RSS | ATOM | SEARCH
スーパーアニエーション、自力で返金できました。
昨日、ワーホリが終了したって事を書いたけど、オーストラリアを離れてもまだする事はあるのよね。

それは

.織奪スリターン

▲后璽僉璽▲縫─璽轡腑鵑諒峩


.織奪スリターンは確定申告みたいなもので、払いすぎた税金を返金してもらうというもの。
まぁワーホリしてる人なら誰でも知ってるので詳しくは割愛。
オーストラリアは6月末までが会計の期間なので、通常は7月以降にやるもんですね。
税率は収入によって決まるので、たくさん稼いだ場合はタックスリターンをすると逆に「もっと払え」となる場合も注意。。



▲后璽僉璽▲縫─璽轡腑鵑呂泙’金みたいなもので、通常働いていると給料の約1割が、給料が別で積み立てられるというものですね。
例えば時給20ドルだとすると、1割の2ドルが別に積み立てたれるというものです。
考えようによっては、時給22ドルってことにもなるけど。

このスーパーアニエーションは原則はすぐに解約できないんだけど、自分らワーホリみたいな、オーストラリア永住者でない場合はオーストラリア出国後に解約、残高を返金申請する事が可能になります。

あと会社によっては、生命保険みたいな感じで週に15ドルとかえ勝手に入っている場合もあるので、放置しておくとアニエーションの残高がいつの間にかなくなってた、、って事もあるのでワーホリ終えたらさっさと返金申請した方がいいですね。



このスーパーアニエーションの返金。。

業者に頼むと、260ドルとか280ドルとかってけっこう高い手数料を取られるので、なんとか自分でできないかな?

と思ってやってみたら、結果でいうとあっさりできました。

ってか業者に頼むとしても、自分の住所やら口座番号、アニエーションの会社の情報なんかを業者のフォームに打ち込むわけで、それだったら自分で直接申請するのと手間的にはほとんど変わらないです。




で、自力で返金申請する方法ですが


ネットで調べたら詳しく解説しているサイトがちらほらあって、そのサイト通りにやったらできました笑
(これを’自力で’と言えるのかはわからんがまぁいいでしょ)


一応そのサイト紹介↓↓ 別に宣伝してるわけではないけど、実際参考になったので

スーパーアニュエーション返金手続きDASP申請方法10手順



返金は、日本の住所に小切手でももらえるが、オーストラリアの口座残したままならそちらに送金してもらった方がいいかもね。

アニエーションの残高から、税金3割ぐらい引かれた額が振り込まれてました。


オーストラリアでいくつかの職場で働いた場合、アニエーションの口座が何個もあるって場合もあると思うけど、
これも自分のアニエーションのメンバーIDなどが分かれば、一つにまとめる事が可能。

メインにしたいアニエーションのサイトにログインして「他のアニエーションを統合する」みたいな項目があるので、返金申請する前に一つに統合しておくのが良いかと。



返金申請してから2週間後くらいに、アニエーションの会社から送金する口座の情報を教えてくれーってメールが来たので、それに返信して数日後に銀行に振り込まれてました。



てなわけでスーパーアニエーションの返金はわり簡単でした。

よくわからなくて放置、、って人も多そうですがまぁ試してみてください。



--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けるとありがたいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 
author:oka, category:129.オーストラリア(ワーホリ), 16:45
comments(0), trackbacks(0), - -
ワーホリ終了しました。
えーと、全然更新していないこのブログですが、一応報告を。。


オーストラリアでのワーホリ、無事に終了しました。(もう2ヵ月ぐらい前に)


31歳になる前日にワーホリをビザを取り、さらにその入国期限の1年後近くに入国といういわゆるギリホリ。

ワーホリの目的は、まぁ海外で働ける機会があるなら使っていいかなってのと、旅の資金の調達。

いつまで旅を続けるんだ?ってのは自他ともに?疑問に思うところですが、

とりあえず「貯金する」という目的では成功で終わったので一安心。

オーストラリアに入って最初の2カ月近くは仕事もなく焦る一方だったけど、最終的にはけっこう稼げたのでよかった。

我ながら頑張った方じゃないかな?

いや、そりゃあ日本で普通にサラリーマンしてる方が無難かもだけど、

バックパッカーが気軽に貯金できるという点ではワーホリはやはり良かった。


働いた期間は10ヵ月ほどで、最終的な貯金は大体50000ドル、日本円だと400万円ぐらいの貯金かね。


ワーホリのほとんどの期間を過ごしたのが西オーストラリアのブルームって町。

ビーチのある観光地で、仕事しながら毎日海に沈むキレイな夕日を見たり、なかなか環境も良い町だったかな。

仕事もそれなりにあるのでブルームはかなりオススメ、多分かなり稼げる町ですね。



仕事は、ホテルの部屋掃除、マクドナルド、レストランの皿洗いとか、3つの仕事を掛け持ちで一日20時間働いた時もあるが、労働時間は週に90時間前後だったかな。


まさかマクドナルドで働くなんて日本にいる時は思ってなかったけど、社会科見学みたいなノリで楽しかったかな。

オーストラリアの職場だしかなりゆるかったしね。元々厳しそうなのにさらに今状況の厳しい日本のマクドナルドではとても窮屈で働けそうもない。

あ、でも日本のマクドナルドにも行ったけど、できるだけ作り立てを提供しようとか努力してるのがキッチンの様子を見ててもわかるね。

日本帰ったら日本のバーガー全種類食べたいと思ってたけど、実際日本に帰るとマックじゃなくてラーメンとか牛丼とかに目がいって結局全然マック行ってないけど笑


まぁ話がズレましたね。


ワーホリの目的は人それぞれだと思うけど、自分はそれなりに友達もできたしとりあえず楽しい1年を過ごすことができたかな。




現在地はタイのバンコク。

ここから中南米へと飛び、さすがにこの世界旅にも区切りをつけようと思います。



ブログも、旅をちゃんと再開したら書こうかと思いますのでお願いします。


ではでは
--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けるとありがたいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:129.オーストラリア(ワーホリ), 15:19
comments(0), trackbacks(0), - -
オーストラリアはブルームにいます
お久しぶりです笑

