RSS | ATOM | SEARCH
[タイ]パタヤまで足をのばしてみる
ひたすらのんびりしていたバンコク滞在。。

まぁのんびりってのは良く言うとで、要はなんもしてない笑

さすがにこれは出かけた方がいいな?

と思い、気まぐれでパタヤにでも1泊2日で行ってみる事に。


パタヤって欧米人の夜遊び場ってイメージだけど、ビーチもあるしまぁ自分も楽しめるかな?というわけです。


もうちょっと時間かけてもいいなら、サメット島なんかもいいんだろうけど、一人で行くなら近場のパタヤでちょうどいいかと。




さて、パタヤはバンコクから3時間ほどで到着。


いきなりだけど、こんな感じのビーチがすぐ町の前に広がっている。



思いのほかちゃんとしたビーチだけど、海はそんなにきれいではないな。。


そして、ビーチ沿いにずっと道路もあって人通りも多いので、のんびりできるようなビーチではないかなー。


ただ、バンコクから3時間で気軽に来れるってのは良いと思う。



ビーチは西向きなので、こんな感じで夕日も見れたしね。


夕日が見られるっていうのは、個人的にかなりポイント高い要素です。



この日は到着したのがもう夕方だったので、日中のビーチはまた後日来る事に。



さて、夜型の街、このパタヤで観光客が一番集まるのがこちらの「WALKING STREET」

名前の通り歩行者天国になっていて、ここにはたくさんのバーやレストランが並んでいる。



中にはムエタイのショーをやっているバーもある。

試合ではなくショーって感じであるんだけど、最後には回し蹴りを顔に当ててKOって感じなので、なかなかに迫力はあった。

本物のムエタイの試合になるとさらに迫力があるのかな。ムエタイもいずれはちゃんと見てみたいですな。




このウォーキングストリートでは、こうしたネオンがぎらぎらのレストランやバーが多い。


さらに、おもいっきりピンクの照明のオープンバーがあったりする。


欧米人のおじさんが、ここタイ人の女性と飲んでるのをよう見るね、いかにもイメージ通りのパタヤな光景。

ちなみにタイ人女性の方は、別に若いわけでなくおばさんが多かったけど笑

傍から見てる分に面白いんだけど、自分もそこで飲む気にはならないかな。。



こちらのちょっとオシャレなレストラン。

ここに

「GOOD GUYS GO TO HEAVEN
BAD GUYS GO TO PATTAYA」

って書いてておもしろい笑

「良い子は天国に行って、悪い子はパタヤに来る」

って事ね笑





自分はそこまで悪ではないので?このパタヤに来ても、特にパタヤらしい楽しみ方するわけではなく、ふらふら歩くぐらいなのですぐ周りきってしまった。



なので、ちょっと違うものにトライしてみる。


カオサンでもよく見る、昆虫をあげた屋台に挑戦してみることに。


こーゆーキワモノって、観光客用に売っているのはわかるけど、一般のタイ人の家庭で食べられう事もあるのかな?

手前にいるでかいタガメは、確かに前市場で売られているのを見たことがあるので家庭でも食べるのかもね。



絵的には手前のにあるでかいタガメがおもしろいんだろうけど、あまり美味しそうでもないので、無難そうな小さいサナギみたいなやつと小さいバッタの揚げ物をチョイス。

食べてみると、まぁ揚げてあるのでエビみたいな香ばしい感じなので全然食べられるね。

別に好んで食べたいってほどではないけど。。


まぁたまにはこういうのもいいかね。タガメはまた次の機会にでも。。




はい、早くもウォーキングストリートにも満足したのでもう帰る。


せっかくなので?帰りはゴーゴーバーが集まる一角を通って帰ることに笑

いやーなかなかにきらびやかですね。。

でもまだ時間が早いからかあんまり人はいないみたいだ。




そしてなかなか衝撃的だったのがこちら。。

「BOYS TOWN」という一角笑

名前の通り、男性の男性のための店が多いようだ笑



右に写っている、真っ白なタンクトップ姿のお兄さん達が、マッサージの客引きをしている。。

もちろん?女性に声をかけるわけでなく、男性に声をかけるわけである。。


こういう光景ってあまりなじみがないので見てておもしろい笑


店がどんな感じなのかまでわからんけど、こーゆー領域は自分はまだ早い?ので、そそくさと退散。。笑



行った事ある人はどんな感じか教えてください笑




というわけで、夜こそ真骨頂なパタヤなんだろけど、もともと夜型ではない自分が来るとこではないかと。。





で、翌日はパタヤの沖合いにある「ラーン島」に行ってみる。

ウォーキングストリートを越えた先にある船着場からラーン行きの船が出ているね。



船は40分ほどで島に到着。

パタヤで見た欧米人はおじさんばかりだったけど、ここに来る欧米人は若い人が多くて、なんか健全な感じ。

自分もこちらの方がまだ合っているな。多分。



この船着場からビーチまではちょっと距離があって、乗合のトラックで行くこともできるが自分はいろんなビーチを周ってみたかったので、バイクを借りることにした。

1日200B(700円ぐらい)でガソリン代込み。

バイク乗るのも久しぶりだし、こういかにも南国な雰囲気の中バイクで走るだけでなかなか楽しい。



まずやってきたのはこちらのビーチ。

上から見ただけでもきれいなビーチってのがわかるね。

海も、パタヤで見るのより断然キレイだ。



ここがメインのビーチなようで、たくさんの観光客、特に中国人でごったがえしていた。

あと、ロシア人も多くくるのか、ロシアの国旗とかロシア語表記をよく見かけたな。


↓なるべく人のいない所で撮った写真。

多いところは日本の海水浴場並みに人が多かった。



こんな所ではゆっくりできないので、次のビーチへと移動。

このラーン島はそんなに大きい島ではないので、20分くらいあれば縦断できるぐらいの規模なのもちょうどいいかな。




で、やってきた島の南側にあるビーチ。

こちらになるとずいぶん静かになったな。中国人はほぼおらず、欧米人の方が多くなった。

いかにもリゾート地って感じの雰囲気だね。



さらに別のビーチへと移動。

次にやってきたビーチはこんな感じでより人が少なくなった。





なので、ここにタオルをひいてのんびり海水浴、ってか日光浴。


バンコクから近くても、ここまでキレイな場所があったとは知らなかったな。


バンコクの都会っぷりとはえらい違い。

もしバンコクで働いてたら、週末はここでのんびりっていう生活がいいかもね。






てな感じで、パタヤのいかにもな雰囲気にはなじめなかったけど

ここのラーン島はバンコクから気軽にこれるビーチとしてはなかなか良かったかなと。



なのでトータルとしてはここに来てかなり楽しめたかなー


パタヤ、行った事ない人は行ってみるのもいいと思います。



なんかえらい簡単に書いてしまったけど、まぁこんな感じで。


--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースが落ちてますが、モチベーションアップになりますので押してもらえると嬉しいですー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:7.タイ, 13:21
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/1093