RSS | ATOM | SEARCH
[マレーシア]久しぶりの友人と再会!そして携帯死亡
マレーシアは首都のクアラルンプールに到着。

バンコクを出発して25日かかったな。

まぁ途中ペナンで5泊とかゆっくりもしてるけどこんなもんかな?


とりあえず無事に到着したのでなにより、

ゴールはシンガポールだけど、これでもう2/3ほどは走っているのでなかなかの達成感はあるね。




さて、このクアラルンプール。

来るのはもう4回目ぐらいなので、特にまた観光したいって場所はないんだけど、

ここでは会いたい人がいたのだ。


それはもう3年近く前、最初中国で会ってそれからベトナム、カンボジア、インドと何回も再会していた旅人のMさん。

その後、なんとマレーシア人の女性と結婚してこのクアラルンプールに住んでいるという笑

マレーシアの、イスラム教の女性と結婚するというのはなかなか敷居は高そうだけど。。


色々聞きたい事もあるし、思い出話もしたいわで久しぶりの再会が楽しみだね。



クアラルンプールに着いた翌日、さっそくMさんが宿まで車で向かえにきてくれた。


見た目も雰囲気も、3年前と変わらないMさん。

自然とお互い笑顔で握手して再会する。


そして、その横には奥さんのネルさんがいた。

イスラム教の女性がよくしてるようなスカーフはしていなかったけど、見た目はしっかりマレーシアの方だ。


Mさんの車でそのままクアラルンプール郊外のMさんの家に向かう。


車の中でもう色々話はしたんだけど、まず気になるのは二人の馴れ初め笑


どうやら、二人の出会いはMさんがマレーシアのボルネオに旅行したときに、クアラルンプールに住んでいるネルさんも家族旅行で来ていて知り合ったのが初めてだったそう。

「クアラルンプールに来る時には連絡してくださいね」

って感じで、その時は普通に知り合ったぐらいだったそうだが、

その後Mさんがクアラルンプールを訪れた時に連絡して会ったらへんから親密になっていったそう。


で、1年ほど前にめでたく結婚したとの事です。



ちなみに、イスラム教だと異教徒との結婚ができないため、Mさんもイスラム教に改宗したようで、名前も「ノア・アブドゥラ」みたいなイスラム名を名乗っているらしい笑

冗談で「ノアさん」とか呼んでみたけど、やはり昔からの友達に言われるのは歯がゆいようだったけど笑


って事で以下ノアさんとします笑

ノアさんは毎日ではないけど、毎週金曜にはモスクでお祈りをしているようだ。

結婚する際にもこのモスクにきていたようで、モスクの係員みんなに名前覚えられていて話しかけられていたり、ちょっとした人気者になっていた。

↓クアラルンプール郊外、プトラジャヤのモスクへ

左は、これまた4年前カンボジアで一緒だった旅仲間。




ノアさんはイスラム教に改宗したって事で、アルコールは飲まず、豚肉も食べないらしい。


そーいや、イスラム教が豚肉を食べなのは「不浄だから」って理由だけどノアさんの話によると、どうやらイスラム教ができた当時、豚肉を介する伝染病みたいのが流行ったらしく、それで「豚肉は食べないように」っていう教えが広まったようだ。