今年もすでに20日以上過ぎて、もはや明けましておめでとうとも言えないですね。


えーと、長らくブログを放置し過ぎてて、自分でも存在を忘れてかけていました。すみません。



オーストラリアにワーキングホリデーで来て早くも9か月が経とうとしています。

いやーあっという間ですね。

半年前ぐらに更新しているブログでは、西オーストラリアのカナナラってとこでファームの仕事を探したけどうまくいかず、、って事が書いてますね。


その後、カナナラからブルームという町に移動。

ブルームは、海沿いのリゾート地で、真珠の養殖産業が盛んでかつては日本人の移民も多く、町には「SAYONARA Road」「NISHIOKA Road」みたいな日本名の道路があったりで当時の名残が見えます。



で、このブルームに6月の頭に来て、今もこのブルームにいます。

多分ワーホリの最後までこのブルームにいることになりそうです。


まぁここで仕事をしているわけなんですが、、

ブログを長らく放置してた最大の理由にもなるけど


けっこう働いてます笑




少し前までは

・マクドナルド

・レストランの皿洗い

・ホテルの部屋掃除


と三つの仕事を掛け持ちしてて、かなり稼げてました。


ワーホリでは一つの仕事で6か月しか働けないという制限があるので、

楽しかったマクドナルドでの仕事は終了してしまい、今はレストランとホテルの仕事二つになったけど、それでもまだまだ稼げてる方かな?


実際他のワーホリの人がどれくらい稼げてるのかはわからんですが、

今自分がいるブルームって町はお金貯めるのにはかなり良さそうです。



ワーホリ来る前に目標としてた貯金金額はゆうに超えて、あとはできるだけ多く貯めようかなって感じです。



まぁお金の話はまたそのうち笑




ワーホリも早いものであと2か月ちょっとになってきました。


とりあえず楽しくは過ごせているのでこのまま最後まで順調に仕事したいところです。





一応ちょっとだけどブルームの写真でも。



こんな感じでビーチのある観光地。




夕方にはこうして浜辺でラクダに乗るのが定番のアトラクション笑



まぁ自分は乗ってないけど。。

ラクダよりもダチョウに乗りたい。

あ、カンガルーはいないけど小さいワラビーはたくさんいます。




夕日。

まぁこんな夕日を毎日見てるわけだけど変わらず綺麗だね。



今度は太陽じゃなくて月。

このブルームでは「月への階段」という、月の明かりが海面に階段のように写る現象が見られる。

毎月満月の時には見られてお祭りみたいになるんだけど、結局最初の1回しか見れてない。。




まぁこんなとこですかね。


また更新しますのでー



--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けるとありがたいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:129.オーストラリア(ワーホリ), 10:27
comments(7), trackbacks(0), - -
念願の仕事ゲット!も2日でクビに。。
げっ

気づいたら2か月も放置しちゃっていたようで。。

たまに「更新されているかな?」と見に来てくれてた方がいたら申し訳ないです。


この2か月なにをしていたかと言うと、まぁ普通に仕事しておりました。

オーストラリアでのワーホリでも、定住して仕事という「生活」って感じになると、どうも旅って気持ちも薄くなってきて、自分をブログを更新しないばかりか、他の旅ブログにもほぼ興味がわかずって感じでした。。


もし日本とかに帰って普通に仕事してたら、やはりこうなってたのかね?

まぁ個人的にはこうして仕事するってのも久しぶりだし新しい事なので楽しいんですけどね。


その辺の様子も、ちょっとずつ書いていかねばですね。。




じゃあ2か月前の続きから書くことにしましょう。


えーと、カナナラでの仕事探しの話でしたね。。


自分が行った5月頭の時点ではまだファームの始まる時期には早かったからか、150人近くが待っていた中でひたすらJOBSHOPからの連絡を待つ日々を送ることに。。


このカナナラだと、仕事は基本的にこのJOBSHOPから斡旋してもらう形になる。


逆にいうとJOBSHOP以外でのチョイスはかなり限られる。


自分は運も悪く(ってかこのJOBSHOPの運営がクソだと思っているが)、結局5週間いても1度も連絡が来ることはなかった。。

登録してその場で仕事もらっている人もいて、不公平さがすごい。




一応ただ連絡を待つだけでなく、自分で朝ワーカーをピックアップに来るドライバーにレジュメ渡したりしていた。

そこで働いている人の話で、近々人を増やす可能性があるって聞いていたのだ。




それでももうカナナラに来て4週間近くが経っていた。


こりゃあもうダメかな。。カナナラをもう去ろうか?


と思っていたら、


なんとそこの仕事をもらえることに!


いや、まじでもう去るつもりだったので逆に戸惑ったけど、これはこれで頑張りましょう。


そもそももうお金もないしな笑



仕事の内容は、収穫して箱詰めされたメロンの箱を運んだり積み重ねたりするような仕事らしい。

ファーム用語?だとパッキングシェッドのスタッカーの仕事です。



そして、フォークリフトに乗ったりもするようだ。

自分は以前物流の会社で働いていて、フォークリフト運転できるのよね。

レジュメにそこをかなり強調して書いていたのが効果あったようで、めでたく採用となったわけです。




いやー、1か月ほぼなにもせずに過ごしてきたので本当に長かった。。



が、その日々もおさらば!

