RSS | ATOM | SEARCH
アフリカそのまま?ハイチ入国

昨日、ドミニカの首都サントドミンゴに到着したばかりだが、今日は隣の国のハイチへと移動します。

 

ドミニカはまた戻ってくるので、サントドミンゴの観光はそれからね。

 

ドミニカとハイチは位置関係はこんな感じ。

 

一つの島を西と東で分け合っている形ですね。

 

歴史的には何回も統治主権が入れ替わったこの島だけど、今はこのような形のようです。

 

東のドミニカではスペイン語だったけど、西のハイチはフランスの影響が強くフランス語みたいね。

 

 

「そんなハイチって何があるの?」と、情報が少なく疑問に思ってたら、

 

ちょうど無職旅さんから「ハイチにはゾンビがいるらしい」と連絡をいただいた笑

 

ゾンビってwwwって感じだが、実はこのハイチはブードゥー教の文化が根強く残るらしく、ゾンビもその一つ。

 

「死者がゾンビとして蘇る」なんて信じられているため、死者がゾンビにならないよう埋葬する時に毒を塗ったり、首を切ったりするそうな。。

 

ってネットで見たけど真相は不明。

 

まぁ薬物などで思考回路をマヒさせて生きる屍状態で働かせていたなんて過去もありそうなので、そーゆーのがゾンビという見方もできるよね。

 

 

ちなみにブードゥー教ってのは、黒魔術とか呪いとか、そんなイメージのやつです。

 

なんだろう、ワラ人形に釘を打って、みたいな笑

 

でも誰かを呪うとかよりも、グッドラックのためにお祈りが多いみたいだけどね。

 

かつてアフリカのトーゴで、このブードゥーに使うアイテムのマーケットに行ってきたがなかなか衝撃的だった。。笑

 

興味ある方はこちらで↓

 

ブードゥーの呪術マーケット

 

 

そしてこのブードゥーもだけど、要はアフリカの文化が強く残っているらしい。

 

このあたりがハイチの見どころになるのかと。

 

情報もなく治安も微妙。。ってのが前印象だったけど、なんとか楽しめそうです。

 

 

 

さて、前日に買っておいたCaribe Tourのバス。

 

昨日ちょっと触れたけどこのバスが高かった。。

 

バスは片道37.5ドルの往復なので75ドル。

 

これはまぁ仕方ないとして、さらに

 

・ドミニカの出国税30ドル(!)

・ハイチの入国税?200ペソ(約5ドル)

 

と、合計110ドルぐらいになってしまった。。

 

いや、出国税30ドルって高すぎるだろ。

 

国を出るのにかかる税金ってなんなのさ。5ドルとかでいいでしょ。。

 

まぁ出国税っていつも払ってるのかもしれないが、大体航空券と一緒に払ってるのであまり意識した事もないが、こうして別にされるとえらい高く感じるよね。

 

確かイスラエル出国の時も、かなり高い出国税を取られたな。。

 

 

 

まぁ仕方ないけどね。

 

開き直ってその分楽しむ事にしましょう。

 

今回のバスは国際バスって事で、椅子がかなりゆったりした感じなので快適そうだ。

 

ただ残念ながらwifiありってなってたけど実際には使えず。。

 

まぁ席が一番前の席だったので、景色でも見るとしますか。

 

 

ハイチ行きのバスは朝9時と11時発がある。

 

先に言うと自分は9時間近くかかり、到着が午後6時。いや、ハイチは時差が1時間あって午後の5時に到着した。

 

11時出発だと到着する頃には暗くなってるかも。。ってことで早い時間の9時のが良いでしょう。

 

出発してしばらくはサントドミンゴの街並み。

 

自分の宿が寂れた雰囲気の旧市街に位置してたので知らなかったが、サントドミンゴけっこう都会だな。

 

道も大きいし車も人も多い。

 

さらには地下鉄もあるらしいし。地下鉄はまた帰ってきたら乗る事にしよう。

 

 

で、ちょっと郊外に行くと、高速道路の料金所みたいのになった。

 

ここから先の道路は、見た目的には普通の道路なんだけど一応高速なのかな。

 

2時間ぐらい走ったら食事が配られた。

 

ようわからんけど、これもクレオールと呼ばれる現地料理になるかな。

 

お米は赤飯のように豆と一緒に炊かれたもの。

 

煮たチキンはニンニクが効いててけっこう美味しかった。

 

お腹調子悪かったし(基本調子悪い)こんながっつりでちと不安だったけど、バスにトイレついてたので普通に全部食べた。

 

トイレ付きバスの安心感はすごいよね、まぁ実際使う事ってほぼないんだけど余裕が全然違いますわ。

 

高い料金の分、それだけのクオリティのあるバスだったかな。

 

 

 

 

 

出発して4時間半ほどで国境へ到着。

 

↓ゲートの向こう側はハイチ。

 

まずバスを降りてドミニカの出国審査だ。

 

列に並んでいると、一人の男がはなしかけてきてオレのパスポートと記入した出国カードを取り上げた。

 

「ここは初めてか?」

 

なんて言いながら、出国カードにペンで色々記入してる。

 

そしておもむろにこう言ってきた。

 

 

「よし、じゃあ20ドルだ」

 

 

