RSS | ATOM | SEARCH
[ハイチ]アフリカかっ!ハイチの町歩き

町歩きしている首都のポルトープランス。。

 

キレイどころのはずの中心部は地震の影響もあってどこも工事中。

 

そこから2ブロックも歩けば人、モノ、ゴミが大量のカオスっぷり。。

 

中米のカリブ海に来ているはずだが、ハイチの人はみなアフリカ由来の黒人なので色んな点でアフリカを思い出させてくれた。

 

 

これなんかそのまんまアフリカなのだが、西アフリカでよく見た「袋水」と呼んでいたやつだ。現地では「Pure water」(英語圏)。

 

こちらではフランス語で「デロー(De l'eau )」となっていたけど一つ2グールドで3円。安い笑

 

アフリカ並みに暑いし、水道もあまり充実していないのか?現地人もこの袋水を買って飲んでいるのをよく見かける。

 

 

この袋の端っこを少しかじって穴を開けて、そこから水を飲むんだよね。

 

最初はどう飲むのかわからず苦戦したな。。

 

 

だが問題なのは飲み終わってから。

 

現地人はこれをポイポイ道端に捨てるのよね。

 

昨日も写真載せたが、町中にはゴミの山があって、ひどい場所はそのまま火をつけられその場で燃やされている。

 

もちろんめっちゃ臭い。ってか絶対体に悪いだろっていう。

 

 

そしてこの袋水も、下水やら排水溝にめっちゃ詰まるようで、ドブみたいな鼻をつくにおいがあちこちからする。。

 

↓たまった水をかきだすおじちゃん。

 

 

 

到着時から何度も「アフリカみたいだな。。」とか言ってたけど、

 

 

あまりにもこうした光景が続くので、もうこの辺から「アフリカかっ!」と、タカアンドトシ並みに何度もつっこみを入れる。

 

ほんともうここはアフリカだ。

 

↓車の整備屋みたいなの。これまた異臭がすごい。

 

 

↓そこにいたネジ屋?のおじさん

 

写真はけっこう嫌がられそうだったが、こうした穏やかな人もいたね。

 

 

さて、町歩きの続きを。。

 

首都ではあるが、ビルと呼べるような建物はほぼなく、未舗装の荒れ地に個人での店が並ぶ。

 

さっきのようなゴミの山も点在し、世紀末感がすごい。。

 

 

歩いていてもやはり目立ってしまうようで、多くの視線を感じる。

 

それは警戒されたような、不信そうな目なのであまり心地良い感じはしない。まぁ危険そうな感じでもないが。

 

 

 

ふむ、、これほど圧倒的なアウェー感を感じるのも久しぶりだ笑

 

 

そしてこれほど「異国に来ている」っていう、旅してるなーって感じるのも久しぶりかも。

 

アフリカがほんと懐かしい。

 

今のところ旅した中で、一番辛かったのは西アフリカの旅。

 

マラリアにはなるわ、バスが故障して野宿するわとか散々で「オレ、ここで何してるんだろう。。」と何度思わされたことか。

 

でも、その分強烈な印象が残っていて、一番「旅した」って思えるのも西アフリカなのよね。

 

また行きたいとはあまり思わないけど笑

 

そんな感覚をこのハイチでもちょっと味わう事ができた。

 

一般的な見どころはないが、個人的には色々懐かしいハイチかな。

 

 

歩いていると「ヘイ!シノワ!」なんて言われる事もたびたび。

 

シノワってのは中国人ね、スペイン語だと「チーノ」だけどフランス語だと「シノワ」。。なんとなくシノワの方が上品に聞こえる笑

 

↓アウェーとは言ったが、たまにこうしたお調子ものがいるのもアフリカらしいね。

 

 

↓こちらの人はなんと「東京」と書かれたTシャツを着ていた笑

 

多分、日本を旅行したアメリカ人あたりがお土産で買い、もういらなくなったから寄付に出したのがこのハイチまでまわってきたのだろう。

 

一応「日本行った事あるの?」って聞いたら「NO」との事。。笑

 

でもオレが日本人だよー、そのTシャツの国の人よーって話たら多少嬉しそうにしてくれた、ってか話を合わせてくれた良い人笑

 

 

 

路上でのマーケットはなんでも売ってて、こうしてお酒なんかも売っていた。

 

 

よく見ると「HAITI」と書かれたボトルもあった。どうやらラムらしい。

 

ラム酒が有名なこのカリブ海、経済的にかなり遅れているハイチだが、こうしたラム酒工場みたいのはちゃんとあるんだね。ちと安心?

 

 

 

路上ではこうした絵も売っていた。

 

本当はハイチアンアート美術館ってのに行こうと思ったけど閉まってたのよね。

 

こーゆーのがハイチの絵って事でいいのかな。

 

 

 

しばらく歩くとちゃんとしたマーケットが見えてきた。

 

「MARCHE DE FER」というマーケットだ。

 

周りの世紀末っぷりとは違って、かなりこぎれいな外観。

 

 

中は二つのエリアに分かれていて、まずは食料品のエリア。

 

よくわからん食材が並んでいる。。

 

すると、店のおばさんが「ショコラ」と言って、手前の黒い物体を指さした。

 

どうやらチョコレートらしい、においをかいでみると確かにチョコみたいだ。

 

でも見た目的には泥団子みたいな怪しげな物体なので、ちょっと試してみる勇気はなかった。。

 

 

ある一角にはたくさんの土産物が売っている。

 

ふむ、これだけ売っているって事はやはり観光客もそれなりにくるのかも?

 

今のところ全く見てはいないが。

 

 

 

行った国々から手紙を実家に送っているので、このハイチからも送るべくポストカードを探したが売ってなかった。。

 

ってか後で地図上で見た郵便局に行ってもつぶれてたし、、ハイチからの手紙は断念、残念。

 

 

なのでなにかしら土産物でも買うか、、と思って買ったのがハイチの国旗。

 

まぁ軽いしこれぐらいでいいでしょう。

 

↓国旗を買った店のおばちゃん。

 

 

さて、、、

 

このマーケットには一角には、ちと怪しげなアイテムも売っている。

 

 

↓この写真だとイマイチ怪しさはわからないが、ヒントは大量のボトル。。

 

 

そしてこちら、なにやら角がついたボトルのようなものが。。

 

どうやら先ほどのボトルの液体なんかを入れて飲むようだが。。?

 

 

 

そしてこの人形たち。。

 

 

 

ハイチ入国する時にちょっと書いたが、

 

このハイチでは西アフリカのベナン発祥の「ブードゥーの教」の文化がまだ根付いているようだ。

 

奴隷として連れてこられた黒人たちの文化がここで広まったようですね。

 

これらのアイテムはそのブードゥーの儀式に使われるもの。使い方はわからんけど。

 

ブードゥーは黒魔術みたいなものだが、日本でもワラ人形とかあるしそんな感じのイメージか。

 

 

このマーケットで売られているブードゥーのアイテムがなかなかのカオスっぷりだったので、次回で詳しく紹介しますー。

 

お楽しみに笑

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:131.ハイチ, 10:52
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/1151