ビシビシ働こうと思います。



ちなみに時給は21ドル。

日によって作業量は違うけど、シーズンが本格的になって忙しくなってくると、週に1000ドルは超えるらしい。


まあその分体力的にも大変だろうけど頑張ります。

全てはお金のためですな笑





で、迎えた仕事初日。


職場は、まぁ収穫されたメロンが運ばれてきて、それを箱詰めする小屋みたいなところ。

箱詰めする女性が5人と自分と同じように、箱を運ぶ人は自分入れて4人。


だが、今までは3人でやっていたようで、自分が入って4人になった事で、作業がずいぶん楽になったようだ。


メロンが、サイズにもよるけど大体ひと箱に7〜12個入り、多分13kgぐらいの重量になる。


それを運ぶのはまさに体力仕事で、特に高く積み重なった状態でそこに乗せる時は、全身を使ってよいしょ!ってやらないと上まで重ねられない。



ファームジョブをゲットする前に、筋トレはしておいた方がいいという友達のアドバイスもあって、一応多少の筋トレはしてたんだけど長時間やっているとさすがに疲れるね。

いや、体力的には大丈夫なんだけど、筋肉的に?なかなか辛くなってきた。



初日は8時間の労働。


これで21 x 8 で168ドルももらえるとはやはりすごいな。。

多分、別に楽しくもなんともない仕事だけど、これは完全にお金のためと思って割り切れますね。




よし、また明日からも頑張るぞ!


と思ったんだけど、やはりシーズン的にはまだ忙しくないようで、

二日目は4時間で終了。。

まぁ仕方ない。




が、次の日。



なんかオレだけ休みらしい。。



ふむ、確かにここ2日間、そこまで忙しくなかったし、一人いらないってのはまぁ納得できる。

腕もかなり筋肉痛だし1日休みでむしろちょっと助かるかも。



って思ったんだけど、

どうやらその次の日も、その次の日もオレだけ休みになった。。



そしてそれが数日続き、なんかまた違う新しいやつが働きだしたって話を聞いた。。


は?


どうやら他にも何人か試してみて、その中からいい奴を本格的に採用するらしい。



ふむ、そうは言っているけどオレでも良ければ別にオレを使い続ければいいわけで、実質オレはクビって事かな?


ファーム側もはっきり言ってくれればいいのに、いつ聞いても「ちょっと待ってくれ」しか言わない。


なんか対応の感じも悪いし、もはやその職場に興味もなくなったので、逆にこれで心置きなくカナナラを去れるってもんでしょうか。



いやー、ワーホリの仕事には運も必要なんだろうけど、カナナラでは完全についてなかったね。。



ここは心機一転、次のブルームの町に期待しましょう。


--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けるとありがたいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:129.オーストラリア(ワーホリ), 16:08
comments(2), trackbacks(0), - -
カナナラで仕事探し
また間が空いてしまいましたね。。

もうすぐでリアルタイムに追いつくので、油断してむしろ更新してないという笑 スミマセン。。

現在、仕事してるのですっかり「旅」って感じではなくなってきました。

他の人の旅ブログも読んでないしね。

どっぷりワーホリで「生活」って感じになってきました。

まぁ楽しんではいますけどね。


そんな感じではありますがとりあえず続きを。。



シドニーから、ファームジョブを探しに一気にオーストラリアの北側までやってきたとこですね。

まず飛行機でダーウィンに降り立ち、そこからバスでカナナラというファームで有名な町を目指す。


ダーウィンからカナナラまでは、グレイハウンドのバスで11時間ほど。

運賃が約140ドルと高ぇぇ。。 が、これも仕事すればすぐに回収できるので必要経費と割り切ろう。



バス車内はけっこうガラガラで、アボリジニの客も数人乗っていたな。


道中では「カンガルーでも見れるかな?」と思って窓の外をずっと眺めていたけど結局見れず。。ちっ


さらに言うと、かつて一世を風靡した?「エリマキトカゲ」も探してたんだけど、まぁ案の定簡単には見れなくて残念。。

エリマキトカゲって、オーストラリア北側のこのあたりでしか見れないらしいのよね。

どんなもんか見てみたかったけど、まぁどこかの動物園とかでも見られるのかな?

もしかしたら日本の動物園でも見られるのかもですね。知らんけど。




道中は基本的にずっとサバンナみたいな乾燥した地帯を入っていった。

あまり山とかもなく、変化のない道なので運転しててもあまり面白くないかも。。


ちょっとだけ、国立公園みたいなエリアを走ったけどそこはこうして山もあっていい感じの雰囲気だったかな。





で、到着したカナナラ。


まぁ思った通り、小さい町ですね。。



これが町中心の?スーパーマーケットが入る一角。

まぁそれでもこんなもんだけどね。。




まぁ町の感じは想像通りかな。。


だがこの町には遊びにきたわけでなく「仕事」を探しに来たわけだ。


で、肝心の仕事だけど、

多少はカナナラでのファームジョブに興味ある人もいるかと思うので、簡単にここの情報を。



・仕事と時期(時期は目安で。。)

シトラス 4月
バナナ 年中(時期によって仕事量は差があるけど)
サンダルウッド 4〜6月
スイカ 4月〜7月
メロン 5月〜8月
パンプキン 6月〜10月
マンゴー 9月〜10月
あとウィーディングっていう、雑草抜きの仕事とかコーンなどの野菜の仕事もあったりするそう