あー、なんかアフリカでもこんな事何回もあったなーなんて思い出しながら笑えてしょうがなかった。

 

「は?笑 いや、お前関係ないやつだろ笑 あっち行けよwww」

 

パスポートを取り上げて追い払う。

 

「スタンプに20ドル必要だ」

 

とかまだ言ってくるが無視。

 

いや、なにも情報知らなかったら「え、、、そうなの?」とか多少不安になるかもだけど、さっきも言ったが出国税はすでに払っているしさらにお金が必要なわけない。

 

ってかこいつも私服のただの黒人だからな。

 

こんなところまでアフリカに似ているのかと、個人的には笑えたのでいいが。

 

 

ってか取り上げた出国カードを見てみると、

 

そいつが性別の所を「女性」にチェックしてたり、滞在目的も「ビジネス」にチェックしてたり適当そのもの。

 

そもそもオレがすでにちゃんと記入しているのにね。

 

なにが20ドルだよこいつ笑

 

まぁこれ以上は絡んでこなかったので良かったが。

 

 

って事で、性別が「男性」「女性」と両方にチェックされたりともはや意味不明な出国カードになったが、特に突っ込みも入らず無事にドミニカを出国

 

 

 

 

そして今度はハイチの入国審査

 

ここでも5人くらいの輩がパスポート見せろと言ってきたが全部無視して問題なし。

 

 

だが、今度は入国審査で別室送りとなってしまった。。

 

ちょっと偉そうな人に、滞在先や目的、日数なんかを聞かれた。

 

その人がかつて日本語を勉強した事があるらしく、ただオレと話したかっただけかもしれないけど。メールアドレス聞かれたしな。

 

数日の観光でまたドミニカに戻るって伝えたら問題なかったけど。

 

 

 

てなわけで次のハイチに入国。

 

ハイチに入ってしばらくは未舗装の道となった。。

 

ドミニカとの国力の差がうかがえるね。

 

国としてはドミニカがハイチから独立したって形だが、現在では圧倒的にドミニカの方が発展している。

 

 

そして走る事2時間ちょい、国境での時間も合わせると9時間かかってハイチの首都ポルトープランスに到着。

 

まぁ正確には5kmほど離れたペションビルってとこだけど。

 

 

さて、到着する前からバスの車窓から見えていたが、、

 

 

なかなかのカオス具合だ笑

 

 

人の多さや車の渋滞、そこら中に落ちまくっているゴミといいなかなかの様子。

 

人も、ドミニカと違ってこちらはほとんどが黒人になり、雰囲気としてはもう完全にアフリカそのものだ。

 

 

ハイチという新しい国に来たはずが、むしろこれは「懐かしいアフリカ」というのが第一印象だな。

 

 

路上で物を売っている人が多い。

 

商店のような店舗型の店はほぼなく、みんな個人で物を売り買いしている様子。

 

 

そしてかなりのアウェー感を感じる。

 

こんなアジア人が珍しいのか、嫌でも目立ってしまうようだ。かなりの目線を感じる。

 

まぁでも単純に珍しがって見られている感じかな、今のところ敵対的な目線ではなさそうだ。。

 

 

治安の感じもいまいちつかめないし、この日は様子見で写真はこんぐらい。

 

 

こんな感じで国連の車もちらほら見かけるしね。。

 

ハイチでは政情不安もあって、2004年から国連軍が駐屯しているらしい。

 

て事で、一般的には「治安が良い」とはまず言えない国ではあるのよね。

 

 

 

てなわけで、ATMでお金をおろしてから暗くなる前にホテルへと向かった。

 

安宿がない、という事前情報だったハイチだけど、予約サイトで20ドルという手頃な宿を見つけられたので助かった。

 

着いたホテルはPacot Breeze Hoteltというけっこうちゃんとしたホテルで、これで20ドルならむしろ安いぐらい。

 

 

ってホテル側のミスなんだけど、どうやら本来は「ツインの部屋で40ドル(一人20ドルx2)」らしい。

 

でも予約サイトには一人の値段、「20ドル」として掲載してしまったようだ。

 

到着して「40ドルが2泊で80ドルね」と言われてしまったが、こちらは20ドルで予約してるってちゃんと説明したら20ドルで大丈夫だったけど。対応はすごい丁寧だったし文句もないけど、近々40ドルに訂正されるかもですね。

 

↓本来は40ドルの部屋。そう見えますかね?笑

 

 

あとハイチのお金の話だが、、これがまぁ汚い笑

 

バスのお釣りでもらったお金だが、くしゃくしゃと丸められた状態でもらった。

 

一枚は破れてテープで止めてあるし、別のはホチキスで止めてあった笑

 

他の人を見てても、みんなくしゃくしゃにしてポケットに入れたりと、まぁこうなっちゃうよね。

 

これでもちゃんと使えるというのもすごいが笑

 

 

そしてこの国では珍しく「25」という単位が存在する。

 

グールドというお金なんだけど、25グールド札、250グールド札なんかがある。

 

 

ちょっと珍しいお金だし、ぜひ集めたいので滞在中にもう少しキレイな紙幣が欲しいけどどうなるかな?

 

 

さてこんな感じのハイチ、明日はじっくり歩き回ってみます。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:131.ハイチ, 10:37
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/1149