RSS | ATOM | SEARCH
アンティグアの見所を一挙に。

はい、アンティグアバーブーダ、今日は首都のセントジョーンズから離れた見どころを周ります。

 

展開早めですが、一つよろしくお願いします。

 

 

まずはセントジョーンズにある2つのバスターミナルの、東ターミナルから「Devil's Bridge」を目指す。

 

が、バスはここまで行ってくれず、手前の村Willikies止まりだ。多少お金を払えばDevil's Bridgeまで行ってくれそうだったが、自分は村から3kmほどの道のりを歩いて行った。

 

炎天下の中とぼとぼ歩いたのでけっこうしんどかった。。

 

日影があればいいんだけど、直射日光をもろに食らうとかなり暑いのよね。。

 

そーいやカリブに来てから一気に焼けたな。。別に日焼けは気にしてないのだが体には良くなさそう。

 

 

さて、到着したDevil's Bridgeとはこんなやつ。

 

波の浸食によって、自然に作られた橋みたいになっているのよね。

 

渡ってみたかったが見た感じ岩が滑りそうなのでやめておいた。。無難に行動する33歳です。

 

 

ここに面している海はカリブ海ってか大西洋になるのかな?

 

この場所が岩場だからか、波も荒々しくちょっと雰囲気が違って見える。

 

ここをずっと行けばヨーロッパですか。。昔をこの荒波を渡ってヨーロッパからこのカリブにきたわけだもんね。

 

 

大西洋側はこんな感じだが、反対側は湾になっていてなんとも穏やかで綺麗な海が広がっていた。

 

リゾートホテルもあって、海水浴やカヌーなんかで遊んでいる優雅なヨーロピアンの姿が見える。

 

「優雅」って言葉、自分には全く縁がないなぁ。

 

自分の場合はなんだろう?「貧乏」とかかな笑 いや、別に貧乏なつもりはなくて「節約」してるだけだが。。

 

まぁいいか。自分に似合う単語を探しておきます。

 

 

 

さて、地図を見てみると2kmほど歩けばロングビーチってのがあったので行ってみた。

 

相変わらずクソ暑かったが、到着したこの光景を見ればその疲れも吹っ飛ぶかな。

 

 

綺麗なビーチだ。

 

カリブの島々って、国も町も小さいんだけど、一番の見どころはやはりこうしたビーチとか自然物かなと。

 

泳ぎたいとこだが特に準備はしてないのでパス。

 

今後、バルバドスでまた泳げそうなのでまたその時だなー。

 

 

歩いてWillikiesまで戻りバンを捕まえる。

 

Willikiesからセントジョーンズ方向に5km程度戻ったところにある「Betty's Hope」で途中下車。

 

このBetty's Hopeは、かつての奴隷によるサトウキビ栽培の施設の名残である。

 

この風車の内部にはでかいローラーがあって、この風車の力でローラーを回してサトウキビを絞ってラム酒や砂糖の原料を抽出してたみたい。

 

これは復元されたものだが、周りには倉庫とか居住区と思われる跡もあったんだけどほぼ廃墟となっていた。

 

現在カリブに住んでいる黒人たちはみんなアフリカから奴隷として連れてこられた人々の末裔だからね。

 

黒歴史ではあるが、忘れてはならないカリブの、人類の歴史である。

 

再びバスに乗りセントジョーンズへ戻る。

 

着いたのは東ターミナルなのでここから西ターミナルに移動。

 

バスとして使われるのもほとんどがバンなんだけど、バスの場合ナンバーが「BUS」って書いてあるのでわかりやすい笑

 

ちなみにタクシーは「TX」。

 

あと、どのナンバーにもだけど「LAND OF SEA AND SUN」ってのが書かれている。

 

アンティグアバーブーダのキャッチコピーみたいややつかな。

 

なかなか良いよね。

 

日本だとなんだろ?「日出づる国、日本」とかかな?