・仕事のもらい方

このカナナラでは「JOBSHOP」というエージェントから仕事をもらうのが基本的な形。

直接ファームに行っても、「JOBSHOPに行け」と言われて終了。。

JONSHOPで登録しておけば、なにもしなくても仕事はもらえるが、

逆にJOBSHOPから連絡が来なければずっと仕事はないという、良くも悪くもJOBSHOP頼みとなる。


たまに泊まっている宿に、ファームから直接連絡きたりもするみたいけど、それは例外って感じかな。

あとは日本人だけが働いているファームなんかもあって、そこで働いている人に紹介してもらうなんて方法もある。


が、やはり基本はJOBSHOPになるわけです。


自分が到着した5月上旬は、ちょうどスイカやメロンが始まった直後で、それらのファームの人員はもうすでに枠が埋まってしまった状態でちょっとタイミングが悪かった。

もしかしたら6月のパンキプンが始まるまで仕事はないかもって感じ。。

この時点で、なんとJOBSHOPでは150人ぐらいが待っている状態。。


毎週金曜に、出欠確認?のためJOBSHOPに集まるんだけど、人が多すぎてオフィスに入れない有様でした。。

↓ある金曜の様子。


さらに

オーストラリアのワーホリは、最初の年に88日間ファームなどで働ければ2年目、いわゆる「セカンドビザ」の申請がすることができるので、ファームジョブしに来る人はセカンドビザを取るためにって人が多い。

そして、JOBSHOPはそうしてセカンドビザを取るために来た人に優先して仕事をあげているようだ。

自分は最初の年ではあるけど、もうセカンドビザ申請の年齢制限を過ぎているので後回しにさせられた。。







まぁ結果から先に言うと、



5週間待っても1度も仕事はもらえず。。。




4週間目ぐらいからは、待っている人も減ってきて、同じように後回しにされていたすでに2年目のセカンドビザの人も仕事もらえてきてたのに結局自分には連絡がなかった。。

しかも、JOBSHOPに登録したその日に仕事もらえてる人もいたり、不公平感が半端なかった。。


まぁ自分はその事に関し、何回か「フェアじゃない」って文句言いに言ってるので、逆に嫌われて連絡来なかった可能性もあるが笑



てなわけで、人によってはすぐ決まったりもするけど、自分みたいにずっと決まらずに待ちきれなくてカナナラを去る人も多かったな。。



自分も、5週間ただ待っていたわけでなく、一応ファームを直接訪ねてみたり、

スーパーに仕事募集してますみたいな貼り紙を貼ったりしてみた。


↓こんな感じで笑



ちなみに貼り紙して、2日目には一軒のファームから連絡があったんだけど、あまり条件が良くなかったのでお断りしました。。



さらに、スーパーの前で「LOOKING FOR JOB」って書いた看板を持って立っている人もいたけど、結局自分はそれはやらなかったな。



他には朝、作業員をピックアップに来るドライバーにレジュメを渡してみたいな方法がある。




そしてついに、その方法で仕事が見つかる!



いやー、長かった。。


さっきも言ったけど、カナナラでの仕事は常に「待ち」なのでやれることがないのよね。。

ただ連絡を待つだけの日々は精神的に疲れた。。

「はー、何しにオーストラリアに来たんだろ?」

なんて毎日考えてたし。


まぁそれも終わりかな!


ゲットした仕事に関しては、また次回ので書こうかと思いますー。


--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けるとありがたいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:129.オーストラリア(ワーホリ), 22:20
comments(2), trackbacks(0), - -
ファームジョブを探しに一気に北上。
さて、シドニーで銀行口座などの手続きを済ませ、本格的に仕事探しへ。


オーストラリア最初の場所をこのシドニーにしたのは、旅仲間がグレートバリアリーフらへんのリゾートホテルで働いていて、そこの仕事を紹介してもらおうという魂胆だったわけ。

で、その面接がシドニーであるかもって感じでシドニーにやってきたわけです。




なんだけど。。






まぁ結果的に言うと、そこでは働けず。。。泣



なんか「友達の紹介」ってのが別に強くなくて、結局ネットから応募したんだけど特に連絡はなくあえなく終了笑



どーせ働くなら、綺麗な海のある環境で優雅に働きたかったが、そんな夢はあえなく散ったわけで。


まぁ自力で色んなホテルとか応募しても良いのだが、

そうなると次に手っ取り早く稼げるのはファームの仕事かなと。。



で、別の旅仲間に聞いた所、オーストラリア北部の「カナナラ」という町がけっこう稼げるとの事。


シドニー周辺はもう寒くなってきているし、常夏の北オーストラリアに行くのも良さそうなので、そのカナナラっていう、数日前まで聞いたこともなかった町に移動することに笑


カナナラは西オーストラリア州の町だけど、一番近いのはノーザンテリトリーの州都ダーウィンである。


てなわけでシドニーから国内線でダーウィンへ。



国内線と言っても、飛行機で4時間半ぐらいの距離。。

オーストラリアは大きいからね。


利用したのはオーストラリアでは定番のLCCのジェットスターだ。

これで30000円ぐらいだったかな?

まぁ安くはないが、初期投資として割り切ります。



そーいやシドニーの空港に向かう時、シャトルバスのピックアップを頼んだんだが全然来ず。。


ただ「遅れている」だけならいいが、「忘れられてる」って可能性もあるしそうだと困る。


20分待っても来ないのでレセプションに確認してもらおうにもどこか行ってていないし確認できず。。


いやいやこんなくだらない事で、自分のせいでもないのに飛行機に乗り遅れたらまじでシャレにならんし。。


レセプションのやつを探し出して(併設のパブで酒飲んでた。。)確認してもらい、結局最初のピックアップの時間から50分後にバスは来た。。

元々ピックアップの時間を、かなり余裕持ってたせいでなんとか間に合ったけど。

ほんと待っている間は気が気でなかった。


オーストラリアでも、ほんと他人には任せられないなというのを実感。

今度からは電車で移動しよう。。





さて、そんなこんなでダーウィンに到着。

思ったよりずいぶん小さい空港だな。



到着したのは夜だったので、空港泊してから町へ。

↓この日の寝床。


翌日、町中に出るが、町へのバスは空港の到着に合わせて動いているらしく、結局昼まで空港にいたけど。。






さて、そんなダーウィンだがせっかくだし2日ほど町をふらふら。


州都って事で、それなりに大きい町なのかと思いきやえらい小さい町だった。。

メインストリートにスーパーや旅行会社、宿なんかがちょっとあるぐらいで後はほんと田舎の町ってぐらい。



一応、「もしこの町で仕事するなら」って目線で散歩はするんだけど、レストランとか店も少ないし、そもそも人も全然歩いていなかったりと、ここで仕事するイメージが全くつかない。。。




