RSS | ATOM | SEARCH
[パキスタン]北部拠点の町、ギルギット
年が変わってようやくのブログ更新です。

年末に修理したパソコンが、やはり調子悪くてもう一度修理に出してました。

今もバンコクに滞在していて、ブログ書く時間も十分にあったのにそーゆー時に限ってこういうトラブルがあったりして結局更新できずでした。。


まぁ言い訳はこの辺でパキスタンの続きですね。


あ、バンコクにはあと2週間ほど滞在すると思います。





さて、フンザでの滞在にも満足したので次の町へ移動しましょう。


本当はフンザでもう少しのんびりしたい気もするけど、パキスタンはまだまだ周る所があるし、早くしないとネパールでのトレッキングの時期がどんどん遅くなってしまうので頑張って移動です。


フンザ(カリマバード)から向かうのは、パキスタン北部での拠点の町ギルギット

フンザからはまず、幹線道路にあるアーリアバードまでスズキって名前の乗り合いトラック(メーカーがスズキだからスズキって名前らしい笑)で行き(30R)、そこからギルギット行きのバンに乗る。(240R)

アーリアバードはこの地域での交通の拠点になっているようで交通量が多い。



アーリアバードからギルギットまでは3、4時間の距離。

窓からの景色ではもう雪山も見えなくなり、低地にどんどん近づいてきてるのだなって感じ。

まぁパキスタンの地図で見ると、ギルギットもまだまだ北部ではあるんだけどね。



で、到着したギルギット。

ここは北部の拠点の町であるのでバスターミナルには大型のバスも止まっていたりとしっかりしている。

バスターミナルは町中心から10km近く離れた郊外にあるので、今回もスズキに乗り町中心まで移動。



ギルギットで泊ったのはこちらの「Madia Hotel」

ここがギルギットでの定番宿って事みたいで来てみたが、部屋もトイレもえらい汚い。。しかもめっちゃ蚊が多いし。。

正直なんでこんなとこが定番宿なんだ?って感じ。。

入り口には、日本の国旗がペイントしてあったりと、確かにかつては日本人の旅行者も多かったのかも

唯一wifiがあるってのが救いかな?って思ったけど、結局ほぼ停電してて使えず。。

まぁギルギットは今日1日だけで次へ移動しちゃうのでなんとか我慢できるが、そうでなければこんな決してオススメできません。。

この近くに、「○○BACKPAKER」だか「○○HOSTEL」だか名前は忘れたけど、そうした宿もあったのでそっちの方が良いと思います。。



ちなみに後日、パキスタンに何回も来ているという事情通?のベルギー人に聞いたところ、確かに昔は良い宿だったけど、オーナーが変わってから今のように掃除も全然されない微妙な宿になってしまった、との事です。。




さて、滞在も1日なので、ギルギットの町をふらふら。

が、その前にATMでお金を下ろそうと思っていろんな銀行を周ってみたけど結局おろせず。。

米ドルの現金両替で、まぁ悪くはないかなってレート(1ドル100ルピー)で替えてくれる両替屋があったのでそこで両替する。

宿から近くの、ロンプラに載ってる両替屋でした。って実際はただの店だけど。


あとは翌日乗るマスツージ行きのバスの時間を確認する。朝7時発との事。



↓パキスタン丸出しな感じの図。

バナナ屋のおっさんが渋い笑


↓路上のマーケットの様子。

こちらは結婚式用に車を飾りつける花屋かな。

こうした結婚式ようの飾りを売る店ってけっこう多かったりするね。



↓なんかおでこにサンダルをつけられた牛 なぜw



ギルギットは交通の拠点ではあるけど、街中にこれぞと言った見所は少ないかな。

これは川にかかるけっこう立派な橋。



あと、一応中国が近いからか、「CHINESE FOOD」をうたうレストランが何軒かあったかな。

自分が大好きな「ラグメン」があるってんで食べてみたら、ぶよぶよにのびきったスパゲッティの麺を使った料理で本場のラグメンとは全然違う。。

こんなん中国人なら怒るぐらいのレベルかもだが、カレーばかりのパキスタンでこうしてカレー以外のものが食べられるのは貴重ではあるか。。

あとは、餃子みたいなのを出す店も多いってガイドブックに書いてあったけど見つけられず。。





ギルギット周辺の見所としては、標高8000mを越える「ナンガパルパッド」という山を見に行く、「フェアリーメドウ」ってとこに行くトレッキングがかなり人気のようだが、トレッキングや雪山は先日のラカポシBCで満足したので今回はパス。


そーいや、数年前にそのナンガパルパッド周辺をトレッキングしていた欧米人の集団がパキスタンの武装集団に襲われてて殺されるという事件もあったな。。

町中を歩いている分にはそんな危険な雰囲気は全然感じないのだが、自分がパキスタンに滞在している間にも国内でテロが発生したりと、やはり情勢はまだまだ不安ではあるようですね。。




このギルギットからは、次は西に向かい「チトラール」を目指し、その周辺に住んでいる「カラーシュ族」を訪れてみようと思います。





※パキスタンの宿情報、簡単な情報はこちらで↓

「宿情報」  「一人情報ノート」(まだちゃんと書いてないけど)

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースが落ちてますが、モチベーションアップになりますので押してもらえると嬉しいですー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
JUGEMテーマ:海外旅行 総合
author:oka, category:127.パキスタン, 21:04
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
明けましておめでとうございます!

待っていました、カラッシュバレー
楽しみです!

サンギタ, 2015/01/09 1:13 PM
明けましておめでとうございますー。
ちょっとずつですが更新していきますので今年もよろしくお願いします!
oka, 2015/01/09 9:47 PM









Trackback
url: http://world-runner.jugem.jp/trackback/1039