 

 

 

さて、この西ターミナルから向かったのはイングリッシュハーバー。

 

ここに「Nelson's Dockyard」という、かつてイギリスが造船所としてた施設が残っている。

 

 

ふむ、確かに倉庫かなんかに使われたであろうレンガ造りの建物なんかは古そうだが、特にこれと言った珍しさはないかなー。

 

 

現在でも船を作っていれば面白かったんだけどね。
 

そんなNelson's Dockyardは今はヨットハーバーとしての機能がメインなようでヨットの帆とかそんなのは作ってたな。

 

そしてたくさんのヨットが停泊している。

 

 

ちょうど、ゲームフィッシングっていうのかな?釣り船が帰ってきてた。

 

なんと1.5mはありそうなマグロみたいのを釣ってきたようだ!

 

すごいねー、こんなの釣れるんだね。

 

ゲームフィッシングは1度はやってみたいね、調べた事ないけど高確率にこんなマグロが釣れるなら是非やりたい。

 

 

敷地内には博物館もあって、当時のイギリス人の暮らしぶりなんかが紹介されていた。

 

それより個人的に興味あったのはこちら。

 

色んなロープの結び方が紹介されている。

 

「絶対にほどけない結び方」とか、旅人にもけっこう使えそうなスキルよね。

 

いずれyoutubeでも見て覚えようと思ってたけど、結局調べた事はないんだけど笑

 

まぁそんなもんだよね、、でも機会があったら是非覚えたいところ。(釣り糸の結び方はオーストラリアで覚えた)

 

 

Nelson's Dockyardはこんなとこかな。

 

一応アンティグア随一の観光地らしく、入場料も10USD近く取られたけど、興味ないなら行かなくてもよいかも。

 

 

 

さて、別の日にはセントジョーンズから歩いて40分ほどのある「Fort James」へ。

 

もう何回も見てきたカリブの要塞ではあるんだけど、ここの要塞は放置され廃墟状態だった笑

 

 

建物も大砲もだし、雑草がかなり生えているしでホント廃墟って雰囲気だけど、これが逆に目新しい感じで良かったが。

 

 

そしてこの近くにある「Fort James Beach」。

 

セントジョーンズから車だと10分とかそれぐらいで来れるだろうし、クルーズ船の客と思われる人たちがたくさん来ていた。

 

 

 

ここでは乗馬体験もできるんだけど、なんと馬がビーチだけで海の中も歩くという笑

 

そして馬にまたがるのはバカンスを存分に楽しんでいる欧米人。

 

これまた優雅ですな。。

 

 

 

はい、こんなところかね。

 

ちなみにこちらがアンティグアのビール。

 

ラベルにアンティグアの地図が書いてあるけど、ほんと小さい島で首都のセントジョーンズの西端で、最初に行ったDevil's Bridgeは東端に位置している。

 

こんな小さい島で町も小さいんだけど、現地人はなにして遊んでるんだろ?とか余計な疑問もあるね。

 

一応旧イギリス領らしく、スポーツではクリケットが盛んみたいなのでクリケットしたりとかかな?

 

 

 

そしてこんなアンティグアバーブーダでもカーニバルがあったらしい。

 

自分が滞在したのは7月20日までだったんだけど、なんと二日後の22日からカーニバルが始まるとの事!

 

 

いやーニアミスだね。。

 

ってか正直アンティグアでもカーニバルがあるなんて知らなかったが。

 

トリニダードトバコのは有名だけどやるのは2月とか3月。

 

でもこのアンティグアとか他のカリブの島は6月7月にやるのが多いみたいね。

 

ちなみにこれから行くセントルシアでもちょうどカーニバルをやっているようで、自分が行くのはその直後。。

 

下調べしていなかった自分が悪いとは言えこのタイミングの悪さ。。残念。

 

 

町中にはこんな感じでカーニバルに向けて装飾とか会場設営が始まっている。

 

 

 

カーニバルは見れず残念だったが、アンティグアの国自体は満足かな?

 

 

ホテルに2泊したあとまた空港泊を経て、早朝の便で次のドミニカ国へと向かいますー。

 

 

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:134.アンティグアバーブーダ, 09:18
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/1168