ちょっと漁港の方にも行ってみる。


たまに漁師の仕事みたいのがあって、そうしたちょっと変わった仕事もいいかな?と思ったわけです。



ふむ、確かに漁船らしきのがちらほら見られるが、実際にこうして漁船を見てみると、これに乗って数週間海上で暮らすって考えるのがちと現実的ではないな。。

少なくとも自分向きではない。

↓これはまだ大きい船だけど、ほとんどがこれの半分くらいの大きさの、5人くらい乗り込んで、みたいな船だったし。


って事で、漁師の仕事は却下ですかな。。 なんか危なさそうだし。





まぁそんなダーウィンだが、海があるってのはいいね。


綺麗な海と青い空があるだけで心地よい。

海がある町で働けたらいいよね。






結局ダーウィンではこうした海辺をずっと散歩してたかな。




そーいやパブにえらい人が集まっているのを見かけた。

なんだろう?と思ったら、どうやらパッキャオとメイフェザーの試合がやってたみたいだね。


オーストラリアでボクシングの人気があったのかわからんかったけど、さすがに世紀の対決って事でこれだけの人が集まっていたのかな。




自分もちょっと見てみたが、結果はメイフェザーの勝利。。

パッキャオに勝ってほしかったが仕方ないですね。




まぁこんな感じのダーウィンですかな。


てなわけで、カナナラへファームの仕事を求めて向かう事にします。



--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けるとありがたいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:129.オーストラリア(ワーホリ), 08:15
comments(2), trackbacks(0), - -
シドニーで見かけたあれこれ。
さて、10日ほど滞在したシドニー。

でも物価が高いオーストラリアなので気軽に出かけられないってのと、なんか天気悪い日が続いていたので結局そこまで出歩いてないかも。。


シドニーで何回も訪れたのは、やはりオペラハウス。

前にも言ったけどこれが世界遺産だというのには多少納得はいかないけど、とりあえずシドニーのシンボルなのは間違いないね。



実際のこの時は5月頭なんだけど、リアルタイムの6月頭だと「Vivid Sydney」という、町中がレーザー光線とか映写機?で派手にライトアップされるイベントをやっているみたいだね。

ちょうどシドニーにいる友達がFacebookに写真あげていたけど、緑とか赤に照らされたオペラハウスも違って雰囲気でかっこ良かった。

↓こんな感じになるみたい。


これはけっこう見てみたかったかも。

毎年5月下旬から始まるのかな?気になった人はゼヒー。


そんなオペラハウスは、大小いくつものステージがあるみたいで、近づいてみるとこんな形してたりもする。


あとは適当に町中の写真でも。

オーストラリアはイギリスからの移民でできた国って事もあり、街中の雰囲気がなんとなくイギリスに似ている気がする。

シドニーはオーストラリアで最大の都市ではあるが、まぁ正直思ったほど大都会って感じではなかったかな。。

シドニーの経済規模ってよくわからないけど、シンガポールの方がよっぽど都会だと思われる。


↓海(ってか運河?)がある雰囲気はけっこう好きだけどね。



こんな立派な教会もあった。

様式は古そうだが、実際に作られたのはそこまで古くはなさそう。

St.Maryとかいう教会だったかな?



全然関係ないけど、

立ち寄った本屋でオーストラリアのガイドブックでも見ようとしたら目に入ったのがこちら。



欧米の旅行者のバイブル、ロンリープラネットの「The World」ってのがあったのね。

中を見てみると世界全ヶ国を紹介している本だった。

一応ユーラシア大陸横断のモデルルートとか書いてあったり、世界を旅行する人にはたまらない本だろう。

自分も旅中じゃなかったら是非とも欲しい一冊。

多分日本でも売っているので興味ある方はどうぞ。

ちゃんと「イギリス領○○」みたいな小さい国も書いてたし。

ちなみに、国の紹介はアルファベット順なので、一番最初はアフガニスタンになってた笑

いきなり厳しい国ですね。。まぁいずれ平和になったらもちろん行きたいけどね。






さて、町中歩いていると、中国人とか韓国人とかアジア系の人をかなり見かける。

みんな観光客ってよりも、こっちに住んでるって感じの雰囲気だったかな。

アジア人が多いとは聞いていたけど、ここまで多いとは思わなかったな。

一応シドニーにも中華街があった。

でもロンドンや横浜の中華街などと違って、中華料理屋とか土産物屋がちょっとあるぐらいだったかな。

でも中国語の看板が書かれた旅行会社や○○貿易みたいな会社はあちこちで見るので、在住者はやはり多いのだろう。

↓中華街の入り口にあった門。



滞在中、「ANZAC DAY」という祝日があった。

どうやら戦争関連の祝日らしいって事で、第二次大戦で日本軍との戦争に関する祝日なのかと思ったら、どうやらその前の第一次世界大戦の時に関する祝日らしい。

一応調べてみたらANZAC ってのは「Australia and New Zealand Army Corporation」って事で、オーストラリアとニュージーランドの軍がトルコに上陸した日を記念したものらしい。

