RSS | ATOM | SEARCH
[パキスタン]運よく見れたカラーシャ族の祭!
ランブール谷での滞在で、カラーシャ谷もほぼ満足した自分。

これはもう次に移動してもいいかな?

なんて思ってたら、なんと数日後に別のビリール谷で秋の祭があるとの事。

カラーシャ族の祭りは、春の「ジョシ」、夏の「ウチャオ」、冬の「チョウモス」と3回の祭をやるようだが、どうやらビリール谷だけ、夏のウチャオに代わり、ってか追加でかな?秋に「プー(Pul)」という祭をやるようなのだ。


てなわけでせっかくだしその祭を見にビリール谷も行くことにしましょう。


もう帰りたそうな護衛の警察に「まだ帰らないでビリールに行くから」と伝える笑

まぁこの人も良い人だし、この人も酒が飲めるカラーシャ滞在を楽しんでるようだからいいでしょう笑


ビリールまでのアクセスは、ランブールからはめんどうだし一度チトラールまで戻ってそこからビリールに向かった。カラーシャに滞在している間、もう何日もシャワー浴びたりしてなかったし、宿はほぼ停電してるし虫だらけだしといろんな理由もあるけどね。

ってかカラーシュに人たちはシャワーとか浴びてなさそうだな。そういう設備ないし。

ちなみにこの時点で10月中旬くらいだけど、かなり寒いカラーシュ谷です。。



さて、チトラールでの文明社会で一息ついてからビリール谷へ向かう。


ビリールに向かう途中や到着した村では、いままでいた警察とは違って、ここにはたくさんの軍人がいた。

↓軍人が、自分がチトラールの警察でした登録書を確認しているとこ。



昨日も書いたけど、ここはもうアフガニスタンから10kmほどしか離れていない距離。

かつて、タリバンかなんかが攻撃してきた事があるようで、ここの軍人はみんな狙撃銃とか、でかいライフルなんか持ってて今までの警察とは本気度が違う。。

護衛の警察の銃が可愛く見えるほど、ここの軍人はみんなごついライフルを持っているし。

そーいや自分の護衛の警察も、かつてタリバンとの銃撃戦に参加したことあるとか言ってたな。。




って村に到着したんだけど、どうやら早く来すぎたのか、カラーシュの人たちは全然おらず、こうした軍人だらけなのでなんとも落ち着かない笑


まぁでもチャイやお菓子をくれたりと優しくしてくれましたが。




ってほんと誰もいなさすぎて「ホントに今日祭があるの?」ってちょっと心配になるぐらい。

ちょっと村をふらふらしてみたけど、このビリールは本当に小さい村だし、家があちこち離れて点在している。

一応宿もあるようだが、確認できず。

まぁこうして祭がなければわざわざ来る理由はないかも。。ブンブレットとランブールだけ行けばよいかもです。





で、待つこと3時間ほど。。



ようやくカラーシュの人たちが集まってきた!


ブンブレット谷の宿で見せてもらった、祭りようの髪飾りをしっかりつけてますね。

首飾りもじゃらじゃらで、いつも以上に華やかだし。

なんか耳に花さしてるし。



↓後ろから見るとこんな感じ。


↓赤ちゃんも参加できる祭だといいですな。



↓若い人もいるけど、やはり年配の人の格好がいかにもって感じでいいですな。


↓頭重そう。。

まだかまだかと待つ人たち。




ようやく太鼓をもった男が現れて祭がスタート!



とりあえず、女性達が輪になって、手拍子しながら歌を歌っている。



こんな感じでぐるぐると回っている。。

人はけっこうたくさん集まったけど、こうやって円に参加しないでただ外から見てるって人も多いね。



祭も女性が中心のようで、中央で集まってダンスしているのはみんな女性である。

男たちはそこから見てたりするぐらい。

カラーシュ族の服もだけど、生活においてもけっこう女性中心だったりするのかもですね。

イスラムとはえらい違いです。


↓中のおばちゃんがノリノリでダンスしている。



次は、こんな感じで3〜4人が肩を組んでぐるぐる回ったり。


↓これには若い人たちも参加



↓子供達も。まぁ楽しそうだね。



これは動画の方がわかりやすいかな?

って事で珍しく動画をアップしてみました。

まぁこんな感じです。

もし動画の画質が悪ければ、右下にある設定ボタンを押して高画質のに変えてみてくださいー。




って、祭をずっと見ているわけだが、

どうやらさっきの「円陣」「肩組み」のダンスを延々と繰り返すようだ。。


そもそも、この祭ってなんのための祭なの?って疑問があるが、

聞いてみたところ「秋の収穫を祝う祭」という事みたい、なるほど。

ワイン(地酒)の祭りでもあるらしく、「祭では飲み放題だ!」なんて言う人もいたけど、そんな感じはなく、ただ広場で延々とダンスが続いていく。。


でもこの円陣と肩組みのダンスは、春や冬の祭りでも同じらしく、もう何回も見に来ているという護衛の警察はけっこう退屈そうにしていた。


まぁ初めて見る自分としては、やはりこれだけ華やかなカラーシュの人たちが集まっているので見てて面白いけどね。



ちなみに外国人の観光客は自分たちだけで、あとパキスタン人の観光客が数人いたぐらい。

あとこれを撮影に来たテレビ関連の人がいたかな。


春の「ジョシ」の時にはパキスタン人の観光客だらけになるって聞いけど、今回ぐらいの観光客の数ならカラーシュの人たちの邪魔にはならないかな。(と良いんだけど)



とにかく鮮やか。



ちなみに、自分は日本にいる時はパキスタンにこうした民族がいる事なんて知らなかった。

世界にはまだまだ自分の知らない、いろんな民族や文化があるんだろうね。

やはり世界を旅するのはおもしろいし終わりがない。




まぁそれでもひたすら写真も撮っていて、あまり状況の変わらないダンスにさすがに時間が長く感じてきた。。笑



と思ったら、一応「収穫の祭」らしい、ちょっとしたセレモニーなんかをやってたかな。


まだ続くし、写真もたくさんあるのでまた後ほどー。



※パキスタンの宿情報、簡単な情報はこちらで↓


--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースが落ちてますが、モチベーションアップになりますので押してもらえると嬉しいですー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:127.パキスタン, 13:23
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.world-runner.net/trackback/1045