RSS | ATOM | SEARCH
[ネパール]エベレスト街道トレッキング14-19日目 〜ゴーキョから下山〜
昨日トレッキング13日目で無事にゴーキョピークに到達し、これで全ての目的地に到達!


あとは無事にルクラまで下山し、これまた飛行機でカトマンズに戻るだけ。




なんだけど、



目的を達成して気が緩んだからか、思いっきり風邪をひいてしまった。。


いや、正確には何日か前からのどをやられてしまってたのよね。

この高所の空気は”乾燥、冷たい、ほこりっぽい”となかなかにのどに悪いコンディションだったわけです。

自分だけでなく、トレッキング中に会ったトラッカーは大体のどをやられていて、

山小屋の中ではゴホンゴホンとあっちこっちで咳の大合唱って感じだったのよね。


自分はネックウォーマーをマスク代わりにしながら歩いていたんだけど、それでものどをやられてしまい、それが悪化して風邪となってしまったようだ。。


ここからナムチェまで2日かけて下ろうかと思ってたけど、ゆっくり3日かけて降りる事にしようかね。


朝、出発の前にまたゴーキョの湖を見に行く。

水もきれいでやはり心地良いね。標高は高いけど、日中陽が当たっているとそこまで寒くないしね。



が、さすがに湖に手をつけると冷たいもんだが、そんな湖にもヤクはざぶざぶ入ってた。

ヤクなんて毛がふさふさしてるし、水分吸いまくって水から上がってもずっと寒そうだけど。。まぁ大丈夫なんだろうけどさ。



さて、ゴーキョから歩き出す。

時々後ろを振り返ると、ゴーキョの村と後ろに見えるチョ・オユーがなかなかにかっこよいね。



道中はひたすらゆるやかな下り。

息は切れないんだけど、やはり体力が落ちているようでしんどい。。


ちょっと歩いては休んで、歩いては休んでの繰り返し。。

まぁ道中は相変わらず景色は良いし、もう目的は達成しているので焦る必要もない。

のんびり歩いていきましょう。



帰りの道が、行きのカラパタール方面とは違う道なので、道中ずっと始めて見る風景なので、帰りでも飽きずに歩けてよかったね。



↓雪山の部分以外の山もずいぶんかっこいいね。

周りの景色も高度が下がっていくにつれてずいぶん変わってきたね。



↓こちらは振り返って、ゴーキョ側の景色。

山肌に登山道があるのがわかるね。こんなとこを歩いていたわけです。




この日は、たいして歩かず昼過ぎに着いたマッチェルモという村で泊まることに。

数日前から一緒だったチベタンのトレッカーとはここでお別れ。

だが、たまたまカトマンズとカラパタールで会っていた日本人チャリダー夫婦と再会。

お互いのトレッキングやら旅の話で盛り上がる。


んだけど、こちらはどんどん体調が悪化して寒気がすごくなってきた。。

薬を飲み、持っている服を全部着込んでもそれでも寒い。

が、その夫婦も、他のトレッカーもそんなに寒そうにはしていないので、やはり自分が異常なようだ。

咳も止まらないしね。

日本にいる時に肺炎になった事があるけど、ほんと肺の奥底からタンが出てくるみたいな深い咳で、腹筋が筋肉痛になるぐらいずっと咳をしていたけど、今の咳もそれに近い。

もしかしたらこのまま肺炎になるのかも?って気がしてきた。



夫婦とももっと話はしたかったが、これはもう寝た方が良いと思って、宿の人にブランケットを3枚もらってそれをかぶって寝る。


が、体調悪いくせに目がさえてて全然寝れない。。


頭の中ではひたすら「寒い、寒い、寒い、寒い」と考えるだけ。


時間経つのもえらい遅く感じて本当にしんどかった。


ようやく寝れたと思っても、眠りが浅いのかすぐ起きてしまう。。


が、それでもなんとか耐え「さすがにもうそろそろ朝かな?」と思って時計を見てみると、

なんとまだ午前の2時。。


この時の絶望感はなかなかだったな。。


これからはほぼ寝れないまま、ひたすら寝袋の中で震えていた。。


今までのトレッキング中で、ダントツに辛い時間、一夜となったな。。







朝6時くらいにようやく明かるくなり始め、

宿の人に温かいお茶を入れてもらって飲んだ時はほっとしたもんです。