シドニー市内にあった、ANZACに関する記念碑ではなにやら式典が行われていた。


まぁこの時は、ほんと日本との戦争に対する記念日だと思ってたので、ちょっと気まずいかな?と思ってそそくさと退散したんだけどね。


にしても、もう100年も前の話で、当時の生存者もほぼいないだろうけどこうして大がかりにイベントやったりしてすごいですね。

自分は行ってないけどパレードとかもやってたらしいし。

時間は経っても、歴史やその認識を再確認するには良い日なのかもね。








ANZACから話は変わるけど、上の像の近い所ではなにやら人が集まってロウソクを立てていたりした。

これは見てすぐわかったけど、ネパールの地震に対する追悼のイベントですね。

何人かが募金を呼びかけていて、話しかけてみたらやはりネパールの方々でした。



6か月ほど前にいたネパール、とくにトレッキングしたエベレスト街道の村々が地震で崩壊してしまったというニュースも見たし、本当に心苦しいね。

カトマンズのダルバール広場やバクタプルなどの世界遺産なども崩れてしまったし、それ以上に多くの方も亡くなってしまった損失はお金では補えないものだ。

それでも、微力ながらも募金をさせてもらう。


旅中多くの方にお世話になった恩を、こうして他に還元していかないとですね。


そうした気持ちを忘れずに、今後も行動していきたいですね。


--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けるとありがたいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:129.オーストラリア(ワーホリ), 15:54
comments(0), trackbacks(0), - -
オーストラリア的なシドニーの週末。
はい、今回もシドニー滞在中のお話。


再会した世界ウォーカーのカズさんは、旅中に知り合ったオーストラリア人の家に泊めさせてもらっていて、週末は自分も一緒に車で連れて行ったもらった。


それがこちらのボンダイビーチ

シドニー中心から気軽に来れるビーチとして定番の場所なのかな。



シドニーの中心地はただの町だけど、ちょっと車で来ただけでこうしたビーチがあるってのはいいよね。

オーストラリアはもう秋になってきているが、まだまだ海水浴客や、サーフィンをしている人で混んでいた。

でもその友達のオーストラリア人によると、真夏は人だらけになるらしいけど。



芝生のスペースもあったりして、そこでのんびりもできるしなかなかいい所ね。



ここからずっと海沿いを散歩。

オーストラリアの話や、日本の話をしながら歩く。

とりあえずスポーツの話になって、オーストラリアで人気なのはやはりラグビーと、あとオーストラリアンフットボールって言うのかな? アメフトのちょっと変わったやつなんかが人気なようだ。

あとはテニスかな。

そしてサッカーも徐々に人気は出ているみたいだね。

先日あったアジアカップでオーストラリア優勝してるしね。

でもサッカーが人気なのはシドニーとか都市圏だけで、西オーストラリアや田舎だとそもそもチームもないし全然人気ないとの事。。なるほど。



そんな中、歩いていたらこんなスポーツをやってるのを見かけた。



これ、イギリスにいる時テレビで見たことがあったけど名前が思い出せん。。

で、聞いてみたら「ローンボールだよ」との事。確かにそんな名前だったな。


これはボーリングとカーリングが合わさったような競技。

要はボールを転がして、目標に近づければよいみたい。

転がすボールは重心がずれているようで、うまくカーブするように転がして中心に近づけるみたいだね。


まぁどうやら年配の人にしか人気はないようだけど、、確かに地味なスポーツかもね笑



このまま夕方近くまで海でのんびりして、帰りにはオペラハウスが見えるスポットに。

なんとも雲行きが怪しいけど。。




その後はそのままお宅へお邪魔して夕食を頂くことに。

「オーストラリアらしいものを」

って事で出してくれたのが、なんとカンガルーの肉!

