしね。

 

とりあえずコーラを飲み、ご飯を食べてすぐに休憩。

 

 

せっかく入ったブラジルなので、明日はこのビアビスタの町をふらついてブラジルの空気を吸いたいと思います。

 

 

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:142.ガイアナ, 07:27
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/1188