ほぼ寝れなかったが、今日もなんとか歩けそう。

いや、今夜も寒すぎるここで寝るなんて考えたくもない。

少しでも暖かい場所へ高度を下げることにしよう。


帰りの道中も景色が良いのでそれで救われるね。




日中、陽がさすとかなり暖かくなってきた。

休憩がてら芝生に寝転がってたら、昨夜の寝不足もあってかそのまま2時間昼寝。


それからはずいぶん体も楽になったかな。

薬も飲んでいるのでそれが効いてもいるんだろう。



この日もルクラまでは行かず、手間のポルチェタンガってとこで泊まる。

トレッキングルート中で中途半端な場所にあるからか、客は自分だけだったけど。




で、翌日ようやくルクラまで戻ることができた。

ここまでくると、もう一度通った見覚えのある道だね。

エベレストも再び見えるようになったけど、ここまで戻るとずいぶん小さい姿になってしまったな。

↓左側の小さいでっぱりがエベレスト。



最後に記念撮影。 こんな感じで歩いてました。

一応エベレストバックに。小さいけど。



ちなみに、最終的にルクラからカトマンズに飛行機に戻ったのは、トレッキング開始して20日目。

この20日間、結局1度もシャワーを浴びていない笑

でも自分だけでなく、ずっと浴びてないって人が多いと思う。知らんけど。

トレッキング中ずっと厚着をしているので、自分がどれだけの臭いを放っているかわからないので気にならないんだよね。頭が多少かゆかったぐらいかな。

一応、どの山小屋でも300円ぐらい払えばホットシャワーが浴びれるんだよね。

お金をケチったってよりも、いくらホットシャワーとは言え寒空の下、服を脱いでシャワーを浴びるって気にならなかったわけで。。





↓ルクラに戻って真っ先に飲んだコーラ。

150円ぐらいとカトマンズの倍以上の値段はするけど、さらに値段の高い高所から降りてきたので150円も別に高く見えないんだよね。

久しぶりに飲んだコーラは感動的なおいしさ。

ほんと旅中のコーラが中毒的なおいしさがあるよね。

自分はビール飲むよりコーラの方がよっぽど好きです。



そしてここで買えたのど用のシロップ。

咳とのどの状態が良くないのでこれ以上悪化しないように、多少高かったけど購入。

まぁずっと使ってたけど効果があったのかは謎だけど。。

(咳は後日カトマンズで買った抗生物質飲んでたらずいぶんよくなった)



時間的な余裕はあったので、このルクラでは結局3泊した。

マッチェルモで会ったチャリダー夫婦とも再会できたし、これまた折り畳みの自転車で世界一周しているチャリダーとも2年ぶりぐらいに会うことができたのでルクラ滞在もなかなか楽しかったけどね。

ちなみに折り畳みの自転車は山に持ってきたのかな?

と思って聞いてみたけどさすがに持ってきてなかったようだ笑


そしてルクラまで下り、さらに翌朝のフライトでカトマンズへ戻るのでした。




カトマンズに戻ったら、荷物持ったそのままの状態で日本食レストラン桃太郎に直行笑

トレッキングの疲れを自らねぎらうという。


カトマンズの物価からすると高い日本食だけど、山の物価と比べると安く見えるので躊躇なく食べまくれた。


後日にはトレッキング中に会った日本人みんなでステーキハウスに行って「シャトーブリアン」とかいう上質の肉を食べたりね。(それでもそこまで高くはない)



今回のネパールはこのトレッキングのために来たけど、ほんと充実、満足したネパールになったかな。


やはりネパールは期待を裏切らないね。

ネパールにはまた何度でも来ることになる気がする。


さて、この後は再びインドに戻ることになりますー。


目指すはとりあえずバラナシだな。



--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースが落ちてますが、モチベーションアップになりますので押してもらえると嬉しいですー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:25.ネパール, 22:39
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/1082