まだオーストラリアにきてカンガルー見てないのに、まさか先に食べることになるとは笑

↓外見は牛肉とかと変わらずただの肉ですね。。




肝心の肉は「んーうまい!」ってほどではなく「おー、、、なるほど。。」って感じ。

ちょっと臭みと歯ごたえがある感じの肉かな。。

正直、牛肉の方が普通に美味しいです。。笑


でもこうしたカンガルーの肉はスーパーには必ず売っているぐらい定番の肉。

まぁオーストラリア人がどれだけ好んで食べているのかわからないけどね。


ともあれ、いきなりこんな体験ができるなんてありがたいですね。






ちなみに、お世話になるばかりではと、一応ビールを購入。

ラベルには、なんかオーストラリアの離島、タスマニアにいたけど絶滅した、タスマニアンタイガーって言うのかな?日本語だとフクロオオカミってやつがプリントされていた。


このフクロオオカミは、家畜を襲ってたりするからって「駆除」されて、最終的に絶滅してしまったそうだ。。

害になる動物はある程度の駆除は仕方ないかなとは思うが、絶滅、完全に根絶やしにするなんてひどい事だよね。。

人間にはそうして動物を絶滅させる力はあるけど、そんな権限はないだろと。。

完全に、神に背く行為ですね。 まぁ別に神様なんているとは思ってないけどさ。。ひどい話です。



さらにひどい事に、オーストラリアの原住民アボリジニも、元々タスマニアにいたようだけど、そのタスマニアのアボリジニももう絶滅してしまったようだ。。

これもイギリスなど、移民者のせいですね。

今度は動物ではなく、人間の話なのよね。。

当時の侵略者(白人)にとって、アボリジニは人ではなく動物だったのかもしれないが、それでもひどすぎる。。


現在のオーストラリア政府は、アボリジニを保護しまくって社会問題にもなっているようだが、でも元々ここは彼らの土地だしね。。

難しい話だけど、まだシドニーではアボリジニの姿は見てないし、アボリジニの話はいずれまたしたいと思います。




さてさて、夕食のあとはみんなでカジノに行ってみたり。


まぁ自分は「勝った時」の事より「負けてお金がなくなった時」の事ばかり考える小心者なので基本的にギャンブルはしないんだけどね。

なので自分はただの見学。


でも今回は「ワーホリ」という立場で来ているので、

「あ、このルーレットのディーラーなら自分にもできそうだな。。雇ってくれないかな?」

なんて考えながらカジノ内をふらふらしてた。


今回行ったSTARってカジノは、カジノだけでなくバーとかライブハウスとかも併設してて、シドニーの若者のたまり場、みたいな感じにもなっていたね。

まぁ一人ではまず来なかったし、良い1日になりました。






で、翌日もカズさんの別の友達と遊びに行く。カズさん顔が広い。。

この日はビリヤードしたり、



こんなバーガーを食べたりして、これまたオーストラリア的な過ごし方をするのでした。




てな感じでなかなか楽しく過ごさせてもらいました。


さて、肝心の?「ワーキングホリデー」「ワーク」の部分も充実させていきたいですな。


仕事に関してもぼちぼち下調べしてます。


--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けるとありがたいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:129.オーストラリア(ワーホリ), 16:28
comments(0), trackbacks(0), - -
懐かしの旅人と再会、あと誕生日。
オーストラリアへのワーホリで最初に入ったシドニー。

まぁここで仕事をするつもりはないんだけど、オーストラリアに来るのも初めてだしとりあえずシドニーに来てみたかったわけです。


働くのに必要な銀行口座の開設などの処理は終わらせたが、全て完了するのに1週間ぐらいかかるので、それまではとりあえずシドニー観光だな。


そしてそんな中、2年ぶりの懐かしの旅人との再会を果たす。

その人は世界ウォーカーのカズさん

アフリカで何度も何度も一緒に旅した、もう腐れ縁の旅仲間だ。

自分がだらだら旅している間にも、カズさんは順調に北中南米を周り、旅の最後にこのオーストラリアに来たわけだ。

カズさんはこれで「七大陸制覇」になるみたい。

ちなみに七大陸ってのは

アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、南極、そしてこのオーストラリアの事みたいね。

訪れた国も140カ国以上。世界一周ももう6年ぐらいになる大ベテランですね。


自分が旅中に会った多くの友達はすでに帰国して再就職もしてて、なんか自分だけが取り残された感じがたまにするけど、

「でもカズさんもまだ旅してるしな。。」っていつも気を紛らわせてました笑



そんなカズさんと再会し、ちょうど自分が誕生日だったって事もありこんなステーキハウスに連れて行ってもらっちゃいました。

「PHILLIPS FOOTE」とか言う、老舗のステーキハウス。

ガイドブックに載っているのか、日本人のお客さんが多かったな。



このステーキハウスでは、サーロインとかTボーンとかいろんな種類があって、それを選んで自分でグリルできるスタイル。

なんかオーストラリアっぽくていいね。

自分たちが選んだ肉はこちら。なかなかのボリューム。



こんな感じで焼いております。

約時間の目安なんかも一応書いてあったりする。



で、出来上がりで記念撮影笑



肉以外の、サラダとかトッピングみたいのはブッフェ形式になってて取り放題。

ここぞのばかりに食べまくりました。


肝心の肉もけっこう美味しかったしね。


カズさんも自分同様、かなり節約している旅人のハズなのに、こんなにご馳走になってしまって本当にありがとうございます。

そーいや、3年前(!)にもケニアで誕生日迎えた時にカズさんのお祝いしてもらったんだった。。いやー懐かしい。


この恩はいずれ倍返しさせてもらいます。
(最近半沢直樹を再び見て影響されてる笑)




さて、翌日からもカズさんとシドニーをしたのでその写真でも。


まずはまぁ定番のオペラハウスですね。



このオペラハウスって、知らなかったけど世界遺産なんだね。

世界遺産になるのって色々基準があるんだけど、そんなに古くもないこのオペラハウスが世界遺産ってのはちょっと違和感がある。。



こちらその向かいにあるハーバーブリッジ。



ここから船で「Watsons Bay」ってとこに行ってみる。

船はオペラハウスの目の前を通っていくので、写真撮るのにもってこいだね。



船で30分ほどで到着したワトソンズベイには、こうしたビーチや太平洋側の海が見える展望台なんかがあったり、ちょっと散歩するのに気持ち良い感じだ。



展望台に向かう途中、ヌーディストビーチがあった。

こういうのがあるのもオーストラリアらしいかな。

ちょっと見てみると、数人のおっさんが全裸で寝転がっていた。。

自分は別に誰に見られなくても、なにも着ていないってのは落ち着かないけどな。。

まぁ解放感がいいのかな?



こちら太平洋側。

町が近いせいか、それほど綺麗な海には見えないが波が打ちつけて迫力はあるね。

やはり海はいいね。山もいいけど海が好きです。





町中に戻ってふらふらする。

オーストラリアはイギリス連邦の国って事で、こうしてエリザベス女王の像もあってり「ハイドパーク」みたいにイギリスでよく聞いていた名前の公園とか通りがあったり、街並みもなんだかイギリスっぽい感じがするね。



時間はまだあるのでシドニーはもう少し散策します。

その様子はまた次回にー。


--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けるとありがたいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:129.オーストラリア(ワーホリ), 16:44
comments(2), trackbacks(0), - -
オーストラリアワーホリ開始!
タイを後にして、次に向かうのは新大陸のオーストラリア!

