RSS | ATOM | SEARCH
[マレーシア]クアラルンプール到着!
さて、イポーを出発して目指すのは首都クアラルンプール!

でもクアラルンプールまでは約200kmの道のりなので、1日100km走って2日の距離だ。

イポーで会った、自転車が趣味の欧米人は200kmの道も1日で走るらしいが、まぁ自分は時間もあるしゆっくり行きましょう。って頑張っても200kmだけど笑



さて、イポーからの道は、特に今までとも変わりばえのない道ではある。

でも道路に沿って、鉄道が走っているんだけど、たまにその鉄道を越えるために立体交差があって坂を登らなければならない。。

1、2回ぐらいならいいんだけど、10kmに1回くらいこの立体交差を登らなければならない。。

そのまま単純に道路と線路が並走してくれればいいのに、なんでこんなに何回も線路をまたがなきゃならんのよ。。って思ったり。

小さい事なんだけど、自転車でこいでる身としては切実笑



まぁそんな事もありながら進んでいきます。


マレーシアの道は、もう何回も言っているけど、路肩の無い道が多いのが困る。。

↓例えばこんな感じの道。


路肩がなくても、2車線の道なら自転車と距離取ってよけてくれるんだけど、この写真のように1車線の道だと、トラックなんかは自転車すれすれを走って行ったりした危なくてしょうがない。

自転車のこっちとしては、もちろんなるべく端っこを走るんだけど、あとは車がうまくかわしてくれるように完全にドライバー頼みになる。

こうして自分の力だけで安全を確保できないってのはけっこうストレスで精神的に疲れる。。

結果には車に当てられる事もなく、無事に走れたのでよかったけどね。



あと、これも最初に言ったかもだけど、交差点の度に車線をまたがなければならないのも辛い。

この写真みたいに、自分はまっすぐ行きたいんだけど、左車線は左にカーブしてしまう。

なので、真っ直ぐ進む道へと車線をまたがなければならない。

この度にいちいち後ろを振り返り、車がきてないかを確認しながら走らなければならない。

交通量が少ない道ならいいけど、多い道だと車線をまたぐのも一苦労である。



そんな苦労もありつつも、自転車は着実に進んでようやく半分、クアラルンプールまで100kmという標識にあたる。



この日はまだ余裕があったので、もう少し走る事に。


が、途中から空がゴロゴロいって雲行きが怪しくなってきた。。

これはもう雨が降るなって感じなので、雨が降る前にナツメヤシの林に自転車をつっこんでここでテントを張る事にした。

テントを張り終わったら雨が降り出してきたので、早めに切り上げて助かった。



結局この日は130km近く走った。

頑張れば走れるもんですね、それだけ時間もかかったけど。


これでクアラルンプールまでは残り70km。

昼過ぎには着けそうかな?




翌朝、まだ薄暗いうちから出発。



で、もう省略するけど、クアラルンプールに到着!


シンボルのKLタワーが見えてきた。




クアラルンプールの中心に入っていくと、さすがに交通量が多くなってきたし、大型の路線バスもじゃんじゃん走ってくるね。


まぁもう着いたも同然なので、安全第一でゆっくりゆっくり走る。



そして、中華街の宿に到着ー。


泊まるのはわりと定番宿なのかな?数年前にも泊まった「BACKPACKERS TRAVELLERS INN」だ。

前は確かドミが12R(360円)だったけど、今は16R(480円)に上がっていたけど。



いやーともかく一安心。

最終的なゴールはシンガポールだけど、バンコクからクアラルンプールまできたのですでに達成感があるな。

久しぶりのクアラルンプールも懐かしい。



そして

翌日はクアラルンプールの中心、ペトロナスツインタワーへ。



正直、この写真を撮るためだけにクアラルンプールにきたと言ってもいいぐらいだったしね笑


まぁこの場所は自転車ダメだったみたいで、すぐに警備員に注意されてしまったが、記念撮影だけさせてーとお願いしたらOKだった。

このクアラルンプールでは、もう4年前になるけど旅仲間が今住んでいるので、その友達を訪ねながらのんびりしようと思います。



--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けるとありがたいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:マレー半島自転車旅, 19:23
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/1106