確かに現代でも豚肉は生で食べたりしないしね。生で食べて病気になった人たちが多かったもかも。

ただ「不浄だから」って理由だとなんとなく釈然としなかったけど、そうした理由を聞くとけっこう説得力があるね。

まぁ実際の理由はわからんですけど。

↓モスクの前にある、マレーシアの国会議事堂



この日はノアさんとは3年前にインドで別れて以降のお互いの旅の話をしたり、ネルさんも交えてマレーシアの話をしたりとなかなか楽しい時間を過ごす。


やはり、ローカルな人から現地の色んな話を聞けるのはいいね。

「へ〜」っていう話が色々あったと思うんだけど、こうやって文章書いてると思いだせない。。すみません。


↓ローカルなシーフードレストランはかなりおいしかった。特にイカ。


食事のあとは、さっきのモスクの前の広場へ。

日中は全然人がいなかったのに、夜はたくさんの人がローラースケートなんかして楽しんでいる。

スカーフをしているイスラム女性がこういうのをしているのってあまり見る機会ないし、なんか日本人とかと変わらず楽しんでいる様子はなんかほほえましいね。





この日は、家賃が6万円ほどだけどかなり広いノアさんの家に泊めてもらう。


話も弾んで2時とか3時とか、かなり遅くまで話したかな。





翌日は湖のほとりでランチをしにいく。(昼間で寝てた)

なまずの揚げ物みたいのを食べたけどなかなか美味しかった。

湖を見ながらの雰囲気もなかなかいいね。



で、食後はこの湖で遊ぶことに。

湖にはスワンボートのような船と、あと一人で乗るカヤックがレンタルして乗れるようだった。

ノアさん達はスワンボートへ。

自分はせっかくなのでおもしろそうなカヤックをチョイス。


一応救命胴衣をつける。

まぁ救命胴衣はつけるけど、まず湖に落ちるなんて事はないだろう。


って事時はのんきに思っていたのだが。。。





さて、カヤックに乗り、係員が引っ張って湖に出してくれた。

だが、この状態だと自分は湖に対して後ろ向きなので、まずは方向転換をして湖の方を向かなければならない。


と思って、まず手始めにカヤックの左側をぐいっとオールで漕ぐ。






が、次の瞬間!




どうやら片側を思いっきり漕ぎすぎたせいか


バランスを崩してカヤックは横転、転覆。。


見事に湖の中へ落ちた笑


いや、まさか開始1分で湖に落ちるとは。。


我ながらビックリである。



さすがに貴重品を入れたカバンは車に置いてきたが、写真だけは撮ろうとスマホを首から下げていたのだが、これが完全に水没してしまった。


バイブレーションが作動し、ずっと振動し続けている。。


こうした場合、すぐに電池を外して乾かすのがセオリーだが、

自分のスマホはどうやらネジを外さなきゃ電池が外せないような構造になっていて、ずっと振動したままである。。

多分だけど、これはもうダメだろう笑 仕方ない。



自分が湖に落ちた様子をみたノアさんが「大丈夫?」って笑いながら近づいてきた。


どうやら、係員に

「あのカヤック、横転したりしないの?」

ってちょうど聞いていたみたいで、係員も

「今まで横転した人はいないよ!大丈夫!」

なんて話をしているわきで、オレがしっかり横転していて思わず二度見したという笑



まぁ自分はあまりこういうのに動じる方ではなく、携帯もダメなもんはダメだとすぐに諦めがつくので、気を取り直してカヤックに乗る。



いや、正直に言うと気を取り直せる感じじゃなかったが、

とりあえず平静を装い再びカヤックへ。。笑



今度は慎重に漕ぐのだが、それでも何回もバランスを崩しそうになって冷や冷やしたが、さすがにもう横転することはなかった。


まぁとりあえず思い出にはなったかな笑

↓こんなやつです



水没した携帯は結局修理不能で、翌日には新しいのを購入した笑

携帯が壊れたので古いサムスンのスマホを使ってみたが、1か月前に新しくした今のスマホと比べると液晶も小さいし動作が遅すぎる。。

「これはもうこの古い機種には戻れない」と思って、水没させたのと全く同じ機種を購入した笑



壊した次の日に買い替えるとは、もはやスマホなしでは生活できない、現代っ子のかがみみたいなもんです笑



まぁ後半はスマホの話になっちゃいましたが久しぶりに会った、生活も劇的に変わったノアさんと、ネルさんと本当に楽しく過ごせました。

これからもずっとクアラルンプールに住むようなので、また遊ぶに行かせてもらいたいですね。


おかげ様で思い出に残るクアラルンプール滞在になりました。


--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けるとありがたいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:マレー半島自転車旅, 20:08
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/1107