パキスタン以来、半年ぶりの新しい国です。


だがこのオーストラリアに来る目的は、観光ではなくワーキングホリデー


世界一周に出たのがもう4年半ほど前。。

元々は3年で一周しようと思っていたのだけど、気づけばこれだけの時間が経って、さらに中南米にもまだ行っていないという。。

旅資金も減ってきたし、一応まだワーホリで来れる歳だったので、いっちょここらで旅の資金を回復させようという魂胆です。

1年、ひたすらアリのように働くつもりです。


ワーホリは国によって年齢制限なんかが違うんだろうけど、オーストラリアの場合はビザの申請の期限が「31歳未満」

自分は、31歳になる前日(30歳と364日)に申請。

で、ビザはここから1年以内に入国し、さらに入国から1年有効なのである。

実際に入国したのがビザ取得からほぼ1年後でこの時すでに31歳。

さらに数日後には32歳になるという、まさにギリギリなタイミングでやってきたわけです。
(なのでいわゆるセカンド、2年前のワーホリは不可能。。)




さて、オーストラリアに行く前に実は日本へ一時帰国していた。

ずっと歯医者に行っていなかったので、オーストラリアに1年行く前に虫歯の治療を済ませたかったのよね。

本当はバンコクの歯医者で治すつもりだったんだけど、虫歯が思いのほか重症で、えらいお金がかかるらしく、交通費払ってでも日本で治した方が安かったので帰国したわけです。

まぁたまには家族にも顔見せておかないとね笑

歯医者のために一時帰国っていう、あまりぱっとしない理由なので?ほとんどの友達には知らせず、ひたすら札幌の実家で歯医者通いしてました。





で、オーストラリアはまずはシドニーへと向かいます。


使った航空会社はスクートとかいうLCC、こんな会社もあったんだね。


日本からは

成田→台北→シンガポール→シドニー

とかなり長い工程となった。

しかも、LCCなので機内で映画が見れる事もなく、ただひたすら寝るしかないって状況。。

さらにこれで5万円ほどと安くはなかったが、それでも調べた中では一番安かったので仕方ない。

まぁこれからオーストラリアでがっつり稼ぐと考えてそのための投資と割り切ろう。




で、シドニーの空港に到着。

入国審査では、事前に印刷してたワーホリビザの確認の紙を持っていたがドキドキ。

実はオーストラリアのワーホリビザは以前取得した事があって、それは結局使わないまま期限が過ぎ、再度申請したんだよね。

大使館に確認したら、その場合は再申請も可能って事だったけど、なんか不具合があるかも??

ってちょっと不安だったのよね。



でも、結果的には一切質問されることなくあっさり入国できた笑


って、特にパスポートにビザのシールを貼られるわけでもなく、ただ入国印だけ押されているだけで、いつまで滞在できるなどの記述も一切なし。

これだと観光で入っているのか、ワーホリなのかの違いがようわからん??

一応聞いてみたら「問題ない」との事だけどみんなこうなのか?






さて、到着したシドニーの空港は小さい感じだな。

そして着いて早々ワーホリ気分の自分は、そのまま空港で 峽搬喩峭罅を取得することに。


オーストラリアの携帯の会社は

Vodafone , Telstra , Oputas

なんてのがあるが、自分は友達も使っているOputsって会社にしてみた。

料金は一か月で30ドル。

これでネット通信が1.5GB使えるらしいが、この1.5GBってのが多いのか少ないのかようわからん。。
※ちなみに田舎だとOputas使えなかったりするらしい。ファームで考えている人は注意。




その後、事前に予約しておいた宿に移動して次は

◆TFN(タックスファイルナンバー)の申請」

これは納税者番号みたいなもので、これがないと働けない。

申請してから到着まで1週間以上かかるって事なのでさっさとやってしまいましょう。

ちなみに、オーストラリア入国前から申請しておけば到着してすぐ受けとれる、って思ったけど、オーストラリア入国してからじゃないと申請できなかった。。




そして

「銀行口座の開設」

これも働くには必須ですね。

銀行も色々あるが、自分はこれまた大手のANZって会社で口座を作る。

パスポートだけ持っていけば口座が作れてしまうのですごいね。日本の銀行も口座作るの簡単そうだけど。


色々説明を受けて、

・Access Cheque Account(普通口座)
・Online Saver(ネット口座)
・Progress Saver(貯蓄口座?)
・Smart Choice Super(年金用口座、働くのに必要)

って4つを作ることになった。


銀行の窓口で処理を済ませたあと、ネットで自分でさらに細かい情報を記入していく。

パスワードを設定する画面で、よくパスワードを忘れた時に予備の質問ってあるじゃない?

例えば「母親の旧姓は?」「父親の出身地は?」みたいな。

その中で

「初めての高校のダンスパーティーに連れていったのは誰?」

なんて質問があった笑 欧米かよ笑




という事で、必要な処理を到着して早々終わらせた。


が、さっきも書いたけどTFNが届くのに1週間ぐらいかかるので、それまではシドニーで待機。
(後日電話で番号を聞き出す事も可能)

で、実際1週間後くらいに無事に受け取る事ができた。


さらに、銀行のカードも5日後に出来上がるようだ。

これは郵送じゃなくて、自分で銀行に取りに行くってのもできた。

こちらが確実なので銀行まで直接受け取りに行くことに。

その前に、「カードの準備ができたら連絡する」とか言ってたのに、1週間経っても連絡ないから銀行行ったらしっかりあったし。。連絡しろよ。


この辺の適当さはオーストラリアって感じかな。



こんなオーストラリア、好きになれるかな?





ともあれ1年のワーホリ生活がスタートします。

しばらくは旅っぽさはなくなりそうですが、まぁぼちぼち更新していきます。


--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けるとありがたいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:129.オーストラリア(ワーホリ), 15:52
comments(2), trackbacks(0), - -